HOME 
 
 
自然の摂理から生まれた学問である日本古学を「清風道人(せいふうどうじん)」が現代と未来に伝えていきます。
日本古学から学ぶ「自然の摂理」と「日本古来の精神」が次の豊かで健やかな世界を創るヒントとなることを願って。

会員登録をいただくと、タイトルにの付いている会員様専用の記事閲覧と、
「清風道人(せいふうどうじん)」への質問欄『Q&A(会員様のみ)』のご利用と過去の質問および回答を閲覧いただけます。
更新情報メールの配信をご利用頂けます。
会員登録はこちらから>> カードでのお申し込み 銀行振込でのお申し込み
#00446 2016.11.22
『本朝神仙記伝』の研究(64) -京都仙翁-
 京都の仙翁はこれまた何人(なんびと)たるを知らず、同地大仏の辺(ほとり)に住める老人にてありきと云ふ。

 始め柳川三省(やながわさんせい)、この老人と折々往来して心安く交はりしかど、異なる人とも思はざりしに、ある時老人、三省に向ひて、「某(それがし)も殊の外(ほか)老年に及びたれば、この世に久しく存在(ながらう)べしとも覚えず、然(しか)
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00445 2016.11.16
『本朝神仙記伝』の研究(63) -山中山三郎-
 山中山三郎は字(あざな)を丑之助、土佐国土佐郡高知城下の東北に住まひせし人なりと云ふ。寛文、延宝の頃のことゝか、山三郎、常に静閑を好みて紛擾(ふんじょう)を喜ばず、暇ある時は昼夜の分かち無く一室の内に閉じ籠りて、ある時は静座を為し、ある時は安臥(あんが)を為し、何か修行を怠らざる者の如くなれども、敢てその由(よし)を語らざれば、その所為の何た
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00444 2016.11.10
『本朝神仙記伝』の研究(62) -信濃女仙-
 信濃の女仙は、その姓名を詳らかにせず、同国飯田領の人なり。この女仙の仙境に入りたることは、江戸市ヶ谷・自證院に住める西応房(さいおうぼう)と云へる道心坊に依りて世に知られたり。

 然(しか)るは、この道心坊は尾張国中島郡一宮の生まれにて、少年の頃より狩りを好み、飛騨国に行きて狩人と成り、信州は勿論、美濃、加賀、越前、越中等までも、山続きに
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00443 2016.11.4
『本朝神仙記伝』の研究(61) -義斎-
 義斎(ぎさい)はその姓氏を知らず。医を生業(なりわい)とする老翁なり。後桜町(ごさくらまち)天皇の明和・安永の頃、摂津国豊島郡麻田(てしまごおりあさだ)と云へる所に住みたり。
 元加賀国の産まれにして、久しく京都に在りて医術を学び、一所不住にして只管(ひたすら)遍歴したりしが、終に老年に及びて何某侯より棒禄を賜り、麻田に移りて住みけるとぞ。
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00442 2016.10.29
『本朝神仙記伝』の研究(60) -白鳥永徳-
 白鳥永徳(しらとりえいとく)は、讃岐国白鳥の一向宗なる某寺の住職なり。永徳その宗旨に拘はらず、寺を出て四国霊場を巡拝し、終に我が寺に帰らず、安宅(あたか)の海岸に巌窟(いわや)あり、これに入りて住み、日に一度食を乞ひ、巌上に伏して一重(え)の衣の外(ほか)身にまとはず、妻子訪ね来(きた)れども逢はず。

 この所は、北は大海・播磨灘に対し、
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00441 2016.10.23
『本朝神仙記伝』の研究(59) -雲居官蔵-
 雲居(うんこ)官蔵は、また雲虚観蔵とも書く。日向国霧島山に住む仙人なり。元は鹿児島藩侯に仕へし武士・平瀬新右衛門(しんうえもん)の第三子にして、その名を平瀬勘兵衛紀武乗(きのたけのり)と呼ばれし人なり。
 聊(いささ)か不平のことありて、官禄を捨て世を遁れ、この山に隠れて人に見(まみ)えず、仙道を求めて修練すること数十年を経過し、大いに得る所
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00440 2016.10.17
『本朝神仙記伝』の研究(58) -三石山仙翁-
 三石山(みついしやま)の仙翁は、その元、何人(なんびと)たりしを知らず。僧・覚林なる者、この山に入り、その仙翁に遇ひしことありしを以て、初めて世に知らる。

 抑々(そもそも)この三石山は、大隅国肝属郡(きもつきごおり)後田村に在る高山にて、この山西は恰良郷(あひらごう)に続ける頗(すこぶ)る大なる山なり。恰良は『国史』には吾平山(あひらや
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00439 2016.10.11
『本朝神仙記伝』の研究(57) -長谷川角行-
 長谷川角行(かくぎょう)は肥前国長崎の人なり。父は長谷川左近太夫(さこんだゆう)久光と云ふ。母は二条清安の女(むすめ)なりと云ふと雖(いえど)も、その実、詳らかならず。天文十年正月辰の刻に生まる。
 始めその父母、応仁以来、天下大乱打ち続きて、万民塗炭に苦しむを歎き、「如何にもしてこの兵乱を鎮むべき程の一子を授け給へ」と天地神明に祈請し、丹誠
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00438 2016.10.5
『本朝神仙記伝』の研究(56) -栗山何某-
 栗山何某(なにがし)は相模国田村の人なり。その父母を詳らかにせず。
 慶長年間のことゝか、栗山嘗(かつ)て天満大自在天神宮を信じ、手跡(しゅせき)をよくせむことを祈る。ある人、栗山に問ひけらく、「汝、日夜至誠を凝らして菅公の神霊を仰ぐ、その験(しるし)如何に」と。栗山即ち筆を執りて、都府楼(とふろう、大宰府政庁)の詩を書す。手跡の美妙、云ふべ
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00437 2016.9.29
『本朝神仙記伝』の研究(55) -山門玄常-
 山門玄常(やまかどげんじょう)は、その父母及び何処(いずこ)の人と云ふことを知らず。播磨国播磨郡雪彦山(せっぴこさん)に移り住む。雪彦山は姫路の西南三里ばかりにあり。

 玄常は紙楮木(かみおぎ)の皮を以て衣に充(あ)つ。雨降り日照れども笠を著(き)ず。遠く遊ぶと雖(いえど)も草鞋(わらじ)を著(つ)けず。斎(ものいみ)を保ちて欠かさず、或
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65  最初の記事    最初の記事からのリスト

 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
霊魂の研究(1) -四魂の説-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
 
 以前の記事
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY