HOME > カテゴリ
 
 

#00515 2018.1.20
扶桑皇典(45) -国民の要務-
 国民は神の氏子なれば、神は親として仕へざる可らず。然れども、今の国民の日常の言行は、果たしてよく神の御心に協(かな)へりや、否や。世は「文明」と称すと雖(いえど)も、敬神の観念は、祖先の観念に比ぶれば、漸々(ぜんぜん)希薄に向へるにはあらぬか。 #0163【神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-】>>

 昔時は、
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00514 2018.1.14
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
 また、神たちは孝心深くおはしまして、よく御祖(みおや)の神を斎(いわ)ひ給へり。天照大神は、御父神・伊邪那岐命の賜ひし八尺(やさか)の勾玉を御棚上に居(す)ゑさせ給ひて、御倉棚神(みくらたなのかみ)として祀らせ給ひしは、御孝心の程さへ見えて、畏(かしこ)しとも畏し。然れば、先輩の説に、今、人家に神棚といふがあるも、この御倉棚に倣ひ奉りたるには
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00513 2018.1.8
扶桑皇典(43) -神に習ふべし・上-
 神代の時、春山之霞壮士(はるやまのかすみおとこ)は、秋山之下氷壮士(あきやまのしたひおとこ)の、約束の物を与へざりしを恨みて、御母の神に訴へしに、母神は「我が御世の事、よくこそ神習はめ、顕(うつ)しき青人草、習へや、その物償はぬ」と咎め給ひし事あり。
 この御母の神の御言は、「神習の教」とて、今も常に言ふ事にて、上代は特に詔勅(しょうちょく)
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00512 2018.1.2
扶桑皇典(42) -神には親しむべし-
 神たちは、氏神は申すも更なり、他の神たちにも、常によく親しみ奉るべし。上にもいへる、藤原重澄は稲荷明神の氏子にて在りながら、氏神を措きて他の社に祈願せしかば、稲荷明神は「我を忘れたる者なり」とて、御心を損なひし事あり。 #0486【扶桑皇典(16) -産土神及び氏神・上-】>>
 また、氷川明神は、氏子を金毘羅宮の罰し給ひしを、不快に
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00511 2017.12.27
扶桑皇典(41) -鎮魂-
 鎮魂も、また禁厭なり。この法は、離遊の運魂を招きて身体の中府に鎮むる法にて、神魂(たましい)を、その離遊するに委(い)する時は、疾病を生じ、或は尫弱(おうじゃく)の身と為るを以てなり。 #0510【扶桑皇典(40) -禁厭-】>>
 然れば、神武天皇の御時、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)は、天皇の御為にとて鎮魂の御祭を行ひたり(『
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00510 2017.12.21
扶桑皇典(40) -禁厭-
 禁厭(まじない)は一種の神法にして、人その法を行へば、法の上に神霊降下して効験を現すなり。然れば、その範囲も広大にして、こゝに一言にて尽くし難しと雖(いえど)も、その一班を約言すれば、神代に天神の、天上の水を濯(そそ)ぎて大八洲国の水を真清水に為し給ひしも禁厭なり。天孫の降臨に際し、稲穂を以て霧を拂はせ給ひしも禁厭なり。 #
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00509 2017.12.15
扶桑皇典(39) -人は神に似たり-
 顕幽分界の後は、神も人も相接近する事を得ずと雖(いえど)も、神は時としては化現(けげん)もし給ひ、神憑かりもし給ひ、また夢想をも用ひ給ひ、神使をも命じ給ひ、物の兆しを以て示し給ふ事あれども、人は神に請ふ事ありても、祈願と卜筮(ぼくぜい)との外(ほか)には得せず。 #0480【扶桑皇典(10) -幽顕分界-】>> #048
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00508 2017.12.8
扶桑皇典(38) -仙術-
 天狗の空中を飛行し、人を掴みて樹上に置くなどは神力にて、仙術にはあらず。狐狸の人に憑き、物を咒(まじな)ふなども神力にて、仙術にあらず。 #0152【『仙境異聞』の研究(17) -山人の飛行法-】>> #0335【『異境備忘録』の研究(20) -天狗界の飛行法-】>>
 仙術とは、狐狸の類の、形を隠し、人物に変じ、或は物無きに
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00507 2017.12.2
扶桑皇典(37) -妖獣-
 猫もまた妖を為す物にて、その人語を為し、踊りを躍るなどいふ事は、普く人の知れる事なれど、死人を動かすは珍しければ、こゝにその一話をいふべし。

 下総(しもうさ)国小金といふ地の辺りに栗澤村といふありて、その村に、独り者の老婆の亡(う)せしかば、近隣の人集まりて、野辺送りの事など語り合ひて在りしに、夏の暑中の事なれば、諸人、戸外に出でゝ涼み
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00506 2017.11.26
扶桑皇典(36) -狐狸-
 狐狸(こり)は、よく幽界に出入りするを以て、人の及ばぬ術をも行ふ事あり。例へば、己が霊を肉体より脱して人に憑り、或は形を変へて人の姿に現れ、また人物・鳥獣を咒(まじな)ひて、我の意の如くする類の如し。 #0146【『仙境異聞』の研究(11) -狐が人に憑く?-】>> #0309【怪異実話(25) -狐に化かされた人のこと-】>>
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00505 2017.11.20
扶桑皇典(35) -妖物-
 幽界には、また魔といふ物あり。魔は鬼物にて、人を恐怖せしめ、或はその業を妨ぐるなどの事をする物なり。この物は皆外国より来る物か、かの稲生平太郎を三十日間も悩ましたる山本(さんもと)五郎左衛門といふ魔王は、その詞(ことば)に、「我が日本に来りしは源平合戦の頃なり。我が類の魔王にては、日本にては今一人、神野(じんの)悪五郎といふ者あり」といへり。
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00504 2017.11.13
扶桑皇典(34) -霊人-
 幽界には高貴なる神も坐せど、また卑賤なる神もあり。正神・善神も坐せど、また邪神・悪神も居(お)れば、正神・善神の正事・善事に幸(さきは)ひ給ふ傍らには、邪神・悪神は邪事・悪事を勧めて、邪道に誘(いざな)ふ事もあるべし。
 然れど、正神・善神は申すも更なり、邪神・悪神も、その心の和める時には、然る事も無くてあるべし。然れば、神には禍津日神(まが
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00503 2017.11.7
扶桑皇典(33) -亡霊・下-
 亡霊は神の如くにて、顕界の人と異なれば、亡霊に追はるゝ時は、隠るゝ事を得ず。
 慶長年中、京に成田治左衛門といふ人ありて、夫婦の間も睦じかりしを、妻病みて死なんとする程に、夫の手を取りて、涙ながらに言ふやう、「形は煙と為らばなれ、魂魄(たましい)は永く御身の傍を離れん」といひて、終に空しく為りしに、死後、数日を経てより毎夜、治左衛門の枕頭に来
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00502 2017.11.1
扶桑皇典(32) -亡霊・上-
 死後の神魂(たましい)は全く神の如くなれば、人智を以ては知られざる奇異なる動作もありて、一例をいへば、他の体を借りて自己の物とし、或は生ける人を数百里外に誘(いざな)ひ、或は瞬間に水陸を隔てたる夫の許に赴き、或は人にも祟り、人をも殺す事あり。

 その、他の体を借りしは、越後の新潟に長尾何某(なにがし)といふ医者ありしが、この人、若年の頃、
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00501 2017.10.26
扶桑皇典(31) -再生-
 死後の神魂(たましい)は、幽界に還りては幽府に留まりて、神の命を待ちて、或は幽府の神事に使はるゝもあるべく、或は更に人界に生まれしむるなどもあるべし。 #0275【『異境備忘録』の研究(45) -人霊の行方-】>> #0304【怪異実話(20) -再生した人のこと-】>>
 然るは、小野道風の霊の、菅原大神に仕へられ、紫式部の
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00500 2017.10.20
扶桑皇典(30) -墳墓-
 世に死後の神魂(たましい)の帰所は墳墓なりと雖(いえど)も、墳墓は人の作れる物にて、それは唯、位置を定めたるまでにて、死後の神魂は別に、その地域の辺(ほとり)に住居すべき所出来て住居するなり。これは神社なども、人の建てたる外に、神は別に幽宮を設けて坐すと同じ事なり。 #0484【扶桑皇典(14) -幽宮-】>>

 さて、神魂の墳墓
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00499 2017.10.14
扶桑皇典(29) -死-
 死とは、人身に舍(やど)れる神魂(たましい)の離れ去るをいふ。更にいへば、人身の、神魂を失ふをいふ。この死は、識者にも惑へるがあれば、凡俗は何の知る所も無くてあれど、何人(なんびと)も逃るゝ事を得ねば、その消息は極めたる大事にして、予(かね)て心得おくべき第一の要事なり。

 越後国魚路(うおじ)の南方に猿峠といふ地ありて、そこに才三郎とい
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00498 2017.10.7
扶桑皇典(28) -夢及び幻影-
 夢は睡眠中に見る幻影幻響なれど、その事物は神魂(たましい)の視聴する所なれば、事物なるもあり、或は夢中に見る苦楽を覚めて後に感ずるもあるなり。総て夢は思想の描くに従ひてその象を示し、思想移転すればまたその象を現すと雖(いえど)も、その象に伴ふべき時と所とは区別せざるなり。 #0258【『幽界物語』の研究(28) -参澤先生の霊的体験-
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00497 2017.10.1
扶桑皇典(27) -神魂・下-
 神魂(たましい)の一部は、人玉と為りて出ずる事もあり。人玉は『万葉集』の歌にも見えて、古くより聞こえたるが、多くは、その色は青く白ばみたれど、また少し黄ばみたるもありて、夏の夜には人家の屋上などによく見る物なり。世には、人玉の出ずる時はその家に死人ありなどもいへれど、然(さ)のみにもあらず。 #0274【『幽界物語』の研究(44) -
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00496 2017.9.25
扶桑皇典(26) -神魂・上-
 人身に舍れる神魂(たましい)は、皇産霊神の賦与せさせ給へる物なれば、人身に舍りては人の精神と為り、人身を離れては、またもとの神物に還るを以て、神物に還りての後は、幽廷に奉仕するもあるべく、再び人と生まれ、或は他の物と為るなども有るべし。 #0144【『仙境異聞』の研究(9) -人や鳥獣の魂の行方-】>> #0275【『幽
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00495 2017.9.19
扶桑皇典(25) -人身・下-
 動物の、他の動物と化(な)り、植物の、他の植物と化る事は、既に上にいへるが、人もまた、稀には生きながら他物と化る事あるを、新井白石は「陰陽乖乱(かいらん)の気の致す所なり」といへるが(『鬼神論』)、乖乱にもせよ、然る事ありとせしなり。 #0471【扶桑皇典(1) -人智の狭隘-】>>
 仁徳天皇の御時、白鳥の陵守(みささぎもり)・目
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00494 2017.9.13
扶桑皇典(24) -人身・上-
 高皇産霊神は、人身を生(な)し給ふ神徳なり(『伯家(はっけ)部類』)、万物化生の神なり(『神代巻口訣』)。然れば、高皇産霊神は、神魂(たましい)を人身に賦与し給ふ神にて、人よりしていへば、人は神の肉体を享けたる物なりと謂(い)ふべし。 #0216【神道宇宙観略説(7) -人は分霊神-】>>
 然れば、契沖阿闍梨も、天武天皇の御事を評
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00493 2017.9.7
扶桑皇典(23) -神異-
 神国に神異の事あるは、言ふも更なる事なれど、文永・弘安の蒙古の時などには、諸書にいへるを総合すれば、畏(かしこ)しと云ふも愚かなり。 #0476【扶桑皇典(6) -諸神の御国造-】>>
 然るは、八幡宮の御戸は自ら開けて、馬の轡(くつわ)の音、虚空に聴こえ、白羽の箭(や)、黒雲中を飛びたりといひ、伊勢の風宮には宝殿鳴り響き、赤雲現れ
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00492 2017.9.1
扶桑皇典(22) -卜占-
 卜占(うらない)は、また宇良登比(うらとい)ともいふ。神の心を問ふ義にて、自己の心に思ひ定め難き事のある時に、神に問ひてその教へを請ふ事なり。
 然れば、その事を擬(なぞら)ふには、大小軽重に関らず、予(かね)て定め置きたる事物に現るゝ兆(きざし)を見て、神慮なりとして、その吉凶を決する事なれば、本邦に限らず、世界万国にて行ふ事にて、その作法
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00491 2017.8.26
扶桑皇典(21) -神憑-
 神憑(かみがかり)は、本邦にては古来、常に聞こゆる事なるが、これもまた神国の一異事にて、外国には多く聞こえず。本邦にては、神代にも既に聞こえて、天細女命(あめのうずめのみこと)は磐屋戸の御前にて神憑したりといへり。 #0080【神楽の起源】>>
 また、この神憑の、祝部(はふりべ)にあるは然る事なるを、然らぬ人にも憑り給ふ事あり
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00490 2017.8.20
扶桑皇典(20) -神祭-
 先輩の説に、天下の国土・人民は、実は天照大御神の御物(ぎょぶつ)にして、天孫はそれを治め給ふ御職なれば、天下の事は自然に、神事を以て第一とせらるゝ事なり。 #0477【扶桑皇典(7) -天孫の降臨・上-】>> #0478【扶桑皇典(8) -天孫の降臨・中-】>> #0479【扶桑皇典(9) -天孫の降臨・下-】>><
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00489 2017.8.14
扶桑皇典(19) -神の恵・下-
 一条天皇の御時、赤染衛門(あかぞめえもん)といふ女房は、子の挙周(たかちか)といふが重く患ひけるを嘆きて、住吉明神に参籠して、「この母の身に代へて、子の命を助けさせ給へ」とて、祈願を凝らして御幣(みてぐら)を奉りける時、御幣の串に一首の歌を書き付けて、「代はらんと命は惜しからでさても別れん事ぞ悲しき」と詠みて奉りし程に、神も納受や為させ給ひに
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00488 2017.8.8
扶桑皇典(18) -神の恵・上-
 神たちの、世を守り、人を恵み給ふは、言ふも更なる事なれど、隠岐国知夫(ちぶ)郡に坐す神は、商人などの船の、闇夜に海上に漂へるがある時は、必ず遠く火光(かこう)を現し、海上を照らして方角を示し給ふ事ありて、世にその神を「焼火(たくひ)権現」と称へ申せりといふ(『諸国里人談』)。
 桓武天皇の延暦十八年の遣外国使の船も、帰路、海上に迷ひたりしを、
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00487 2017.8.2
扶桑皇典(17) -産土神及び氏神・下-
 氏神の、氏子を恵み給ふ事は、その人の生涯のみならず、死後に至りても守り給へる事を、矢野(玄道)翁は特にいへり。 #0265【『幽界物語』の研究(35) -産土神について-】>>
 その詞に、近世の事なるが、餝屋(かざりや)米蔵といふは遠江国(とおとうみのくに)の人なりけん。秋葉山の異人に伴はれて奥州に赴きて、或る山中に居(おり)たる程
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00486 2017.7.26
扶桑皇典(16) -産土神及び氏神・上-
 産土神とは、尾張の盧入姫(いおきのいりひめ)の誕生地の神社を宇夫須那(うぶすな)社といへるが如く(『尾張国風土記』)、その人の生まれたる地の神にて、即ち鎮守神を申せり。
 然れば、産土神は、その地勢・方角に従ひて、その霊も異なる故に、産物にも異なる物あり、人物にも容貌・言語・心志・気性などの同じからぬもあり。

 出雲国島根郡神埼の窟中(く
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00485 2017.7.20
扶桑皇典(15) -諸神-
 諸神たちは、御壮容、万古不変におはしまして、御身には光明を湛へて坐すなるべし。神の御上を申さんは、畏(かしこ)しとも畏けれど、天照大御神の御光明は、天地の間を照らし給へりと申し、月読尊、素戔嗚尊の御光明も、天照大御神に次て坐せりと申し、味鉏高日子根神(あじすきたかひこねのかみ)の御光明は、二丘二谷の間に映じたりと申し、大国主神の和魂(にぎみた
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00484 2017.7.13
扶桑皇典(14) -幽宮-
 幽政を行はせ給ふ幽界には、幽宮あり。幽宮は、山上にも水底にもあれど、顕幽の境、異なれば、人の耳目にこそ触れね、水陸至る所に在りて、名に聞こゆる山々には、大抵諸神坐せば、幽宮の無きは莫(な)しといふ。今、神たちの幽宮を造らせ給ふ一節を述べて、その規模の広大にして神変不測なるを知らしむべし。 #0274【『幽界物語』の研究(44) -幽顕
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00483 2017.7.07
扶桑皇典(13) -幽政の神廷・下-
 顕幽の分界は、天孫の降臨に起因せる神・人の間の事にて、鳥獣虫魚の類には預からねば、鳥獣虫魚の類は、今も現に顕幽両界に属して、神をも見、人をも見るを以て、神にも使はれ、人にも使はれて、またよく将来を前知する霊能あり。 #0480【扶桑皇典(10) -顕幽分界-】>>

 矢野(玄道)翁は『龍宮船』といふ物を引きて、寛永年中、富士山の焼
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00482 2017.7.1
扶桑皇典(12) -幽政の神廷・中-
 さて、神は人に対しては、かく種々の事も為(せ)らるれども、人は神に対しては、祈願と卜占(ぼくせん)とのみなれば、全く神の御事は知る事能(あた)はず。然れども、人も皇産霊神の霊徳に依り、産土神の神慮に依りて生まれ来(きた)る者なれば、上下尊卑の品こそあらめ、人もまた神なり。唯、その顕界に属せる肉身に舍(やど)れる為に、幽界を見る事能はざるなり。
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00481 2017.6.25
扶桑皇典(11) -幽政の神廷・上-
 天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の御降臨と大国主神の御国譲により、人間界は顕事(あらわごと)・幽事(かくりごと)の二途に分かれて、神・人、各々その境を異にせり。顕事とは人の耳目に触るゝ一切の事をいひ、幽事とは人の耳目に触れぬ一切の事をいふ。 #0480【扶桑皇典(10) -顕幽分界-】>>
 然れば、顕幽相分かれて後は、神も人も互ひに
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00480 2017.6.19
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
 神代といふを、人ならぬ神の時代と思へるもあり、唯、何となき上代の事と思へるもあり、また朝鮮の太古の称ならんと思へるもあり、高天原の事ならんと思へるもあるは、神代といふ事、日本にのみ有りて、外国の歴史に無ければにて、その神の時代と思へるは、神の御事の多く見えたるが為にて、唯、上代の事と思へるは、外国の上古史にも不可思議なる記事ありて、神または神
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00479 2017.6.13
扶桑皇典(9) -天孫の降臨・下-
 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、笠狭(かささ)の御碕(みさき)におはせる間(ほど)に、大山祇神(おおやまづみのかみ)の御女(みむすめ)・木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)と申す姫神を御后として、火須勢理命(ほすせりのみこと)・火遠理命(ほおりのみこと)と申す二柱の御子を生ませ給ひしに、火須勢理命は海幸彦として、自ら海の物を獲給ふ幸おはし
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00478 2017.6.7
扶桑皇典(8) -天孫の降臨・中-
 高皇産霊神・天照大御神は、大国主神の、この御国を天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に奉り給ひしからに、瓊瓊杵尊を葦原中国(あしはらのなかつくに)に降し坐さんと為させ給ひて、天照大御神は、三種(みくさ)の神器(かむたから)を瓊瓊杵尊に賜ひ、殊に神鏡を賜ふ時には、宝祚(ほうそ)の無窮を宣(のたま)はせ、高皇産霊神は供奉(ぐぶ)の諸神の棟梁たる天児屋
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00477 2017.6.1
扶桑皇典(7) -天孫の降臨・上-
 高皇産霊神・天照大御神は、神議の御事ありて、伊邪那岐大神の、素戔嗚尊に依(よさ)し給ひし海原の事は、天照大御神の御子に知聞(しろしめ)させんとして、その降し坐させん地を選ばせ給ふに、八十国(やそくに)はあれど、穂之狭別嶋(ほのさわけしま)は、国中の真秀(まほ)国、国中の美国なり。 #0121【幽顕分界の気運高まる】>>

 この
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00476 2017.5.25
扶桑皇典(6) -諸神の御国造-
 顕宗天皇の御代三年といふに、日神・月神は、阿閉臣事代(あえのおみことしろ)といふ人に憑(か)からせ給ひて、「吾が御祖(みおや)高皇産霊神は、天地鎔造の御功あり」と宣(のたま)ひて、神地を献(たてまつ)らせ給ひし事あり。

 然れば、後に諸神たちの、尚、国土を造り給ひしを思ふに、大己貴神たちをはじめて、諸神たちは、外国もあれど、主(むね)とこ
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00475 2017.5.19
扶桑皇典(5) -天地開闢・下-
 こゝに八百万神、共に謀りて、素戔嗚尊に千位置戸(ちくらのおきど)をおはせ、また髭を截(き)り、手足の爪を抜かしめて、神遂(かむやらい)に遂給ひき。 #0082【須佐之男命の罪の解除】>>
 素戔嗚尊の御荒びは、伊邪那岐大神の御穢の余波を受けておはせしからなれば、祓具を出して罪を贖ひ給ひ、出雲国に降り給ひては、須賀といふ地にて御身
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00474 2017.5.13
扶桑皇典(4) -天地開闢・中-
 伊邪那岐・伊邪那美二柱の大神は、国土、神人、万物を生み給ひての後、伊邪那岐大神は、伊邪那美大神の、火神・迦具土神を生み給ひしに依りて、御身労(わずら)はせ給ひて、黄泉国に出でましゝを嘆かせ給ひて、御跡を追ひて黄泉国に出でまして、図らずもその国の穢れに触れさせ給ひしかば、驚きて逃げ出で給ひて、伊邪那美大神の追ひ来ませるをも顧み給はずて、千引(ち
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00473 2017.5.7
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
 天地の開闢を説かんとするに、世の学者は理論を以て推定せんとして、「太陽は一大火集なり、火雲の凝集せるなり。大地は岩球、岩層の二大部分を以て説くべし。月と星とは、その質、地球と同じくして、共に太陽の光輝を受けて耀くなり」と論ずれども、これは物ありて後の論にして、一物無き代の論にはあらず。

 然れば、開闢の時の如き、未だ一物も無き時の事は、そ
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00472 2017.5.1
扶桑皇典(2) -人世-
 人世は、人事・神事(幽事)相依り相随ひて、糾(あざな)へる縄の如く、吉凶禍福、纏綿(てんめん)して、輪の端無きが如くなれど、人こそ知らね、人世に発生する種々の事は、皆、神の幽契に依る事なれば、人事を論ぜんには、須(すべか)らく、まずこの神事より知らざる可らず。然(しか)れども、神事を知らんとするには、天地の間には人界の外に神界(幽界)ありて、
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00471 2017.4.25
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
(清風道人云、この『扶桑皇典』は、明治三年に平田鉄胤先哲の許に入門して古学を学び、更に漢学や洋学も修めた後、帝国大学や東京師範学校の教授等を歴任された文学博士・物集高見(もずめたかみ)先生が著された、幽界の実在を立証する格好の文献といえます。世には博士や大学教授といった肩書や地位に縛られて、内心秘かに幽界や霊物の存在を認めつゝも、これを口にし得
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
神道講話(1) -人間に与えられた天命-
『古事記序文』解説(4)
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-
『異境備忘録』の研究(26) -神仙感応経-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
 
 以前の記事
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY