HOME > 扶桑皇典(34) -霊人-
 
 
#00504 2017.11.13
扶桑皇典(34) -霊人-
 
 
 幽界には高貴なる神も坐せど、また卑賤なる神もあり。正神・善神も坐せど、また邪神・悪神も居(お)れば、正神・善神の正事・善事に幸(さきは)ひ給ふ傍らには、邪神・悪神は邪事・悪事を勧めて、邪道に誘(いざな)ふ事もあるべし。
 然れど、正神・善神は申すも更なり、邪神・悪神も、その心の和める時には、然る事も無くてあるべし。然れば、神には禍津日神(まがつひのかみ)と申すものあり、その禍を直し給ふには、直日神(なおひのかみ)と申すも坐せり。 #0060【禊ぎ祓えの神術】>> #0061【祓戸四柱神の誕生】>>

 総て神は奇(く)しく妙なる霊徳を以て坐せば、人智を以てはその万一をも説くだに得せず、神の霊徳には、一柱に坐しても種々の御名もありて、荒く猛く坐す時の御名は荒魂(あらみたま)と申し、和み柔らびて坐す時の御名は和魂(にぎみたま)と申し、奇しく妙なる時の御名は奇魂(くしみたま)と申し、幸ひ恵み給ふ時の御名は幸魂(さきみたま)と申し、かく御魂(みたま)の分かるゝを分魂(わけみたま)と申せり。 #0038【一霊四魂】>>

 また、神は一柱に坐しても、この分魂は百千万にも分かれ給ふ故に、一柱の神を甲・乙・丙・丁と幾所に祀りても、その霊徳・神験の異ならぬは、一所の火を数ケ所に分けても、本(もと)の火の減る事無くして、火の効も同じきが如し。 #0055【神々の分体と合体】>>
 然れば、神人の間には奇しき事ありて、或る神人は事の多端(たたん)にて、人を要する時には口鬚を抜きて、前後左右に居きて、我と同一なる神人を現出して、その事に当たらしむといへり(『仙境異聞』)。 #0138【『仙境異聞』の研究(3) -山人の霊徳-】>>

 また、総て幽界には暦日無きか、肉身ながら神界に入りし人は、その入りし当時の年齢にて在る事なり。
 矢野玄道翁の『琉球神道記』といふ書を引きていへる一話に、昔、若狭町の若狭殿といふ人の妻、行方知らず為りしに、三十三年にして海より還りたるに、失せし時は、歳は二十なりしに、今還りたるを見れば二十歳より若く見えたるを以て、夫をはじめて皆疑ひたれど、妻女は「野原にて遊びし事二、三日の間なり」とて、家に在りし時の密事などを語りて、疑惑を解かしめたる事あり(『古史伝』)。
 また、仙童寅吉の友なる左司馬といふは、元禄十三年に、二十歳ばかりにて神界の人と為りしが、百二十年ばかりを経たる文政年中にも、尚二十歳ばかりに見えたりといひ、同じ文政の頃、寅吉も十五、六歳にて神界に入りしなるが、この人、明治三年に、前橋の富田春女の許に神使として来りし時にも、童部(わらわべ)にてありきといへり。 #0339【『異境備忘録』の研究(24) -勲功を立てる-】>>

 幽界には、神人といふありて、時としては人の耳目にも触るゝ事あり。この神人には、本来の神なるもあり、また、人の、功を積みて神の如く成れるもあり。こゝにいふ、浅間嶽の麓にて見たりといふ神人、永代橋の橋下にて見たりといふ神人は、本来の神なるべし。

 然るは、或る人、浅間嶽の麓にて、身長一丈ばかりにて、太刀を佩(は)きたる神人を見たるに、その人は黒髪を長く垂れたりきといひ、また天明年中、軽井沢の山伏・権十とて、名を得たる荒男ありて、鶉(うずら)網を張りて居(おり)たるに、鶉小屋の前にて、「権十、権十」と呼ぶ者あるに、出でゝ見れば、前の如き神人、足を出して「草履(ぞうり)の紐を結べ」といへば、結び居たる間、神人は片手の指を権十の頭上に突きて在りしに、その痛みの程、堪へ難かりしかど、忍びて結び終えて見れば、三本の指の痕、頭上に深く凹み入りて、生涯直らざりきといふ。これは、権十の傲慢を悪(にく)みて、神人の懲らしめ給ひしならんといふ(『古史伝』)。
 また、文化十三年八月、或る人、永代橋を渡りたるに、川上より水煙を発てゝ来る者あれば、立ち止まりて見て居たるに、橋下を過ぎて、川下の方に出でたるを見れば、白髪の老人にて、烏帽子(えぼし)・直垂(ひたたれ)を着たるが、白馬に乗りて、水上三、四尺ばかりを離れて、忽ち空中を南方に馳せて、次第に高くなりて見えずなれり。
 然るに、麻布辺りの人も、烏帽子・直垂の老人、馬上にて虚空を馳せたるを見たりと語れりといへり(『神代余波』)。

 また、次にいへるは、人の﨟(ろう、年功)を経て成れるものか、明治八年八月一日午前に、一人の僧、空中を飛びて行きたるに、その後に付きて、今一人の小僧、走り行きたるが、伊勢貞丈(さだたけ)の説に、桜田門外の井伊掃部頭(かもんのかみ)の邸より上を、西方に行けり。本郷辺りにても、多くの人見たりといへりとぞ。

 幽界には、また仙人といふ者あり。仙人は、もと人の、一種の﨟を経てその境に入りし者にて、神人の如く虚空を飛行するもあれど、飛行は聞こえずて、唯長生を以てのみ聞こえたるもあり。
 その神人の如く飛行せしは、斉明天皇の元年五月一日、靑笠着たる唐人やうの人、龍に乗りて、大和国葛城嶺より生駒山を経て、住吉、松嶺を過ぎ、西方に向ひて行きたりといふを始めにて、陽勝仙人、久米仙人などはよく空中を飛行せりといへど、浦島子、若狭の八百比丘尼などは長寿のみにて、然る神通の事は聞こえず。 #0392【『本朝神仙記伝』の研究(10) -水江浦島子-】>> #0393【『本朝神仙記伝』の研究(11) -若狭八百姫-】>> #0400【『本朝神仙記伝』の研究(18) -久米仙人-】>>

 京の白河の山中に居たる、白幽先生といふも、安房国の岩田刀自といふも、長生しては在りしかど、飛行の事は聞こえず(『御伽婢子(おとぎぼうこ)』)。霧島山の雲居官蔵といふは、長生の外(ほか)に、些かなる神通をも得たるが如し(『西遊記』)。 #0427【『本朝神仙記伝』の研究(45) -岩田刀自-】>> #0429【『本朝神仙記伝』の研究(47) -白幽子-】>> #0441【『本朝神仙記伝』の研究(59) -雲居官蔵-】>>

 鎌倉公方(くぼう)の頃なりけん、東海道の興津といふ駅に、由井源蔵といふ人ありて、仙術を学びし間、三人の昔の友を誘(いざな)ひて、足柄山の仙境にて山海の珍味を以て饗応し、三人の親しくせる得道の遊君十人ばかりを呼びて、宴席に侍らしめて、酌を執らせて、歌舞をも為させて、一夜遊興して慰めたりしに、宴果て、夜明けて、三人は別れを告げて、その家を出でたるに、半町ばかり行きて、後の方を顧みたれば、霧塞がり、雲閉じて、今まで居たりし楼閣も見えずなりて、一面の山中なりしかば、大いに驚きて、「さては、遊君どもはいかになりしか、何方(いずかた)を通りて還りしか」と、帰途に遊君の家を訪ねたれば、遊君どもは皆その家に居て、「昨夜の事は、夢とも現(うつつ)ともなくて、覚えて在り」と語るを聞きて、益々驚きたりといふ。
 この仙人は、神通力を以て、遊君どもの遊魂を招きて、宴席に侍らせしなるべし。 #0420【『本朝神仙記伝』の研究(38) -由井源蔵-】>>

 また、仙人には女人の成れるもありて、島田幸安といふ人は、二人の女仙を見たりといへり(『幽界物語』)。 #0250【『幽界物語』の研究(20) -女仙の姿-】>>
 女仙の因(ちなみ)にいふ。漢土・宋代に、程廻(ていかい)といふ人の家に、燕の如くなる物飛び来て、堂の壁に着きたれば、家人見れば、身長五、六寸ばかりの美女にて、その声、幽(かす)かなれどもよく聞こえて、その詞に、「我(わらわ)は玉真娘子(ぎょくしんじょうし)といふ者なり。よく我に仕へば、幸福を与えへん」といひしを以て、その壁上に祀りたりといふ(『怪談全書』)。

 また、幽界には、天狗といふ者あり。この物には、人の、邪道を執して、世を去りたる者の霊の化(な)れるもあり(『古今妖魅考』)、猿、鷲などの年を経たるが化れるもありて、猿に翼を生じたるを見し人もあり(『至道物語』)。
人も、生きながら天狗に化れるには、翼を生ずといへり(『天狗名義考』)。一説には、天狗の本(もと)は狐なり。獣類には翼を生じ、鳥類には手を生ずといへり(『仙境異聞』)。 #0145【『仙境異聞』の研究(10) -隠形法-】>> #0236【『幽界物語』の研究(6) -愚賓・鬼とは?-】>>
 人身に翼ありしは、上代にも、羽白熊鷲(はじろくまわし)といふがあれば、全く無きにもあらざるべし。今の天狗の絵に、人身にして翼ある物を描くは、熊鷲などを思ひての事なるべし。
 また、世に、鳶(とび)は使者なりといふ事あり。これは、崇徳天皇の、大魔王と為らせ給ひしが、今も御廟所には、番の鳶とて、毎日一羽ずつ祇候(しこう)する事ありと言へるより(『白峯寺縁起』)、言ひ出でし事なるべし。

 さて、天狗の人を攫(さら)ふといふは、常にもよく人の言ふ事なるが、松浦静山公候の家に使はれし上総(かずさ)生まれの下僕にて、二度も天狗に伴はれたりといふ人の物語に、前(さき)は七歳の時にて、後は十八歳の時なり。
 十八歳の時には、前の山伏来(きた)りて、「迎へに来れり。伴はれ行くべし、目を塞ぎて居よ」とて、背負ふと覚えしが、風音のみ聴こえて、忽ち越中の立山に至れり。この所には、加賀の白山に通ふ洞(ほら)ありて、僧・山伏十一人も居て、菓子などくれたり。
 さて、また伴はれて、鞍馬にも、貴船にも往きたり。「神社には、参詣の人も多きが、その人の志願の心中に在るも、こゝにてはよく知らるゝ故に、天狗などは、『何某の志願は当然の事なり、叶へて遣るべし』、『何某の志願は愚痴なる事なり、叶ふ可らず』など評して、笑ふも聞きたり」と語れるとぞ。
 こゝに不思議なるは、この人、七歳の時伴はれて、十五歳にて還されしに、衣服は七歳の時着たりし物にて、少しも損せざりきといひ、また一異聞なるは、十八歳にて伴はれし時は、諸国を見歩きたるに、「奥の国には、昔の大将の、仙人と為りたるが衆多あり」と聞きたりといへるなり。(『甲子夜話』)。 #0277【『幽界物語』の研究(47) -歴史上の人物の魂の行方-】>> #0348【『異境備忘録』の研究(33) -天狗界の住人-】>>

 また、或る杣人(そまびと)、飛騨の山中にて杉を薄く剥ぎて居たるに、鼻の高き山伏来れば、天狗にやと思ひたれば、山伏見て、「汝は我を何故に天狗と思ふぞ」といひ、早く去れと思ふと、また「汝は何故に我を早く去れと思ふか」といひて、心に思へばその事をいふ故に、詮方(せんかた)なくて、杉の板を撓(たわ)めて、縄以て括らんとせしに、思はず取り落として、板跳ねて天狗の鼻に当たりしかば、天狗は驚きて、「汝は心の知られぬ者なり、怖(こわ)し」とて立ち去りたりといふ(『駿台雑話』)。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:扶桑皇典
 

←前へ

|


 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00250 2013.8.30
『幽界物語』の研究(20) -女仙の姿-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「女仙などを見たことはないか。」

幸安 「清浄利仙君に伴われ、海上を空行して西域あたりへ参った時、女仙人を見ました。その姿は、髪を結い、頭に鳥の形をした飾りを装っていました。左右の手首と腕にも飾りの輪を入れています。服は
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00236 2013.6.7
『幽界物語』の研究(6) -愚賓・鬼とは?-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「愚賓(ぐひん)は魔境のものと聞いているが、仙境にもいるのか。」

幸安 「愚賓は卑しい別境のもので、仙家より支配は致しません。しかしながら、愚賓が官位する際は師仙の方へ拝謁に廻勤致します。愚賓は全て鞍馬山が本都で、そちら
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00145 2011.12.19
『仙境異聞』の研究(10) -隠形法-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 「鳥獣は山人を見て恐れないのか。」

寅吉 「常に慣らして使う獣は逃げませんが、その他の鳥獣は恐れて逃げることはこの界と変わりありません。」

平田先生 「お前の師などが隠形(おんぎょう)の術で姿を消した時、鳥獣が見つけ
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#00138 2011.11.10
『仙境異聞』の研究(3) -山人の霊徳-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 「摂津国の大阪に、俗謡を唄う声がとても美しい者がいたが、ある時路上で異人に出会い、「お前の声を三十日借りたいので許してくれるか」といわれた。その者は何も考えずに承諾したのだが、その翌日から声が潰れて謡うことができなくなった。
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#0061 2010.10.20
祓戸四柱神の誕生
「次にその禍(まが)を直さむとして成りませる神の名(みな)は、神直毘神(かむなおびのかみ)、次に大直毘神(おおなおびのかみ)、次に伊豆能売神(いずのめのかみ)」『古事記』

 神直毘神と大直毘神の関係も禍津日神(まがつひのかみ)と同様ですが、 #0060【禊ぎ祓えの神術】>> この神は禍事(まがごと)を直そうという伊邪那岐神の感動
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0060 2010.10.14
禊ぎ祓えの神術
「高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の命(みこと)以(もち)て。皇御祖神(すめみおやかむ)伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小門(おど)の阿波岐原(あわぎはら)に。身滌(みそぎ)祓ひ給ふ時に生(あれ)ませる祓戸之大神等(はらえどのおおかみたち)。諸(も
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0055 2010.9.18
神々の分体と合体
「殺さえましゝ迦具土神(かぐつちのかみ)の頭(かしら)に成りませる神の名(みな)は、正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ)。次に胸に成りませる神の名は、淤勝山津見神(おどやまつみのかみ)。次に腹に成りませる神の名は、奥山津見神(おくやまつみのかみ)。次に陰(ほと)に成りませる神の名は、闇山津見神(くらやまつみのかみ)。次に左の手に成りませる神の名
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0038 2010.6.25
一霊四魂
 霊魂(たましい)については簡単に前述してきましたが、 #0003【「たましひ」の響き】>> #0004【わたしたちの生命は太陽と同質?】>> #0009【生命が宿る瞬間】>> #0011【霊魂が主か肉体が主か?】>> #0015【人間の本性は善か悪か(1)】>> 日本古学では「一霊四魂
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
幸福な人生をおくるために
『古事記序文』解説(1)
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(4)
神道講話(1) -人間に与えられた天命-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
 
 以前の記事
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY