HOME > 「たましひ」の響き
 
 
#0003 2009.12.25
「たましひ」の響き
 
 
 日本では、中国から漢字が伝わる以前、「やまとことば」といわれる、いわゆる「ひらがな」が使われていましたが、この「ひらがな」は一音でも発音が可能な音節文字で、その一文字の波動にもさまざまな意味が込められているため、「言霊(ことだま)」ともいわれています。ここではその言霊学によって、霊魂について講究してみたいと思います。

 古代の日本では、霊魂(やまとことばではタマシヒ)はとても尊いものとされ、ミタマとも呼ばれてきました。まず、そのミタマのミは「御」の意味であり、賛美を表す尊称です。またタマのタの音は、足(タル)、健(タケ)、宝(タカラ)などというタと同じで、円満で足り満ちたという意味を含んでいます。またマは、正(マサ)、誠(マコト)、全(マッタク)などというマと同じで、あえて漢字を当てるなら「真」という字になります。そこで二音を合わせるとタマとなり、円満にして少しも誤りない充実した存在という意味になり、もっとも尊いものということで、上に尊称のミをつけてミタマ(御霊)と呼ぶことになりました。

 霊(タマ)と同じ発音で、球状の物体を日本語で玉(タマ)といいますが、地球を始め太陽や月、その他の星も丸い形状をしています。小さなところでは、物質を構成している原子核や電子、中性子も球状であり、また命を産み出す卵も、それが成長した姿もすべて球状から派生しています。あるいは、穏やかで優しい人を「人柄が丸い」といい、調和がとれていて完全に満ち足りているようすを「円満」というように、日本人は、調和や平和という「和の精神」をとても大切にしてきたことがわかります。

 またシヒのシの音は、日本語でアラシ、ツムジといい、日本神話で風の神を「シナツヒコノカミ」「シナツヒメノカミ」と称するように、風のことを表しています。またシヒのヒはいうまでもなく火のことですので、要するにシヒは「風火(シヒ)」であり、タマシヒは「霊風火」ということになります。つまり霊魂(たましひ)は、五元(風・火・土・金・水)のうちの風の性と火の性をそなえていることがわかります。 #0002【森羅万象を説く「五元」の説】>> 

 古代日本人は、大自然に対して人間の領域をはるかに超越した「何ものか」を感じ取ってきましたが、「神々(こうごう)しい」という言葉があるように、その「何ものか」を神として認識していました。伊勢神宮に参拝した西行法師は、「何ごとのおわしますかは知らねども、かたじけなさに涙こぼるる」という歌でその心境を語っています。
 大自然の雄大な景観や聖地の清々しい空気に接した時、わたしたちは言葉にならない感動を覚えずにはいられません。それは「魂の響き」ともいえるもので、その「何ものか」と響き合う、わたしたちの心の奥底にある「何ものか」を感じます。日本古学では、大自然はすべて八百万(やおよろず)の神々によって造られたものであるため、当然そこには神々の霊魂が宿っており、それに共鳴するわたしたちの霊魂も神々の霊魂と同質であるとされています。つまり、神々の御霊の一微分子を賜わって生きているのがわたしたち人間ということになります。

 「神」も漢字が渡来してから後に当てられた字ですが、これは何ものかが人間に「示し申す」という意味です。「上」という字もカミと読みますが、この場合は「御上(おかみ)」、「上座(かみざ)」などというように、自分より位が高いことを表しています(家庭で一番偉いのも「かみさん」です)。さらに「上」という字は、中央へ向かうことを「上る」、地方へ向かうことを「下る」、また川の源流を「上流」、川下を「下流」などという場合にも使いますが、この場合には単なる上下関係ではなく、本(もと)と末(すえ)という意味が含まれています。ここにも日本人のカミに対する感性を見ることができます。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:玄学の基本
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0002 2009.12.25
森羅万象を説く「五元」の説
 人類は古来より、目の前にある自然界の事実や、あるいは宇宙間に存在するすべてのものごとを研究し、説明を試みてきましたが、各国々によってその表現方法は異なります。現在の物理学では、水素・酸素・炭素・窒素を四大元素とし、それからさらに細密に分析すれば、百数十の元素に分類されます。そして、この元素に「エネルギー」という概念を加えてあらゆる現象を説明しています。
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
神道講話(1) -人間に与えられた天命-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-
『異境備忘録』の研究(56) -正伝と偽伝-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
 
 以前の記事
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY