HOME > カテゴリ
 
 

#00709 2021.4.8
仙去の玄法(8) -玄道の本義-
 次に尸解仙として神仙界に入るに地仙、神仙、天仙の三等がある。方全先生(宮地厳夫先生)の定義によれば以下の通りである。

「地仙は道を求め真を修むる者、神仙の才を具へ、玄道の大半を知り、法術の大半を了し、天地昇降の理に法(のっと)り、日月生成の数を知り、身中年月を用ひ、日中時刻を用ひて、精気神の三華を聚(あつ)め、風火金水土の五気を凝し、以て
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00708 2021.4.2
仙去の玄法(7) -法の三成-
 陰魄を錬り極めて識神純陽の胎に凝結するを陽神といひ、魂徳動作の全能を至るのであるが、相伝録第二巻の天真地真自感霊辞第二章(三魂六変章)はこの胎化出入の権胎(ごんたい)を陽化するの階梯に用ふる秘辞で、その玄理は同章の講伝で述べた通りである。 #0707【仙去の玄法(6) -陽神と陰神-】>>
 識神がこの権胎に凝結する場合であるが、前
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00707 2021.3.27
仙去の玄法(6) -陽神と陰神-
 尸解仙として神仙界に入るは所謂(いわゆる)地仙以上の者で、稀には直ちに天仙の籍に入る有徳の道士も存するが、それは極めて稀有のことに属するやうである。
 それでは地仙以上たるべき尸解仙と鬼仙とは本質的にどういふ差異があるかといふ点に就て講究してみることにするが、方全先生(宮地厳夫先生)は嘗て仙の五等といふ区別を論ぜられた。以下、その説に従って述
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00706 2021.3.21
仙去の玄法(5) -尸解は本真の錬蛻-
 解化の道は道書に、「尸解は形の化なり、本真の錬蛻(れんぜい)なり、これ仙品の下第と雖(いえど)もその稟受(ひんじゅ)して承くるところは未だ必ずしも軽からざるなり」とあるが、仙縁ある者で或る程度の道養の徳を積むに至れば必ず行はれ得べき筋のもので、屍を解くといふ解化の過程が極めて短時間に行はれ、大いに常態と異なるところから一種異様の感を受けるので
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00705 2021.3.15
仙去の玄法(4) -助藤大人の尸解-
 前篇の論旨に就て、一部の道士諸君子から概(おおむ)ね悲観的な御質疑が到来した。それは「尸解は神化の玄法」の章に於て述べた「尸解の道を得ずして死期を迎へたものは所謂(いわゆる)鬼仙(きせん)たるに止まり、純陽の仙と成り難い」といふ解釈に就てゞ、惟ふに次項の「玄道は化生の道である、化生であるから変化自在の徳がある、胎生ではその変化の徳に限りがあり
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00704 2021.3.9
仙去の玄法(3) -尸解は神化の玄法-
 (宮地水位)先師の説に基いて、仙去の玄法たる尸解法の大意を述べておきたいと思ふ。尸解は正しくはシカと読む。七、八年前のこと、故総裁・泰岳先生と対談中、私がシゲと云ったのを聞き留められて、「自分も専ら云ってゐたが、或る時父(宮地厳夫先生)がそれを聞き咎めて、慣音でシゲと申してもよさゝうなものであるが、自分は水位真から注意されて以来シカと申してゐ
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00703 2021.3.3
仙去の玄法(2) -神仙得道の身-
 さて日本武尊御尸解仙去の後は如何と窺ひ奉るに、素より記紀にも古書にも格別の伝承あるべき筈はないが、(宮地水位)先師の幽真界出入により齎(もたら)されたる御消息によれば、尊は万霊神岳神界の右察官中の五神の第一位たる大神仙として神界枢要の御仙職に坐すことが伝へられてゐるが、然(さ)こそと拝し奉らるゝ次第である。 #0340【『異境備
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 
#00702 2021.2.25
仙去の玄法(1) -日本武尊の尸解-
(清風道人云、この「仙去の玄法」は、宮地神仙道道統第四代・清水宗徳先生(道号・南岳)が、昭和三十年十一月三十日及び昭和三十一年一月三十一日付の神仙道広報誌に掲載された論稿です。 #0382【水位先生の門流(4) -道統第四代・南岳先生-】>> )

 人皇第十二代・景行天皇には二大神人が側近に侍し奉ってゐた。皇子・日本武尊と武内宿禰公
カテゴリ:仙去の玄法 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
真誥(1) -敬神の道-
奇蹟の書(21) -霊感筆記-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
 
 以前の記事
2021/12
2021/11
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY