HOME > カテゴリ
 
 

#00748 2021.11.28
奇蹟の書(23) -霊感筆記の実例・中-
<例四・ジェームス教授の霊の記文>
 米国ハーバード大学教授ジェームス氏の死後、氏の霊がワシントンの一婦人とボストンの一紳士とに宛てゝ消息文を寄せた奇談がある。或る日その婦人の手にしてゐた鉛筆が、自動的に紙上を走って以下の文句を書いた。
「余(よ)はウイリアム・ジェームスなり。現世に於けると同じく、吾霊界に於ても一定の法則存して吾等を律す。さ
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00747 2021.11.22
奇蹟の書(22) -霊感筆記の実例・上-
 霊感筆記に関しては、我国にも支那にもインドにも多少それに属すべき類似の事例があるも、概して邪霊や狐狸、河童、天狗などが人に憑依して書いた護符、未来記、詫証文(わびしょうもん)、題字などの類に過ぎないで、幽冥界の知識の材料になるのは一つも無いから、霊感筆記だけは欧米に材料を採るの外はない。 #0504【扶桑皇典(34) -霊人-】>> <
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00746 2021.11.16
奇蹟の書(21) -霊感筆記-
 霊感筆記は自動書記とも称せられ、交霊上の主要な現象である。死者の霊が霊媒の手を使用して文章を綴り、絵画などを描いて思想の交通を為すのであって、霊媒の磁気を使って幽霊姿を造ったり、または霊媒の内声を借りて言語を為すよりも容易な点があるらしい。尤もそれも霊次第のことで、すべての霊が皆その通りであるのではない。

 霊感筆記の最中を写真に撮った場
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00745 2021.11.10
奇蹟の書(20) -指導霊-
 専門の霊媒にはこれを教導補翼するところの指導霊がある。つまり霊界と現界との交通を助けるために、霊媒に憑依する未熟な霊の世話係を為す霊である。これは人間には必ずあるといはれてゐる守護霊そのものではなく別の霊である場合もあり、また守護霊が指導霊となる場合もある。
(守護霊なるものは決まって各人にあるものだと云ふ説には賛成が出来ない。著者(岡田建文
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00744 2021.11.4
奇蹟の書(19) -霊媒・下-
 霊の眼から見ると霊媒は光明を包んだ殻の如くだと云ふことは前にも書いたが、霊媒の先天的な光明なるものは肉体全部に亘った光明と見えたり、また或る霊媒には体の一局部に光明があるやうにも見え、また或る霊媒には二個の光明があるあるやうにも見えるのがある。
 最初は大なる懐疑者であったホッジソン博士の研究によると、パイパー夫人の身体には二個の光明団があっ
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00743 2021.10.29
奇蹟の書(18) -霊媒・中-
 最近三十年このかた欧米に輩出した多数の霊媒の中にて、霊媒力が優秀で且つ最も多くの研究家に実験された者として、ユーサピアを第一人者に挙げねばならぬ。この婦人が交霊会にて現した各種の霊媒生理及び心霊的現象は、一般霊媒の現す状態の通則となると云ふても差し支へのないほどのものがある。

 彼女の実験では何時も小房(霊媒室)から冷風が吹いて来るのであ
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00742 2021.10.23
奇蹟の書(17) -霊媒・上-
 交霊術に必要な機関である霊媒なるものは、先天的に交霊力を体に具へた人間である。その固有の能力なるものは、霊の眼には肉体の殻に包まれてゐる特殊な光団に見えるので、冥界の生活者はこの光団のある人間に目をつけて居り、イザと云ふときには我がちに光団の体に取り付かうと窺ふのである。
 ステートン・モーゼスなる霊媒が嘗て或る墓地を通行したときには、四方か
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00741 2021.10.17
奇蹟の書(16) -近代交霊術の起源-
 近代交霊術は西洋に興ったのであるが、それは現界の人間の発案ではなく、冥界の霊の発案したものである。一八四〇年、北米合衆国のハイドウェル州のフォックス家に打叩(ラップ)が起こって、その家の少女が初めてこれを知覚し、それから冥界の通信手との意思の交通が開かれたのである。

 打叩の音の数でアルファベットの字順を約束して対話を行ったことから始まり
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00740 2021.10.11
奇蹟の書(15) -交霊術と霊媒-
 死後の心霊を検証し、または死者の意思やその生活状態を知るために行はれる交霊術なるものがある。またこれには霊媒なる特殊な能力を持った人間が必要な道具になって居る(「交霊」は二十余年前までは「降霊」の字を以て書き表された。字義はこの方が正しいけれど、現代一般の用ふるところに従って本書には「交」の字を用ゐた。また「霊媒」といふ字も近時の無理な訳語で
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00739 2021.10.5
奇蹟の書(14) -二重体の実例-
<例一・日本に於ける古い記録>
 我国にて二重体の最も古い記録は、彼(か)の『今昔物語』がこれを収めてゐる。その記述のさまは以下の如くである。
 平安朝の頃、女御(にょうご)の許に仕へる小中将の君といふ若い女があった。容姿も心ばへも美しくあったので、美濃守(みののかみ)藤原隆経がこれを情婦として愛するやうになった。或る日、小中将が薄色の衣と紅
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00738 2021.9.29
奇蹟の書(13) -二重体(一名複体)-
 同一人間の肉体が、時として二個の存在として他人の眼に見へることがあるが、これは病理学や生理学では毫(ごう)も解釈が付かない。心理学者は見る人の幻覚だと云ってはみるものゝ、彼等自身に於ても実は甚だ覚束(おぼつか)ないことに感ぜられてゐる。

 同一人間が二個並び立った場合には、勿論その一個は真物で、他の一個は仮体(影ん坊の類)であるけれど、容
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00737 2021.9.23
奇蹟の書(12) -生霊の実例-
<例一・執念の女の生霊>
 約七十年前の古いことであるけれども、面白い事実がある。松江の外中原に中村氏なる旧藩士があって、玄関の室を臨時に下男・千平の寝室に当てゝ居たが、千平は毎夜寝てから高声に魘(うな)され、いつも主人に呼び覚まされるのが常例のやうになって居た。
 或る夜、更けて雨の降る真暗い中を、主人の若い弟が無燈にて他から帰って来て、門
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00736 2021.9.17
奇蹟の書(11) -生霊-
 生霊(いきりょう)なるものは、心霊学者の云ふところの二重体なるものと全然同じものであるやうに考へられるけれども、全くの別物である。(二重体は後章に述べる。)
 生霊は心霊体が肉体から遊離をしたものであって、副体(一名は幽体とも称せられる、これも後章で述べる)の幾分を伴ふて出現するものと見做(みな)される。 #0496【扶桑皇典(26)
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00735 2021.9.11
奇蹟の書(10) -霊夢-
 未来の運命を正夢にて見る事実も世間に少なくないが、これも見方によれば一種の遠感である。この種の遠感の理法なるものは、実に人間の知識や官能では真実な説明が容易に得られないものだ。但し夢の知覚上の表現法は、人の覚醒時に於ける予知(予言)のそれと区別の無いものである。即ち夢として知覚に入らせるのと、覚醒中の意識に上らせるのとの相違があるのみだ。 
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00734 2021.9.5
奇蹟の書(9) -心霊現象の実例-
<新派俳優の怪動>
 知人の三田君が大正の初年に北海道へ渡ってゐるとき、新派劇の小松緑といふ男優と懇親になったが、その役者が大病に罹って巡業が出来なくなり、某地の素人下宿屋に居残って寝てゐた。
 或る日、三田君は緑を訪問すると、明日も知れないほどの重態に陥ってゐるので憐れに思ひ、その夜は滞在して看護をやってゐた。すると翌朝、緑は三田に対(むか
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00733 2021.8.30
奇蹟の書(8) -遠感・透視・遊魂-
 俗歌に「死んでも生命(いのち)があるやうに」といふのがあるが、これは恋仲の両人が情死をしたいといふ心になっての願望を茶化して唄ったもので、作者は無論のこと死後の生命を信じてゐるのではないのだ。
 然るに近年勃興した心霊科学で、人は死後にも生命があることが確実になったのは、いはゆる世紀の驚異である。しかし一般の唯物学徒は先入主に捉へられて、頑と
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00732 2021.8.24
奇蹟の書(7) -化精-
 心霊原素の本源に就て世の霊魂学者は頭を悩ましたが、大部分はエーテル的であると見做(みな)したことは前項に説いた如くである。吾人(ごじん)も嘗てはその種の考へを持ってゐたが、勿論エーテルは二様の結合形式を持って居て、その第一次のものが心霊要素を為し、第二次のものが物質原素を作るのだらうと想定をしてゐたところ、これも人間の想像たるに過ぎないことが
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00731 2021.8.18
奇蹟の書(6) -人体光線-
 心霊体が光輝ある電磁性の放射物を有することの発見者は、イタリアの科学者ライヘンバッハであった。それは今から約六十年前のことで、彼の研究は当時一部の人に驚異的な好奇の熱心さで実験を重ねられてゐた催眠術の応用に基いた発見であった。
 ライヘンバッハが心霊体から色のついた光線が放射されると言ったのは、自身が視たものではなくその実験人たる被催眠者の心
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00730 2021.8.12
奇蹟の書(5) -心霊体の弾力性及び凝集性-
 心霊体が肉体と同様な輪郭をして居ることは生理的必要上から来たことであるが、死の場合、或は夢中などには、肉体との繋鎖(つながり)を断ちて体外に脱去することが比較的容易である。 #0258【『幽界物語』の研究(28) -参澤先生の霊的体験-】>>
 また人によっては無意識裡(り)にその心霊体を体外に出すことがある。彼(か)の生霊と呼ばれる
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00729 2021.8.6
奇蹟の書(4) -心霊体と肉体の結合-
 抑々(そもそも)心霊なるものは頭脳の一局部に偏在するものではなく、肉体の全部に遍満充実し、肉体と同様の形状を保持する一種の精気体で、その感受性は肉体に於けるが如く、要所々々で度を異にする。これはその組織の霊細胞の配列と密度との関係であって、原形質の優劣に依らぬらしい。その証拠は、修練によって局部の感受性を左右することが可能であることにある。
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00728 2021.7.31
奇蹟の書(3) -無霊観と有神観-
 植物にも知覚があり、また軽微なれども意識の痕跡が見られ、また睡眠もあることは、既に前世紀の末から一流の植物学者に認められてゐる。また鉱物も生長増量し、人間の工作にかゝってからも弾力、疲労等の痕跡が明らかに見られること、恰(あたか)も人間や他の生物なみであることも既に証明されてゐる。

 更にまた十数年前から、人類、動植物、土石一切の自然物に
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00727 2021.7.25
奇蹟の書(2) -心霊科学-
 吾人(ごじん)人類の個体の中心生命は心識(心霊)であって、体躯はその外殻である。心識は実に大宇宙の生機の和凝(にごもり)で、至美至精の妙構を蔵し、万生の霊長たるの素質が賦与されてゐる。凡そ現象界に於て最も確実の存在は自己であるが、人は肉体の失活=死と共に永遠無窮に絶滅するものであらふか。

 一般の科学人は人間に限らず、あらゆる生物の体躯が
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 
#00726 2021.7.19
奇蹟の書(1) -序説-
(清風道人云、昭和十一年七月十八日に発行された『奇蹟の書』は、『動物界霊異誌』の著者でもある心霊学者・岡田建文(けんぶん)大人が「心霊不滅の実証」と副題された論稿で、以下はその序説です。 #0568【生類の霊異(1) -概略-】>> )

 米国で有名なイオン研究所たる「ウイルソン・エキスパンション・チェンバー」で蛙、バッタ、鼠等の小
カテゴリ:奇蹟の書 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
奇蹟の書(21) -霊感筆記-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
奇蹟の書(16) -近代交霊術の起源-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
 
 以前の記事
2021/11
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY