HOME > カテゴリ
 
 

#00688 2020.12.3
宮地神仙道修真秘訣(14) -鏡感法、感圍秘法及び使歩法-
「夫れ霊感の術たるや道玄を同じくして玄関を異にす。その行に十二法あり。八に鏡感法と曰ふ。」

 この法は雨夜、鏡面に向ひて、香を焚き燈火を燃やし、瞑目半ばにしてこれを窺ひ、魂の脱出して鏡中に現ぜんことを思ふ。感想やゝ久しくして四童子を現ずれば、則ちその名を呼ぶべし。一に曰く「青気童子」、二に曰く「白気童子」、三に曰く「赤気童子」、四に曰く「黒
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00687 2020.11.27
宮地神仙道修真秘訣(13) -空玄想感法及び通谷法-
「夫れ霊感の術たるや道玄を同じくして玄関を異にす。その行に十二法あり。六に空玄想感法と曰ふ。」

 この法は毎夕閑坐(かんざ)して香を焚き燈火を燃やし空玄微妙経の咒を読む。その咒に曰く、「夫(そ)れ人は皆空玄真一(くうげんしんいつ)に本づき、真一に出で真一に帰す。真一変化して人と成り、人また人を生ず。人は腎を生じ、腎また人を生ず。故に腎は人な
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00686 2020.11.21
宮地神仙道修真秘訣(12) -感根法及び真寿法-
「夫れ霊感の術たるや道玄を同じくして玄関を異にす。その行に十二法あり。四に感根法と曰ふ。」

 この法は鴻濛(こうもう)の世を感想するの秘法なり。夜半に至り、安坐して祝して曰く、「天一(てんいつ)元君、元始天王、五岳大神」。唱へ終りて(混沌五岳真形図の)東岳・西岳・南岳・北岳の図を四方に安置し、中岳の図を持ちてその中に居り、鎮心瞑目して、混沌
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00685 2020.11.15
宮地神仙道修真秘訣(11) -想満法及び長全感一法-
「夫れ霊感の術たるや道玄を同じくして玄関を異にす。その行に十二法あり。二に想満法と曰ふ。」

 この法は夕に想ふ所に感ずるの術なり。『列仙全伝』に曰く、「荘白微は漢の人なり。少(わか)くして道を好みしも、道を求むるの法を知らず。唯だ日の入る時を以て西北に向ひ、目を閉じ握固して崑崙山を想ふこと、三十年を積みて崑崙山の仙人に見(まみ)ゆることを得
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00684 2020.11.9
宮地神仙道修真秘訣(10) -童子法-
「夫(そ)れ霊感の術たるや、道玄を同じくし玄関を異にす。その行に十二法あり。一に童子法と曰ふ、二に想満法と曰ふ、三に長全感一(いつ)法と曰ふ、四に感根法と曰ふ、五に真寿法と曰ふ、六に空玄想感法と曰ふ、七に通谷(つうこく)法と曰ふ、八に鏡感法と曰ふ、九に感圍(い)法と曰ふ、十に使歩法と曰ふ、十一に合一(ごういつ)法と曰ふ、十二に自成法と曰ふなり。<
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00683 2020.11.3
宮地神仙道修真秘訣(9) -神僊霊感使魂法訣-
 前篇に於て先師御遺稿たる『玄道或問』を根底として魂魄玄妙の要意を編述し、修練法の基本観念を明らかにしたが、本篇に於ては霊感術の要法たる使魂法に関する秘書『神僊霊感使魂法訣』の全文を謹載して直ちに実行道たる宮地神仙道の端的に触れることに致したい。
 『神僊霊感使魂法訣』は既刊『宮地神仙道要義』中に謹載した『霊胎凝結口伝』と共に玄道の至要を講伝さ
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00682 2020.10.28
宮地神仙道修真秘訣(8) -夢中脱魂法-
「弟子来りて余(よ)に曰く、脱魂の術ありやと。答へて曰く、真にその術あり、その術、感と咒(じゅ)とに有り。(感は感想法、咒は祝言なり。)魂の身を脱するや、始めは夢の如く、真境に至らんと欲して中途にして体に帰る。この如くにして月を累(かさ)ね(これ夜脱の魂なり)、竟(つい)に真境に至るを得。その道路或は橋梁(きょうりょう)有りてその高きこと虹の如
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00681 2020.10.22
宮地神仙道修真秘訣(7) -七魄は身を亡ぼす斧-
「人、感を為さんと欲せば、身神を思ひ、真一(しんいつ)を守り、まず己が心の欲する所を以てこれに感ずれば、心の度(わた)る所これを識(し)り、及ぶ所悉く感得す。則ち己が心を以て己が心に感ず。(魂を見分するの術なり。)
 その甚だ識り難きを識り、視聴を速やかにするなり。これ形を化する術の階梯にして真人の秘する所、これを知る者は俗事に染移(せんい)せ
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00680 2020.10.16
宮地神仙道修真秘訣(6) -玄胎は内外霊魂の舍-
「或る人余(よ)に曰く、玄胎は何の故に人に生ずるを得るやと。余曰く、玄胎は内外霊魂の舍(やど)にして、また一に天胎と曰ひ、玄のまた玄、妙の極妙なる物なり。この胎、他より来らず、自己の内外に求む。自己の内に求むる者は、感想を以て身府の魂形を卜(ぼく)するなり。自己の外に求むる者は、感想を以て自己の魂形を身外に卜するなり。
 これを内外に感ずること
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00679 2020.10.10
宮地神仙道修真秘訣(5) -感を以て胎を得る-
「弟子曰く、体中現幽あるや如何と。余(よ)曰く、昼夜は顕幽なり。体中又有り。(体と魄とは顕物なり。気と魂とは幽物なり。)魂魄これなり。魂は陽にして幽を好み、魄は陰にして顕を好む。(魂はその質、冷を嫌ひ、魄はその質、煖を嫌ふと雖(いえど)も、魂の幽陰を好み魄の現陽を好むはこれ天の妙理にして、男の女を好み女の男を好むもこれ同じ。日月主宰神に於て故有
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00678 2020.10.4
宮地神仙道修真秘訣(4) -常磐先生の霊的御実力-
 常磐先生の手箱神山参籠の御遺跡は後嗣たる宮地美数翁によりて近く公開される筈であるが、殊に手箱山頂十三社のうち第十社・常磐堅磐神社は常磐先生の神魂を鎮め給ひし所で(表面は鎮魂八神の御鎮座と伝へられてあるが、宮地家家牃(かちょう)には明らかに常磐先生の直筆を以て「鎮魂八神ノ社と唱フ、然レドモ実ハ我霊魂ヲ鎮ムル所ナリ」と遺記されてある)、この神仙の
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00677 2020.9.28
宮地神仙道修真秘訣(3) -偽仙の輩-
「先生説いて、父母の二気和合して胎と為り、又父母伝統の霊並びに天識在るを曰(い)ふ、我今これを按ずるに世に再来有る者は何ぞやと。余(よ)曰く、天識の入らんと欲するの際、天旨(てんし)を受くるの霊、胎中に感入し男精を受けて胎を結ぶ有り、又女精を変じて男精と為し胎を結ぶ有り。これを感化と曰ふ。又女霊の子を産む者在り。これ又霊中の大感化術なりと。
 
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00676 2020.9.22
宮地神仙道修真秘訣(2) -三魂七魄-
「体霊は中田に官(くらい)し、分れて(分ると雖(いえど)も一所に居す)七魂と為る(七魂は一を思といふ、二を怨といふ、三を悲といふ、四を悪といふ、五を善といふ、六を欲といふ、七を念といふなり)。七魂は人死して後、猶存するものなり。又死して後、亡ぶものは七魄なり。(魄は腎の異名にして套気(とうき)に生ず。又この気に随ひて七魄を生ず。一を貪といふ、二
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 
#00675 2020.9.16
宮地神仙道修真秘訣(1) -神識と魂魄-
(清風道人云、前項の『宮地神仙道要義』に続いて、神仙道本部を主宰された清水宗徳先生(道号・南岳)の御遺稿により宮地神仙道の修真法について御教授頂くことゝ致します。 #0651【宮地神仙道要義(1) -序にかへて-】>> )

 凡そ修真の道に志すの初に於て、まず人身の本源を明らかにし魂魄玄妙の真理を究めなければならぬ。即ち修真の法たる
カテゴリ:宮地神仙道修真秘訣 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
宮地神仙道修真秘訣(1) -神識と魂魄-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
 
 以前の記事
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY