HOME > 奇蹟の書(21) -霊感筆記-
 
 
#00746 2021.11.16
奇蹟の書(21) -霊感筆記-
 
 
 霊感筆記は自動書記とも称せられ、交霊上の主要な現象である。死者の霊が霊媒の手を使用して文章を綴り、絵画などを描いて思想の交通を為すのであって、霊媒の磁気を使って幽霊姿を造ったり、または霊媒の内声を借りて言語を為すよりも容易な点があるらしい。尤もそれも霊次第のことで、すべての霊が皆その通りであるのではない。

 霊感筆記の最中を写真に撮った場合に、腕の先に光明が集まったのや、鉛筆なりペンなりの先端から発光してゐるのが映ったものもある。
(一時我国に流行したコックリやプランシェットだのは、その原理は憑依霊の能力である。科学張りの心理学者輩は、コックリやプランシェットを使う人の手の皮膚を通じてその潜在意識が書かすとてもつまらない心理遊戯だと説いた。この臆断的妄語は現代の多数人を征服してゐる。)

 こゝに注意すべきは、霊感筆記は半霊媒質の未熟者によく発生することがあるが、その多くは信用のならぬ文語である。もしそれ等を公にするならトンでもないことになる。
 一八七四年四月八日の夜に、英国の牧師ステートン・モーゼスが両親と一緒に居るときに現れた霊感筆記に、レクトルなる一個の霊がモーゼスの母と生前に知己であったファニーと云ふ婦人の霊を仲介すると云って、長々と問答態の記述をしたが、その文句の中に「彼女はかく言ふ、自分は生前に肉体欲を充たすことのみに心を馳せたので、進歩の機会を多く逸した。自分の進歩はこれからだ。(中略)自分はヌーリーを感化したけれど、彼女に接近することが出来ぬ。吾々が人間に伝へんとする使命を、君が慎重に伝へて下さるなら大に喜ぶ。真に吾等の仲間の喜びである。天帝願はくば貴下を幸ひし給へ。レクトル」とあり、この筆記から霊感筆記が研究者の間に重要視されるに至った。

 クルークス博士が自宅で行った交霊会での霊感筆記の記述は趣がある。曰く、鉛筆と二、三枚の紙がテーブルの中央に置いてあったが、鉛筆は急に起き上って飛びかけたけれど、自ずから抑制して徐(おもむろ)に前進し、紙の所へ来て一旦倒れた後、直ぐに起き上ってまたも倒れた。三度目には結果が不良であったから、同じテーブルの一方にあった小さい木製の木摺(きずり)が鉛筆の方へ滑って来て二、三インチほど頭を上げたら、鉛筆も立ち上がって自身で木摺に寄って行き、一緒になって紙面にものを書く努力をした。両者は一旦転倒したが再び協力が行はれた。三度目をやってみてから木摺は諦めをつけて元の場所へ返り、鉛筆は紙の上に横ざまにグタリと倒れたまゝでゐた。今しがた鉛筆の書いた文句を見ると「私達はお望み通りにしてみたが、力が尽きてしまった」と書いてあった。

 燈火の下で数人の実験者と共に科学界の権威たるクルークスほどの人が、自分の書斎で真実な試みの下に行はれたこの超科学的な活動に、詐欺や幻覚や虚言だと疑ふべき仮定がどうして潜入する隙があらう。
 それでも世の反霊派だの懐疑派だのゝ学者は、クルークスほどの人間が何かの見誤りを真面目くさって発表してゐるであらうとて、事実を認めなかった。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:奇蹟の書
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
奇蹟の書(21) -霊感筆記-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
奇蹟の書(16) -近代交霊術の起源-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
 
 以前の記事
2021/11
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY