HOME > 奇蹟の書(11) -生霊-
 
 
#00736 2021.9.17
奇蹟の書(11) -生霊-
 
 
 生霊(いきりょう)なるものは、心霊学者の云ふところの二重体なるものと全然同じものであるやうに考へられるけれども、全くの別物である。(二重体は後章に述べる。)
 生霊は心霊体が肉体から遊離をしたものであって、副体(一名は幽体とも称せられる、これも後章で述べる)の幾分を伴ふて出現するものと見做(みな)される。 #0496【扶桑皇典(26) -神魂・上-】>>

 二重体の見られるのは普通には昼間のことで、夜陰にも出現する道理があるけれど、陰闇な所では人目にかゝらぬものだ。然るに生霊の方は昼間よりも夜間の方が多く出現する。これは人心の凝りといふものが昼よりも夜間に多いためである。

 また生霊は幽霊の如くに、燈火無き暗所に於てもその容姿が判然と見へる。この点は二重体と相違をしてゐる。幽霊や生霊が陰闇な場所で人の肉眼に映ずる訳は、心霊体なるものが燐光性の発光素を具へるからである。
 彼(か)の狐狸が闇黒の夜に美夫人や大入道などの姿を現す場合に、鼻目や着衣の縞柄(しまがら)まで見せるのは、その幻像なるものが狐狸の心霊原質から造り出されたものである証拠である。 #0594【生類の霊異(27) -狐(淫蕩性及び防衛的武器)-】>> #0601【生類の霊異(34) -狸及び貉(化狸の事例)-】>>

 生霊は、彼の二重体が極めて平穏に且つ一種の道化(どうけ)た状態を以て現れるに反して、執拗なる意思、或は忘れ難き深刻な怨恨の場合に現れることも、両者に於ける差異の点である。
 また生霊は言語を為し得ぬ代りに人を脅威する力があり、人の睡眠中に現れてこれを魘(うな)さす力がある。

 また二重体と相違の点として、容貌の変化といふことを挙げ得る。すなはち二重体は徹頭徹尾本人の容貌を模擬して違うところが無いけれど、生霊は時としては本人とは似てもつかぬ異相状態を以て現れることがある。或る子女の生霊が、入道姿の男子を現じた実話もある。

 また生霊は体の上半部だけが判明で、腰部以下が影の如くに淡く、最下部に至っては全く見得べからざること、或る種の幽霊と同様なこともある。要するに生霊は心霊体そのものゝ神遊的現象で、これこそ真の生きた幽霊に相当すべきである。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:奇蹟の書
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00601 2019.6.29
生類の霊異(34) -狸及び貂(化狸の事例)-
 豊後国日田町には、明治初年に有名な老狸があって、同地の老大家の五岳先生に化けて他(ひと)を訪問するのが十八番芸であるが、この狸が化けるのはこの事ばかりで、その他のものには一度も化けたことがない。而して又、彼は風流韻事の席へのみ化け、五岳となって現れるのだから、土地の人はこれに風流狸の綽名(あだな)を与へて居た。

 詩人・墨客(ぼっかく)が
カテゴリ:生類の霊異 続きを読む>>
 
#00594 2019.5.18
生類の霊異(27) -狐(淫蕩性及び防衛的武器)-
 狐は淫獣で、美男美女に化けて人を烝(おか)すと云ふ伝説は昔から多く、我国のみならず支那・朝鮮にもあり、殊に支那には頗(すこぶ)る多い。
 狐の烝人(じょうじん)行為を事実として考察する時は、狐と人とは心霊素質に共通の或るものがあるとせねばならぬ。動物にして烝人行為を為すは、狐の外に河童と蛇、稀に猿が伝へられて居る。 #0577【
カテゴリ:生類の霊異 続きを読む>>
 
#00496 2017.9.25
扶桑皇典(26) -神魂・上-
 人身に舍れる神魂(たましい)は、皇産霊神の賦与せさせ給へる物なれば、人身に舍りては人の精神と為り、人身を離れては、またもとの神物に還るを以て、神物に還りての後は、幽廷に奉仕するもあるべく、再び人と生まれ、或は他の物と為るなども有るべし。 #0144【『仙境異聞』の研究(9) -人や鳥獣の魂の行方-】>> #0275【『幽
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(39) -人は神に似たり-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
 
 以前の記事
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY