HOME > 『仙境異聞』の研究(1) -概略-
 
 
#00136 2011.10.30
『仙境異聞』の研究(1) -概略-
 
 
 『仙境異聞』は日本古学の泰斗・平田篤胤先生による著述ですが、先生が、ある山中の幽界に住むとされる杉山僧正(そうしょう)の従者である「仙童」寅吉と親しく起居を共にして養いつつ、山人界(さんじんかい)及びその他の幽界の実相や、多岐にわたる霊的な消息について問答し、それを筆録されたもので、同じように仙境に出入した島田幸安との問答を記された参澤宗哲明(みさわむねのりあきら)先生の『幸安仙界物語』と共に、江戸時代末期における幽界研究の二大資料といえるでしょう。(山人界とは、神武天皇の御世に創設された人間界に最も近い一幽界で、地上霊異の人物(いわゆる縄文人)の多くがこの界へ編入されたことが、明治の国学者・宮地水位先生によって伝えられています。 #0024【幽顕分界という歴史的事実】>> #0101【神代第四期のはじまり】>> )
 しかも『仙境異聞』の主役的存在である杉山僧正(すぎやまそうしょう)も、『幸安仙界物語』に登場する清浄利仙君(せいじょうりせんくん)も、後に水位先生とも深い交渉を有しており、水位先生も『異境備忘録』中で「水位もこの両仙の御導きによりて神界に至る事を得たり」と述懐されています。

以下、この『仙境異聞』の概略について、平田先生の文政三年(1820年)の手記より抄出してみたいと思います。(現代語訳:清風道人)

「寅吉の父は今から三年前にこの世を去った。その後は、寅吉の兄、庄吉(今年十八歳)が少しの商いをして母と弟妹を養ったという。
 寅吉の母によると、寅吉は五、六歳の頃より時々未然の出来事を話すことがあった。たとえば、下谷広小路に火事があった前日に、家の棟に上って「広小路に火事がある」と云った。人々が見ても何もないため、「なぜそんなことを云うのか」と問えば、「あんなに火が燃えているのに見えないのか、早く逃げないと」などと云うので、人々が寅吉は頭がおかしいと思ったところ、翌日の夜に広小路に火事が起こった。また、ある時父に向かって、「明日は怪我をするから用心せよ」と云ったのだが、父は信用しなかった。しかしその通り大怪我をしてしまった。またある時、「今夜は必ず盗人が入る」と云ったことを父が叱って、「そのようなことを云うものではない」と制したのだが、果たして盗人が入ったことがあった。また、まだ立つこともできず、這い回っていた頃のことを覚えており、それを語りだしたこともあったという。
 寅吉は生まれつき胃腸が弱くて幼少の頃は青白く、ちゃんと成長するのだろうかと思っていたのだが、今年、旅(仙境)から帰って来てからは、とても丈夫になったと語っていた。
 未然のことを知っていたことが奇妙に思われ、後に寅吉にどのようにして知るのかを尋ねたところ、「広小路が焼けた時は、その前日に家の棟から見た時に、翌日火事があった所に炎が上がって見えたのでそのように云ったのです。父が怪我した時や盗人が入った時は、何やら耳のあたりでザワザワと云うような感じがして、どこからともなく「明日は親父怪我すべし」「今夜は盗人入るべし」という声が聞こえたので、その通り口にしたのです」と云った。
 思うに「仙童」寅吉は、生まれながらにして仙としての異気を禀(う)けた者で、玄学上の用語でいう「主命仙宿に値する者」である。宿命そのものが仙を得るべく定命を得て生まれ出てくるので、そうした精気を禀け、天命を享けて生まれるから、これを受命ともいう。
 道書の『抱朴子』に、「仙を得る者は、皆その命を受くるや、たまたま仙の気に値(あ)いて自然に禀(う)くる所あるなり。故に胞胎の中に既に道を信ずる性を含めり。その道を識(し)ること有るに及びては、即ち心にそのことを好み、必ず明師に遭いてその法を得る。しからざる者は、即ち信ぜず求めず、求むるともまた得られざるなり」とあるのはこうした消息をいったもので、寅吉も修道上の明師に遭遇する機会に恵まれた。それは彼が七歳の文化九年(1813年)のことである。
 その年の四月、寅吉が東叡山の下で遊んでいたところ、五条天神のあたりで五十歳ほどに見える旅姿の老翁が、小壷から丸薬を取り出して売っていたのだが、取り並べた物や敷物まで全て小壷に入れ、遂には自らも小壷に入ろうとした。その様子を見ていたところ、片足を踏み入れたように見えたその瞬間、全て入り、小壷も虚空に飛び上がってどこかへ行ってしまった。
 寅吉は奇妙に思ってその後もそこに行って夕暮れまで見ていたのだが、ある時その老翁に言葉をかけられ、「お前もこの壷に入れ、面白いものを見せてやろう」と云われた。寅吉は気味が悪くて一度は辞退したのだが、「この壷に入ってワシと一緒に行けば卜占(ぼくせん)のことを教えてやろう」と云われ、もともと卜占のことを知りたかった寅吉は、行ってみたいという気持ちになり、壷の中に入ったような気がした途端、日もまだ暮れていないのに、どこかの山の頂に至った。
 しかし幼い頃のことだったので、夜になるととても両親が恋しくなって泣き出してしまい、老翁がなだめてもさらに声を上げて泣くので、「ならば家に送り帰してやろう。しかしこのことは誰にも語ることなく、毎日五条天神の前に来るのだ。私が送り迎えして卜占を教えてやろう」と言い聞かせて、背負って目を閉じさせ、大空に昇ったのだが、ザワザワと鳴るような気がすると、すでに家の前であった。ここでも「このことは決して人に語ってはならない。語ればお前の身のために良くない」と諭(さと)して、老翁は見えなくなった。それ以来、寅吉はその戒めを固く守り、父母にもそのことを話さなかったという。
 さて、約束通りに翌日の昼過ぎ頃、五条天神の前に行くと例の老翁が来ており、寅吉を背負って山に至ったのだが、何も教えず、いろいろな山々に連れて行って種々のことを見覚えさせ、花を折り、鳥を捕り、川の魚などを取って寅吉を慰め、夕暮れになると例のように背負って帰った。やがて寅吉は岩間山という山に連れて行かれ、今の師(杉山僧正)に付くこととなり、まず百日断食の修行を行い、弟子となるための書状を書いたのである。
 その後寅吉は、書法や武術の法、また神道に関すること、祈祷や禁厭(まじない)の法、符字の記し方、幣(ぬさ)の切り方、医薬の製法、種々の占法、仏道諸宗の秘事経文、その他様々なことを教えられた。その際にはいつも例の老翁に送迎してもらったが、両親を始め人にはそのことを語らず、もちろん教えを受けたことも明かさなかったので、誰も知る人はいなかった。そのうち黙って家を出ても尋ねられもせず、十日から百日ほども山にいたこともしばしばあったのだが、どういう訳か両親を始め家の者たちは、寅吉が久しく家にいないとは思わなかったようである。
 このように山に往来したのは、寅吉が七歳の夏より十一歳の十月までの五年間だが、この間に師のお供をしたり、また師に従う兄弟子にも伴われて種々の国々も見回った。十二、三歳になると往来はせず、ただ時々師がやって来て教えられるのみとなった。」

 「仙童」寅吉が未然の出来事を感知できたのは、魂が発動して幽界に通じていたためで、このことからも、彼が人間以上の霊徳を備えた「仙」であったことがうかがわれます。 #0023【この世界だけがすべてではない】>> #0025【密接に関わりあう顕と幽】>>
 また、七歳の少年に対して百日断食という辛い修行をさせ、弟子となるための書状を書かせるなど、山人界の厳然とした掟律が見受けられます。断食行は原始仏教の開祖である釈迦も行いましたが、これは心身共に清浄になって人間界から高次元の界へ遷るための行法です。 #0051【尸解の神術】>>
 
 その後、寅吉は師の命によって禅宗寺へ寺奉公に出たのですが、仏寺を選んだのは当時教育機関が乏しかったためと、また仏教というものを知らしめるためと思われます。そして文政二年(1819年)五月二十五日、寅吉は再び師に伴われて岩間山の幽境に入り、文政三年三月、また現界に出るに際して、師から次のように訓戒を受けたことが伝えられています。

「今からしばらく家に帰るのだ。里に帰っても、人はただ一つに心を決めることが大事であるから、邪の道に踏み入れることなく、神の道の修行に心を凝らすのだ。お前の前世は神の道に深い因縁がある者であるから、我は影身に添って守護する。今まで教えたことを、世のため人のために施し行うのだ。ただし、それなりの人でなければ、みだりに山で見聞きしたことを明かしてはならない。また、我が実名も人に明かさず、世に云うままに天狗と称し、岩間山に住む十三天狗の内で、名は杉山僧正と云うのだ。」 #0013【「生まれ変わり」の事実(1)】>> #0014【「生まれ変わり」の事実(2)】>>

 そして寅吉は家に帰ったのですが、特に家が一向宗だったこともあり(寅吉は仏教嫌いで、中でも念仏宗派を最も嫌っていた)、両親や兄弟とソリが合わず、家を出て様々な人の所で厄介になっていたところ、文政三年十月一日、遂に平田先生と対面することになったのでした。その初対面の時のことを、平田先生は次のように記されています。

「寅吉は私の顔をじっと見て微笑んでいたのだが、思い立ったように「あなたは神様です」と何度も云った。私はその奇妙な様子に何も答えなかったが、「あなたは神の道を信じて学んでおられます」と云うのだ。
 山崎美成が傍らから、「こちらは平田先生といって、神道の古学を教授される方である」と云ったところ、寅吉は笑って「その通りだと思いました」と云った。私は驚いて、「なぜそれが判るのか。神の道を学ぶことは善いことか悪いことか」と尋ねたところ、「何となく神を信じておられるお方だと心に浮かんだので、そのように申し上げました。神の道ほど尊い道はなく、これを信じることはとても善いことです」と答えた。これが、私がこの童子に驚かされた始めである。」

 寅吉が平田先生の家に住み込むようになったのはその翌月で、『仙境異聞』はその産物として著されたのですが、その間も寅吉は再三にわたって岩間山の幽境に出入りし、あるいは平田先生の杉山僧正に呈する書状を携行し、あるいは杉山僧正からの伝言をもたらすなど、顕幽の架け橋的な役目を果たしたのでした。また、この当代随一の高名な大学者の私宅に住み込んでも少しも遠慮することなく、奔放自在な我がまま振りを発揮し、平田先生を始め門人たちを手こずらせたようですが、先生はこの童子を限りなく慈愛して、その天性を伸張させることに努められたことがうかがわれます。
 
 それにしても、平田先生に対して「あなたは神様です」と云った寅吉は、まさに慧眼(けいがん)を備えた「仙童」で、実は平田先生は、ある使命をもって神仙界から地上に生を享けた謫仙(たくせん)であったことが宮地水位先生によって伝えられています。したがって、寅吉と平田先生の出会いも偶然ではなく、幽界からの神量(かむはかり)であったと拝察されます。 #0110【大屋毘古神のカムハカリ】>> #0134【大国主神に神習う】>>

 わたしたちの心は確かに存在しているにも関わらず、目で見ることができず、手で触れることもできませんが、それは、心は魂(生命)より出ずるもので、その魂(生命)は幽界に属するためとされています。 #0039【魂と心の関係(1)】>> ならば、その幽界の実相を窺い知ることによって、魂(生命)のことや、「我はなぜ生まれてきたのか」「生存中に何をなすべきか」「死すれば何の境に入るか」というような人生最大の疑問についても自ずと明らかになってくるはずです。

 また、「神武天皇の御世に山人界と呼ばれる幽界が創設され、太古の日本人の多くがこの界に編入された」ということが事実であるなら、わたしたち日本人の偉大な祖先による高度な霊的文明をも窺い知ることができるということになります。
 さて次回より、テーマごとに編集して解説を加えながら、この『仙境異聞』についての考究を行って参りたいと思います。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:『仙境異聞』の研究
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00101 2011.4.29
神代第四期のはじまり
 往古、この地の世界において、造化気運の変遷に伴う幽政上の画期的一大変革が行われました。それは、天孫降臨に先立って行われた幽顕分界(幽界と顕界を完全に分離すること)です。 #0023【この世界だけがすべてではない】>> #0024【幽顕分界という歴史的事実】>> 
 日本では、天孫降臨以後の御三代(邇邇芸命(ににぎのみ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0051 2010.8.29
尸解の神術
「かれ、伊邪那美神(いざなみのかみ)は火神を生みませるに因(よ)りて、遂に神避(かむさ)りましき。」『古事記』

 これは、火神を生んだことが原因で、伊邪那美神は遂に地下の幽府に入られたという伝ですが、これを後世の人間的な「死」のように考えるのは大きな間違いです。平田篤胤先生もこのことについて、「神避り」=「葬り去る」などの解説はまったくの誤
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0039 2010.6.30
魂と心の関係(1)
 人はさまざまな性質をもっていますが、第二の天性ともいえる、出生後の習慣によって身につけた後天の性は別として、生まれながら備わった先天の性質がそれぞれ異なっているのは、四魂の備わり方と、父母の気によって先祖から受け継いだ遺伝の性が加わることによります。 #0038【一霊四魂】>> #0009【生命が宿る瞬間】>>
 「
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0025 2010.4.12
密接に関わりあう顕と幽
 顕界(人間が五感で感知できるこの世界)が幽界から分離独立した界となった現在でも、自然界には不思議なことがたくさん見られます。 #0024【幽顕分界という歴史的事実】>>
 最近ではミツバチの減少が問題になっていますが、動物が地震や火災を予知して逃げ出すことや、あんなに柔らかくて脆(もろ)い植物の体が、堅いアスファルトを破ってぐん
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0024 2010.4.6
幽顕分界という歴史的事実
 日本の古伝によると、世のはじめ、いわゆる「神代」といわれる時代は、現在のように顕界(あらわよ)と幽界(かくりよ)とが判然と分かれていなかったために、神と呼ばれる存在と人間とが雑居する時代でした。 #0023【この世界だけがすべてではない】>> 
 「大祓詞(おおはらえのことば)」にも、「草の垣葉をも語(こと)止(や)めて」とある
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0023 2010.3.31
この世界だけがすべてではない
 わたしたちが日常生活をおくっているこの世界を、やまとことばで「あらわよ(顕界)」といい、わたしたちの五感で感知できない異次元世界を「かくりよ(幽界)」といいます。そして宮地水位先生の『異境備忘録』に「幽界は八通りに別れたれども、またその八通りより数百の界に別れたり」とあるように、この幽界には、尊い神々の世界をはじめ、神の眷属(けんぞく)の世界
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0014 2010.2.10
「生まれ変わり」の事実(2)
 すでに亡くなった人が生まれ変わったとされる話は、勝五郎の例に限らず、古今東西に数え切れないほどあります。最近では、西洋の精神医学などでも過去世の存在を肯定する医師や学者が増えており、その調査内容や研究成果が発表されたりしています。 #0013【「生まれ変わり」の事実(1)】>>

 ヴァージニア大学の精神科医イアン・スティーブンソン
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0013 2010.2.4
「生まれ変わり」の事実(1)
 人の霊魂には、はじめて神霊の一微分子を付与されて生まれてくるものもあれば、往古より歴代のあいだに、すでに人間として生まれた霊魂が、寿命を終えて一旦幽界へ帰り、さらに再生してまた人間界へ生まれてくるものが存在することが伝えられています。 #0009【生命が宿る瞬間】>>

 平田篤胤先生の『勝五郎再生記聞』には、文政五年(1822年)、
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
『異境備忘録』の研究(52) -墓所の幽界-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY