HOME > この世界だけがすべてではない
 
 
#0023 2010.3.31
この世界だけがすべてではない
 
 
 わたしたちが日常生活をおくっているこの世界を、やまとことばで「あらわよ(顕界)」といい、わたしたちの五感で感知できない異次元世界を「かくりよ(幽界)」といいます。そして宮地水位先生の『異境備忘録』に「幽界は八通りに別れたれども、またその八通りより数百の界に別れたり」とあるように、この幽界には、尊い神々の世界をはじめ、神の眷属(けんぞく)の世界や、死後の霊魂の世界、異形のものたちが住む世界、妖魔や魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界など、多くの異次元世界が存在していることが伝えられています。

 またこの顕界もよく観察してみると、同様の構造になっていることがわかります。まずこの地球上は、気界(人間が生活をしている地上世界)や水界(水の中の世界)、地界(土の中の世界)などに分かれています。気界にはさらに、わたしたちが住む界や動物が住む界、鳥たちが生活をする界などがあり、それぞれ異なった社会を築いています。水界も、海中界や川中界、湖中界などに分かれており、さらに深度などの違いにより数多くの世界に分類され、そこで数多くの生命体が暮らしています。地中の世界もまた、層の違いや大陸の違いによって、多くの界に分かれており、生命体が存在している界もたくさんあります。また、鰻(うなぎ)や鮭のように海中界と川中界を往来するものもあれば、セミのように変体によって地界から気界に移住するものもあり、植物のように気界と地界、水界と地界にまたがって生息する生命体も存在しています。

 人間の社会を見ても、ビジネス界や政治界、学界など、さまざまな世界に分かれています。さらにビジネス界についても、製造業界や飲食業界、マスメディア業界など多種に分かれており、製造業界もまた自動車製造業界、精密機器製造業界、食品製造業界などに細かく分類され、多くの人がそこに属してします。そして当然そこには人の往来があり、それぞれの界がお互いに影響し合っています。またインターネット界など、技術の革新によって新たな界が構築されるような変化が起こっていることもわかります。このように、宇宙間にはわたしたちが五感で認識できる顕界以外に、数多くの次元が異なる幽界が存在しているとしても不思議なことではありません。

 もしも水界に住む魚たちに思考能力があるものとして、その魚に向かって、「きみたちは水界に住んでいるから水中が習慣となって、水界の常識や自分の肉体のことを基準にして考えるため、水界の他に人間が住む気界というものがあり、そこでは八百万(やおよろず)の人々が自由自在に遊び暮らしているなどということは知らないだろう」といっても、その魚は、「この水界の他に気界などあるはずがない。第一、水がなければ息をすることすらできないので、生活するなんてことは不可能だ」と答えるでしょう。またこの魚に対して人間が作り出した製作物を示しても、その造化の方法を知らないために、怪しむだけで信じようとはしないでしょう。
 
 「夏虫が氷を疑う」ということわざがありますが、人間界の一般常識(とされていること)や、自分の肉体を基準にして幽界のことを考えると、疑念が生じるのはもっともなことです。しかし、その一般常識と呼ばれるものをくつがえしながら人類の文明が進歩してきたことも事実でしょう。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:玄学の基本
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
宮地神仙道修真秘訣(1) -神識と魂魄-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
 
 以前の記事
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY