HOME > 大屋毘古神のカムハカリ
 
 
#00110 2011.6.18
大屋毘古神のカムハカリ
 
 
「ここにその大神の髪を握(と)りて、その室(むろや)の椽(たるき)ごとに結(ゆ)ひつけて、五百引(いほびき)の石(いわ)をその室の戸に取り塞(さ)へ、その妻須勢理毘売(すせりびめ)を負(お)ひて、すなはちその大神の生太刀(いくたち)と生弓矢(いくゆみや)、及び天沼琴(あめのぬごと)を取り持ちて逃げ出でます時に、その天沼琴、樹にふれて、地(つち)動(どよ)み鳴りき。かれ、その寝(いね)ませる大神聞き驚きて、その室を引き仆(たお)したまひき。しかれども椽(たるき)に結へる髪を解かす間に遠く逃げたまひき。かれ、ここに黄泉比良坂(よもつひらさか)まで追ひ至りて、遥かに望(みさ)けて、大穴牟遅神(おおなむちのかみ)を呼ばひて謂(の)りたまはく」『古事記』

 大穴牟遅神(おおなむちのかみ)は、須佐之男命が安心して眠りについた後、その大神の髪を椽(垂木(たるき)、屋根を支えるために棟(むね)から軒先に渡す木材)に結び付け、大きな岩で室の戸を塞(ふさ)ぎ、須勢理姫神(すせりひめのかみ)を背負い、須佐之男命の生太刀、生弓矢、天沼琴を持って逃げることに成功しました。 #0109【須佐之男命の安心】>>
 しかしこの行為は、大穴牟遅神だけでなく、須勢理姫神も共に須佐之男命に対して有るまじき行為に見えますが、これは一体どういうことでしょうか?
 さらに、逃げる時に天沼琴が樹木に触れて黄泉国がどよめいたため、眠っていた須佐之男命が驚いて目を覚まし、その勢いで室を倒しましたが、垂木に結び付けられた髪を解いている間に二神は遠くへ逃げました。これも不可解な内容ですが、前後を照らし合わせてその深意を考究してみたいと思います。

 まず、大穴牟遅神を後継の第三代地球主宰神として任命することは無上の大礼であり、また愛娘須勢理姫神の配偶の神とすることも、須佐之男命が心の中で思っているだけで正式に認めた訳ではなく(このままでは駆け落ち)、これを実行するためには何らかの神勅が必要です。(とくに日本人が礼節やけじめを尊ぶのは、これを受け継いでいるからでしょう。) #0105【主権君位の神】>> 
 しかし黄泉国(よみのくに)は、須佐之男命の父神であり、初代地球主宰神である伊邪那岐神が特に忌み嫌う界であり、その穢(きたな)き界で、そのような重大な大礼を行うべきではないことは今日の人間界でも同じです。しかし月読神(つきよみのかみ)として黄泉国の主宰神となるべき須佐之男命は、もはや地上へ戻ることができないため、この大礼をどこでどのように行うかが大きな問題となります。 #0056【神々の怒り】>> #0057【女神の御心 -母性愛の起源-】>> #0062【三貴子の誕生】>>
 そこで、常に須佐之男命に寄り添う神である大屋毘古神が、これを幽界より神量(かむはか)り、大穴牟遅神と須勢理姫神は上国(うわつくに)で、須佐之男命は黄泉国にましたまま、大任を継承されるべく自然に成り行くように導いたものとうかがわれます。 #0106【神々の社会】>>

 大穴牟遅神と須勢理姫神が大屋毘古神の神量によって逃げ出した時、須佐之男命はまだ眠ったままで、このままではこの重大な大礼を行うことができないため、天沼琴を自然に樹木に触れさせて黄泉国の地を震動させ、ようやく大神は目覚めることとなりました。しかし髪が垂木に結ばれており、それを解いている間に大穴牟遅神と須勢理姫神は遠く逃げ、二神が黄泉比良坂(上国と黄泉国の境界)を越えたちょうどその時に、ようやく須佐之男命がそこへ至り、黄泉比良坂を挟んで無事に大礼が行われることとなりました。

 もし大穴牟遅神と須勢理姫神が逃げ出さなければ、もし天沼琴が樹木に触れなければ、もし髪が垂木に結ばれていなかったら、大穴牟遅神は顕界、須佐之男命は黄泉国という、最適な状況での大礼が行われることはなかったでしょう。 #0023【この世界だけがすべてではない】>>
 これはまさに、大穴牟遅神の御祖命(みおやのみこと)である刺国若比売命(さしくにわかひめのみこと)が大穴牟遅神を木国(きのくに)へ遣(つか)わした時、その神意を承諾した大屋毘古神が、冥々(めいめい)の内より神量(かむはか)られた結果でしょう。 #0107【大国主神と須勢理姫神の運命的出会い】>>

 わたしたち人間も、日常生活の中で偶然に偶然が重なり、絶妙なタイミングでものごとが成就する場合がありますが、もし世の中に偶然はないとすれば、それは幽界より何らかの力がはたらいてのことと考えられます。 #0025【密接に関わりあう顕と幽】>> #0045【祈りのメカニズム(5)】>> #0047【祈りのメカニズム(6)】>> 
 また、黄泉の穢れに触れた後は、伊邪那岐神ほどの大神でも禊ぎ祓えが必要なほどでしたが、この時はそのようなこともなく、これもやはり八百万の禍神を統率するほどの霊徳を備えた大屋毘古神の守護によるものとうかがわれます。 #0060【禊ぎ祓えの神術】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:日本の神伝
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0062 2010.10.25
三貴子の誕生
「ここに左の御目を洗ひ給ふ時に成りませる神の名(みな)は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)。次に右の御目を洗ひ給ふ時に成りませる神の名は、月読命(つきよみのみこと)。次に御鼻を洗ひ給ふ時に成りませる神の名は、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)。」『古事記』

「この時伊邪那岐命、大(いた)く歓喜(よろこ)びて詔(の)り給はく、「吾(
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0060 2010.10.14
禊ぎ祓えの神術
「高天原(たかまのはら)に神留(かむづまり)ます神漏岐(かむろぎ)神漏美(かむろみ)の命(みこと)以(もち)て。皇御祖神(すめみおやかむ)伊邪那岐命(いざなぎのみこと)。筑紫(つくし)の日向(ひむか)の橘(たちばな)の小門(おど)の阿波岐原(あわぎはら)に。身滌(みそぎ)祓ひ給ふ時に生(あれ)ませる祓戸之大神等(はらえどのおおかみたち)。諸(も
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0057 2010.9.28
女神の御心 -母性愛の起源-
「最後(いやはて)にその妹(いも)伊邪那美命、身(み)自ら追ひ来ましき。ここに千引石(ちびきいわ)をその黄泉比良坂(よもつひらさか)に引き塞(さ)へて、その石(いわ)を中に置きて、各(あい)対(む)き立ちて事戸(ことど)を度(わた)す時に、伊邪那美命言(まお)さく、「愛しき我(あ)が那背命(なせのみこと)かくしたまはゞ、汝(いまし)の国の人草(
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0056 2010.9.23
神々の怒り
「ここにその妹(いも)伊邪那美命(いざなみのみこと)を相(あい)見むと欲(おもお)して黄泉国(よみのくに)に追ひ往(ゆ)きましき。ここに殿の滕戸(さしと)より出で向へし時、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)語りて詔(の)りたまはく、「愛しき我が汝妹(なにも)の命(みこと)、吾(あ)と汝(いまし)と作りし国、未だ作り竟(お)へず。かれ、還(かえ)るべ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0047 2010.8.9
祈りのメカニズム(6)
 古代中国の晋(紀元前1100年頃~紀元前378年)の時代、六卿の一人であった中行文子の国がまさに滅びようとしていました。そこで祭祀長を呼びつけ、「君が毎日我国の繁栄を祈祷(きとう)しているのに、なぜこんなことになってしまったのか。神への供え物が足りないのか、それとも君の祈祷が悪いのか」と大いに責めました。そこで祭祀長が答えました。

「先君
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0045 2010.7.30
祈りのメカニズム(5)
 正神界に属する神が人の魂を助け、また黄泉国(よみのくに) #0006【太陽と月と地球の関係】>> に属する邪神が人の魄をそそのかせることについては、中国で書かれた『太上感応篇(だじょうかんのうへん)』に、次のような逸話が記されています。

 昔、中国の宋の時代(960-1279)に清泰寺という寺院があり、そこに光孝安禅師という禅宗の僧侶が住
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0025 2010.4.12
密接に関わりあう顕と幽
 顕界(人間が五感で感知できるこの世界)が幽界から分離独立した界となった現在でも、自然界には不思議なことがたくさん見られます。 #0024【幽顕分界という歴史的事実】>>
 最近ではミツバチの減少が問題になっていますが、動物が地震や火災を予知して逃げ出すことや、あんなに柔らかくて脆(もろ)い植物の体が、堅いアスファルトを破ってぐん
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0023 2010.3.31
この世界だけがすべてではない
 わたしたちが日常生活をおくっているこの世界を、やまとことばで「あらわよ(顕界)」といい、わたしたちの五感で感知できない異次元世界を「かくりよ(幽界)」といいます。そして宮地水位先生の『異境備忘録』に「幽界は八通りに別れたれども、またその八通りより数百の界に別れたり」とあるように、この幽界には、尊い神々の世界をはじめ、神の眷属(けんぞく)の世界
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
神人感合説(1) -無神論-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
 
 以前の記事
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY