HOME > 「生まれ変わり」の事実(1)
 
 
#0013 2010.2.4
「生まれ変わり」の事実(1)
 
 
 人の霊魂には、はじめて神霊の一微分子を付与されて生まれてくるものもあれば、往古より歴代のあいだに、すでに人間として生まれた霊魂が、寿命を終えて一旦幽界へ帰り、さらに再生してまた人間界へ生まれてくるものが存在することが伝えられています。 #0009【生命が宿る瞬間】>>

 平田篤胤先生の『勝五郎再生記聞』には、文政五年(1822年)、武蔵国多摩郡中野村(現在の東京都中野区内)に住んでいた当時八才の勝五郎という少年が、前世でのできごとや亡くなった時のこと、また死後に出会った白髪の老人のことや、この家に生まれることになった経緯などを語ったことが記されています。勝五郎から彼の前世の話を聞いた祖母は、どうしても前世で住んでいた村に行きたいとせがまれ、半信半疑ながら彼の手を引いてその村へ行ってみたところ、そこには勝五郎が語ったとおりの風景があり、前世での彼の両親が実際に暮らしていたのでした。
 以下、伴信友先生(平田先生の友人)に勝五郎が語った内容をいくつか挙げてみたいと思います。

「おらはもと程窪(現在の東京都日野市程久保)の久兵衛の子で、母の名はおしづといった。おらが小さい時に久兵衛は死んで、その後に半四郎という人が来て父となり、可愛がって養ってくれたが、おらは六才の時に死んだ。その後、この家の母の腹に入って生まれた。」

「前世のことは四才くらいまではよく覚えていたけれど、だんだん忘れてしまった。死ぬ病気ではなかったけれど、薬がなかったので死んでしまった。息が止まった時は何の苦しみもなかったが、その後しばらく苦しかった。でもそれ以後は苦しいことはなかった。」

「体を棺桶の中に強く押しつけると、桶から飛び出して傍(かたわ)らにころがってしまい、山へ葬りに行く時は、白く覆われた厨子(ずし)の上に乗って行った。桶を穴へ落とした時、大きな音がして心に響いたことを今でもよく覚えている。」

「僧侶たちが経を誦(よ)んだけれども何にもならず、彼らは銭金をたぶらかし取ろうとするだけで、何の益もないので憎らしく思われた。」

「家に帰って机の上にいたが、人にものをいっても聞こえないようだった。その時、白髪が長く打ち垂(た)れて、黒い着物を着た翁(おきな)に、「こっちへ」と誘われるままに従って、どことも知らない段々に高くなった綺麗な原っぱに行って遊んだ。花がたくさん咲いているところで遊んだ時、その枝を折ろうとしたら、小さな烏(からす)が出てきて、いたく威(おど)されたことは、今でも恐ろしく覚えている。」

「また遊び歩いていると、家で親たちがものをいっているのが聞こえ、経を誦む声も聞こえたけれど、おらは前にもいったように僧侶は憎らしく思われるだけだった。供えられていた食物を食べることはできなかったけれど、その中で温かいものは湯気の香りが美味いと思ったのを覚えている。七月に家へ帰った時は、団子などが供えられていた。」

「こうして遊んで過ごしていたところ、例の翁と家の向かいの路地を通った時、翁がこの家を指して、「あれなる家に入って生まれよ」といった。教えられるままに翁と別れて、庭の柿の木の下で三日ほどようすをうかがっていたのだが、窓の穴から家の中に入り、竃(かまど)のそばにまた三日くらいいた時に、母がどこか遠いところへ別れて行くことを父と話していた。」

「その後、母の腹に入ったように思うが、よく覚えていない。腹の中では、母が苦しいだろうと思う時は、側(わき)へよけたりしたことがあったのを覚えている。」

「生まれる時は何の苦しみもなかった。この他、どんなことも四つか五つくらいまではよく覚えていたけれども、だんだん忘れてしまった。」

 また、勝五郎が死や幽霊などをまったく恐れないことについて質問すると、次のように答えました。

「おらが死んだと人にいわれて、はじめて死んだことに気がついた。死体も見たけれど、その時自分では死んだと思わなかった。死んだ時も、人が思うほど苦しくはなかった。死後の世界は、腹もいっぱいで暑くも寒くもなく、夜でもそれほど暗闇ではなく、歩きに歩いても疲れることはないし、翁のもとにいれば何も恐ろしいことはなかった。亡くなってから六年目に生まれたと人はいうけれど、あちらではほんのわずかな間だった。」

 このことについては当時の役所の記録にも、中野村の勝五郎の前世が程窪村の久兵衛の子、藤蔵であり、藤蔵が六才の時に天然痘で病死し、その六年後に勝五郎として生まれたことが記されています。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:玄学の基本
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0009 2010.1.14
生命が宿る瞬間
 人間という存在が、有形に属する土・金・水の質をそなえた肉体に、無形に属する風と火の性をもった霊魂が宿ったものであることを述べてきましたが、具体的にはわたしたち人間はどのようにして生まれるのでしょうか。 #0002【森羅万象を説く「五元」の説】>> #0003【「たましひ」の響き】>>

 日本古学によると、人間は妊娠
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(40) -現界の罪-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY