HOME > 扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
 
 
#00514 2018.1.14
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
 
 
 また、神たちは孝心深くおはしまして、よく御祖(みおや)の神を斎(いわ)ひ給へり。天照大神は、御父神・伊邪那岐命の賜ひし八尺(やさか)の勾玉を御棚上に居(す)ゑさせ給ひて、御倉棚神(みくらたなのかみ)として祀らせ給ひしは、御孝心の程さへ見えて、畏(かしこ)しとも畏し。然れば、先輩の説に、今、人家に神棚といふがあるも、この御倉棚に倣ひ奉りたるにはあらじかともいへり。
 また、天照大御神は、今年の新穀を以て天津神たちを祭らせ給ひ、天稚彦(あめのわかひこ)といふ神も新嘗せし事なれば、神たちもまた、御祖の神を祭らせ給ふ事なり。然れば、本邦の人の、神を敬ひ、祖先を崇むる風儀は、遠く神代よりの事なるを知るべきなり。 #0125【第二の神使、天若日子降る】>> #0126【返矢の神術】>>

 また、神たちは仁慈におはします。伊邪那岐命は、黄泉国の妖魅に追はれて逃げさせ給ふ途にても、蒼生(あおひとくさ、人類)の事を忘れ給はで、桃の実を以て待ち撃ち給ひし時、妖魅どもの逃げしを御覧じて、桃に向ひて「蒼生の、憂き瀬に落ちて苦しまん時にも、かく助けよ」と宣(のたま)ひ、天照大御神は、五穀の種を得給ひては、「蒼生の、食ひて活くべき物ぞ」と宣ひて、天長田(あめのながた)・天狭田(あめのさなだ)に植ゑしめ給ひ、素戔嗚尊は、御子たちと、蒼生の為にとて八十木種を諸所に植ゑさせ給ひ、また大己貴神と少彦名神とは、蒼生の為に、病を療(おさ)むる法を定めさせ給ひ、鳥獣昆虫の災を祓はせん為に、禁厭(まじない)の法をも定めさせ給ひ、また温泉の人身に効あるをも教へ給ひたり。また大己貴神は、傷つける兎をも哀れみ給ひて、その傷を治させ給ひし事さへにあり。 #0074【衣食の道、開かれる】>> #0084【五十猛神の功業】>> #0089【桃の神秘】>> #0102【稲羽の白兎の伝承(1)】>> #0117【マジナヒの玄理】>>

 殊に天照大御神の御仁慈(いつくしみ)は、藤原相通夫妻の諸人を誑惑せるを咎めさせ給ひて、大神宮にも「天皇にも不忠の事なり」とさへ宣はせて、その徒(ともがら)十余人を伊豆国に流さしめ給ひしに、僅かに八ヶ月ばかりにてその罪を宥(なだ)めさせ給ひたり。この「大御心の程こそ畏し」など申さんも世の常なり。 #0481【扶桑皇典(11) -幽政の神廷・上-】>>
 また、後朱雀天皇の長暦三年七月十六日、大中臣佐国(おおなかとみすけくに)の流罪を宥めさせ給ひし御託宣には、「天下四方の人民(ひとくさ)は皆、皇大神宮の御宝なり。その中にも、大中臣並びに荒木田の氏は、皇大神宮、天宮より天降り坐しゝ時より、氏を継ぎ門を継ぎて、代々に仕へ奉り来りし補佐の神民にて、往代より重科に処せられざる者なり。然るに、去年、遷宮の時、大中臣佐国怠慢ありて、重科に処せられて配流せらるれど、早く召還すべし」との事にて、既に三重郡河後(かわじり)の郷(さと)まで出でたりしを、勅定を差して召還して、元の如くにて置かせ給ひたり(『大神宮雑事記』『歴朝神異例』)。

 また、神たちは勇武におはします。素戔嗚尊の天上に昇らせ給ひし時の御勢は、山川悉(ことごと)く動(どよ)み、国土皆震へりともいひ、天照大御神のその御勢に聞き驚かして、待ち問はせ給ひし時には、御髪(みぎし)を結びて御鬘(みずら)とし、御裳(みも)を結びて御袴とし、八坂瓊(やさかに)の勾玉の五百筒(いほつ)の御統(みすまる)玉を、左右の御鬘にも、左右の御手にも纏(ま)き給ひて、御背(みそびら)には千箭(ちのり)の靫(ゆぎ)と五百箭(いほのり)の靫とを負ひ、御臂(みただむき)には稜威(いつ)の高鞆(たかとも)を取り佩(は)かして、弓腹(ゆはず)振り立てゝ、堅庭(かたには)は向股(むかもも)に踏みなづみ、沫雪の如くに蹴散らかして、稜威の男建(おたけ)び奮はして、待ち問はせ給ひたりといひ、また武甕雷神(たけみかづちのかみ)は、剣上に居(おり)て大国主神と問答し給ひ、建御名方神(たけみなかたのかみ)は、千引石(ちびきいわ)を挙げて武甕雷神を咎め給ひき。 #0474【扶桑皇典(4) -天地開闢・中-】>> #0477【扶桑皇典(7) -天孫の降臨・上-】>>

 また、神たちは忍耐の力に富みておはします。大己貴神は、八十神(やそがみ)の侮辱を忍びて、袋を負へる従者と為りても随行し給ひ、素戔嗚尊の、蛇の室屋・蜂の室屋に入れ給ひ、野中にして火を周辺に放ち給ひしにも屈し給はで、その難を免れ給ひき。 #0134【大国主神に神習ふ】>>
 また、神たちは言語の美しきを愛で給へり。天照大御神は、天磐屋戸(あめのいわやど)に閉じ籠らせ給ひし時、天児屋命(あめのこやねのみこと)の称辞(たたえごと)して祈り啓(もう)す詞(ことば)の美しきを聞食(きこしめ)して、「この頃、人、多(さわ)に祈り申しゝかど、詞の、かく美しきはあらず」と宣ひて、磐戸を細目に開けて見そなはしゝ事あり。

 因みにいふ。本邦人の言語は、祖先の神より伝へ来(きた)る言語にて、祖先の神は、開闢以来、天神地祇の御言を伝へ来て、子孫に遺したるものなれば、発音の単直にして清朗なる、遺辞の分明にして微妙なる、外国の人の言語の、朦朧たる混濁の音、圂雑紆曲(こんざつうきょく)せる声の如くならず。
 且つ遺辞の上には、その流暢を調(ととの)ふるに、別に縁語の法あり、枕詞の法ありて、全く外国には聞えざる、一種の語法なり。神は言語の美しきを愛で給ふが為に、神国には特にこの法あるなり。

 加之(しかのみならず)、本邦の言は神の御言なるにや、鳥獣さへによく聞き知るといふ。鳥獣には、もと感詞をのみ用ゐさせて在るに、宗祇法師は丹後の山中にて、山神の、種々の鳥獣に物を命ぜられしに、獣類は皆人語を以て答へしを聞きたりといへり(『宗祇諸国物語』)。
 漢土にても、鳥獣の言を解せし人ありて、公治長(こうやちょう)は鳥語を解し、介葛盧(かいかつろ)は牛語を解すと、何くれの書どもに記したれど、これは皆感詞の上にて、その意を推量するにてこそあらめ。宗祇の聞きしは、鳥獣の、山神の言を解せしのみならず、己も、人語を以て答へしなり。

 鳥獣は今も稀には人語を為す事ありて、文化十一年、夏の頃、或る山中にて、猿の、人語を為して、「今年は疫病はやりて、人多く死ぬべき故に、今年は疾(と)く過ぎて、来年になれる状(さま)にて、門松を立て、雑煮の餅を食へば免る」といへりとて、然(しか)為し人も数多(あまた)ありきといへり(『梅園日記』)。
 猿の人語せしは古くも聞こえて、皇極天皇の三年六月、或る人、三輪山を行きて、猿の昼寝したるを見て、その腕を捕らへしに、猿は驚きもせずて、眼を塞ぎたる儘にて、一首の歌を詠みたる事もあり(『日本書紀』)。

 また、天正十九年、豊後にて、大友氏に豊太閤(ほうたいこう)の賜ひし龍神といふ名馬の、「世は今ばかりぞ」と言ひたりといへるが(『朝野雑載(ちょうやざっさい)』)、馬の人語は、延徳元年三月二十五日にも近江の栗本郡にてせし事あり(『御伽婢子(おとぎぼうこ)』)、天保九年四月八日にも東海道の藤沢駅にてせし事あり(『想山著聞集』)。
 また、犬の人語をせし事もあり(『因果物語』)。犬の人語は漢土にもありて、犬と猫と、人語を以て問答せし事もあり(『天中記』)。猫はまた人語をよくする物なり。天保六年の秋の頃、江戸牛込榎町の羽鳥(はとり)何某(なにがし)の家の飼い猫の、隣家の猫と人語を以て何事か語りし事あり。
 また、寛政七年の春の頃には、牛込山伏町の或る寺の猫、鳩を取り損なひて、「残念なり」と叫びしを、寺僧、不図聞きて、大いに驚き、逃げんとするを捕らへて、「汝、既に人語する上は、我が言ふ事も聞き分くべし。化けて人を誑かす事もあるべし、真直(まなお)に答ふべし。さもなくば刺し殺すべし」とて、小柄の刀を刺し付けたれば、猫の言ふには、「猫は十年を経れば人語を聞き知り、十四、五年も経れば妖を為すべし」と答へたりしに、直ちに行方も知れず為れりといふ(『想山著聞集』)。

 鸚鵡(おうむ)の人語を為すは常の事なれど、漢土にては、雀の人語を為したるをいへり(『五雑爼(ござっそ)』)。然れば、勤学院の雀の、蒙求を囀(さえず)りたりといふも、全く虚偽とのみは定むまじきなり。また、島田幸安の説には、狼、熊、猿、狒々、猪、兎、山鼠などはよく人語を解すといへり(『幽界物語』)。 #0245【『幽界物語』の研究(15) -幽界の動植物-】>>
 矢野玄道翁の説に、万国の人・物共に、神仙の境に入りては、その言語も一つにして違ふ事なし。万国言語を異にするは、凡俗の間のみと見えたりといへり(『古史伝』)。然れば、神語を伝へたる日本語は、よく鳥獣の類も聞き得る事なるべし。

 また、この神語には種々の奇異なる事ありて、これを言霊(ことだま)といふ。言霊とは、言語に神の憑かりて、不可思議なる霊異を示すをいふ。例へば、吉事をいへば吉事に遇ひ、凶事をいへば凶事に遇ふ類なり。 #0042【言葉のもつ力】>> #0257【『幽界物語』の研究(27) -幽境に通じる神拝の詞-】>> #0299【怪異実話(15) -参州磯丸の歌のこと-】>>
 順徳天皇の承久元年、鎌倉の実朝将軍、鶴岡(八幡宮)の社参に、髪を梳(くしけず)りし時、その落髪を拾ひて傍人に与へて、「これは吾が身の記念なり」といひ、また一首の歌をも詠みて、「出でゝ去なば主なき宿となりぬとも軒端(のきば)の梅よ我を忘るな」といひしが(『吾妻鏡』)、果たして社頭にて公曉(くぎょう)法師に殺されて、落髪は記念の物と為り、歌は予言の如くにて、主なき宿と為りはてたり。

 また、光厳(こうごん)天皇の正慶(しょうけい)二年二月、鎌倉勢の、楠木正成の千剣破城(千早城)を囲みて在りしに、攻めあぐみしかば、遠巻にて休息し、連歌などして慰みたりしに、長崎師宗の発句に「咲きかけて勝つ色見せよ山桜」といひしを、工藤次郎右衛門尉、「嵐や花の敵なるらん」と付けし間(ほど)、諸人指弾して、「嵐を敵に譬へたるは、不吉の詞なり、今度の戦ははかばかしかるまじ」と評せしが、果たして五月二十二日には、北条高時も自害するに至れり(『太平記』)。
 また、正親町(おおぎまち)天皇の天正四年、南蛮国より初めて大砲といふ物を送り来りしかば、豊後の大友宗麟(そうりん)、大いに悦びて、「国崩(くにくずし)」といふ名を付けて賞玩せし程に、諸人眉を顰(ひそ)めて、「不吉の名なり」と沙汰せしが、果たして幾程もなく国崩れて、大友氏は滅びたり(『豊薩(ほうさつ)軍記』)。

 然れば、本邦の言には、「時と所に因りて、言ふと言はぬ」とあり。また、言を代へていふ事もあり。例へば、婚礼には「去る」「離る」といふ言を忌み、船中にては「沈む」「溺る」といふ言を忌む類、また言を代ふるは、「蛇」を夜間には「長虫」といひ、「酢」を夜間には「阿麻里」といひ、「塩」を夜間には「波の花」といひ、「燈心」を夜間には「痩男」といふ類の如し。然れば、もし言ふまじき言を発したる時には、言ひ直す事もあり。

 また、家建、田植など、総て物の祝ひには、吉事を述べて祝ひ、年の始めに、万歳の家毎に来て寿詞(よごと)を唱ふるも、古風の遺れるなり。かの源義経の、平家を追ひて阿波国に至り、「勝浦」といふ地名を聞きて、小躍りして悦び勇みしも、言占(ことうら)の兆を思ひてなり。
 然ればまた、人名に吉凶を説き、事物の言に就きて将来の吉凶を占ふも、皆言霊を思へばなり。この故に、本邦の人は、人語のみにはあらず、鳥獣の声にさへ、耳を峙(そばだ)つる事もあるなり。

 また、外国人は本邦人の言語に敬語の多きを訝りて、羅馬(ローマ)教師の、法皇に送りし文書にもその事を記して、「日本の言語は、一種壮(さか)んにして、且つ美なり。ラテン、ギリシャに優れる事疑ひなし。然れども、人々の対話中に、敬語といふ物あり。相対する人の品位に依りて、用ふる所、自ずから異なり。例へば、賤人の貴人に対する、若者の老人に対する、公務と私事とを語る、皆一様ならず。一語にして、貴人の口より発(い)ずる時は軽侮(けいぶ)の言にあらずと雖も、賤人・平人の口より発ずると、女人の口より発ずるとに依りて、語意を異にする事あり」などいへり(『日本西教史』)。

 敬語の国にあるは、特に国に尊敬すべき人の在りての故にて、特に尊敬すべき人無き国には、固より在るべきにあらねば、国民の敬語を呼ぶは、国性を呼ぶと同じければ、外国人の評に惑ひて、言語を疎かにすべからず。
 今日、一家にても、親・夫の子・婦に対する言もあり、子・婦の親・夫に対する言もあるは、君の民に対する言、民の君に対する言の、人家にも移りしにて、自然と国風と為りしなり。
 また、この敬語は、今日、日常の交際の上にも在りて、他人を呼ぶにも用ひらるゝは、自卑他尊は人の美徳にして、愛慕親睦の情を表するに、よく適へばなり。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:扶桑皇典
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00126 2011.9.09
返矢の神術
「ここに高木神(たかぎのかみ)、「この矢は天若日子(あめのわかひこ)に賜ひし矢なり」と告(の)りたまひて、即ち諸(もろもろ)の神等(かみたち)に示(み)せて詔(の)りたまはく、「もし天若日子、命(みこと)を誤(たが)はず、悪しき神を射たりし矢の至りしならば、天若日子に中(あた)らざれ。もし邪心(きたなきこころ)有らば、天若日子この矢にまがれ」と
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00125 2011.9.4
第二の神使、天若日子降る
「ここを以て高皇産巣日神(たかみむすびのかみ)、天照大御神、また諸(もろもろ)の神等(かみたち)に問ひたまはく、「葦原中国(あしはらのなかつくに)に遣(つか)はせる天菩比神(あめのほひのかみ)久しく復奏(かえりごとまお)さず。また何れの神を遣はさば吉(よ)けむ。」ここに思金神(おもいかねのかみ)答白(まお)しけらく、「天津国玉神(あまつくにたま
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00117 2011.7.24
マジナヒの玄理
「大己貴命(おおなむちのみこと)、少名彦命(すくなひこなのみこと)と力を戮(あわ)せ、心を一つにして天下(あめがした)を経営(つくり)給ふ。また顕見蒼生(うつしきあおひとくさ)及び畜生(けもの)のために、すなはちその病を療(おさ)むる方(のり)を定む。また鳥獣、昆蟲(はうむし)の災異(わざわい)を攘(はら)はむためには、すなはち禁厭(まじない)
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00102 2011.5.6
稲羽の白兎の伝承(1)
「かれ、この大国主神の兄弟(あにおと)八十神(やそがみ)ましき。しかれども皆、国は大国主神に避りまつりき。」『古事記』

 「八十神(やそがみ)」とあるのは八十柱の神というわけではなく、「数多くの神」という意味です(「八百万の神」と同じ)。つまり、八島士奴美神(やしまじぬみのかみ)には数多くの御子神がいましたが、その中の一柱が大国主神であり、
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0089 2011.2.28
桃の神秘
 「時間(とき)」というものが星々の運行によって生まれることは前述しましたが、 #0027【ビッグバン以前の宇宙】>> 日本では古来より、季節の移り変わりに応じて神祭や祓い清めの行事が行われてきました。 #0018【「はらひきよめ」という日本文化】>> 

 暦の上では正月を新春と呼びますが、自然界が本当に春らしい陽気
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0084 2011.2.7
五十猛神の功業
「この時、素盞鳴尊(すさのおのみこと)、その子(みこ)五十猛神(いそたけるのかみ)を師(ひき)ひて新羅国(しらぎのくに)に降到(くだ)りまして、曾尸茂利(そしもり)の処(ところ)にましまして、すなはち興言(ことあげ)して曰(のたま)はく、「この地(くに)は吾(あれ)居(お)らまく欲せず」とのたまひて、遂に埴土(はに)を以て舟を作り、乗らして東に
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0074 2010.12.24
衣食の道、開かれる
「この後、天照大御神、復(また)天熊人(あまくまのうし)を遣(つか)はし往(ゆ)きて看(み)せしたまふ。この時、保食神(うけもちのかみ)、実(まこと)に已(すで)に死(まか)りたり。唯、その神の頂(いただき)に、牛馬化為(な)り。顱(ひたい)の上に粟(あわ)生(な)り。眉の上に蠒(かいこ)生り。眼の中に稗(ひえ)生り。腹の中に稲生り。陰(ほと)
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0042 2010.7.16
言葉のもつ力
 心中の想念は魂魄(こんぱく)のはたらきによって起こるものですが、その想念や祈りを表現する言葉もまた霊なるものであることはいうまでもありません。 #0015【人間の本性は善か悪か?(1)】>> #0016【人間の本性は善か悪か?(2)】>> #0017【心の中の葛藤とは?】>>
 伊勢神宮の斎宮内親王(神祭を行う際
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(4)
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(16) -幸安の使命-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
扶桑皇典(34) -霊人-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
 
 以前の記事
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY