HOME > 扶桑皇典(20) -神祭-
 
 
#00490 2017.8.20
扶桑皇典(20) -神祭-
 
 
 先輩の説に、天下の国土・人民は、実は天照大御神の御物(ぎょぶつ)にして、天孫はそれを治め給ふ御職なれば、天下の事は自然に、神事を以て第一とせらるゝ事なり。 #0477【扶桑皇典(7) -天孫の降臨・上-】>> #0478【扶桑皇典(8) -天孫の降臨・中-】>> #0479【扶桑皇典(9) -天孫の降臨・下-】>>
 然れば、上世は天皇御自身に神事を行はせられて、国民の安穏を祈らせ給ひ、毎年六月と十二月の晦日(みそか)には、国民の禍事(まがこと)罪穢れを祓ひ給はん為に、大祓といふ神事をも行はせられて、参集せる諸人にも、その詞(ことば)を読み聞かせ給ひし事なり。今の大祓詞(おおはらえのことば)といふはそれなり(『玉襷(たまだすき)』)。 #0200【清明伝(3) -大祓祭の意義-】>>

 然れば、神事を荘厳にして神慮を慰(なご)め奉るは、古来の国民の心にて、紀伊国熊野の祭には、花ある時は花を以て祭り、鼓打ち、笛吹き、幡旗(はた)立て、歌ひ舞ひて祭る事なり。
 佐藤信淵(のぶひろ)の説に、「予(よ)、遊歴中、諸国にて田舎祭を観たるに、極めて快哉愉楽、大噪にして、老若男女、皆我が身を忘れて歓呼(かんこ)舞踊する事、恰(あたか)も狂せるが如くなりき」といひ、また諸国諸村には産土神の社あれば、必ずその社の祭礼ありて、その祭礼には必ず神を勇め奉る所作として、氏子皆悉(ことごと)く歓呼舞踊して楽を極めたり。

 然れば、祭礼には神主等、祝詞を読み終れば、氏子は神輿を昇り出し、大勢群集して前後左右を囲繞(いじょう)し、法螺(ほら)を吹き立て、鐘・太鼓・桶・鉢などを打ち鳴らし、大噪して歌ひ舞ひ、歓呼の声、天地を震動して、郷里を巡行すべし。
 かくする時は、神も大いに勇み立ちて楽しみ給ひて、彊(かどり)なく、吉祥を降し給ひ、氏子もまた皆大いに賞与して歓び勇むべし。万人の遣悶は、この神事より妙なるはなし。
 不昧軒(ふまいけん)翁(佐藤信景先生)いふ、「凡そ田舎祭の極意は、その所の民心を産土神に糾縛(きゅうばく)して、その郷に綁着(ほうちゃく)さする霊法なり。故に神事の閙(とう)なる里に生まれたる人は、生涯その故郷を恋慕して、離るゝ事能(あた)はざる者なり」と、知言といふべし(『農政本論』)。
 然れば、田舎祭は氏子を氏神に結び付くる霊法なりとは、世に珍しき解説なれども、既に国民に氏神・氏子の称ありて、氏神は氏親として祀られてあれば、その氏子の散亡を予防すべき目的の為には、祭礼を荘厳にするのみに止まらず、その祭礼には祭神に因縁のある事をも用ひ、或はその地の習俗の行事を加ふるなどの事も有るべし。 #0486【扶桑皇典(16) -産土神及び氏神・上-】>> #0487【扶桑皇典(17) -産土神及び氏神・下-】>>

 今、次に二、三の田舎祭を述べて、その大概を知らしむべし。
 紀伊国海草郡上和佐村の丹生(にう)明神の笑祭(わらいまつり)といふ御祭礼は、毎年十月初の卯日なるが、この日には、名産の柿、蜜柑などを一個ずつ貫きたる竹串数十本を、一斗入の升の中に挿し、真中には御幣(ごへい)を立てたるを、その里の長老捧げ持ち、また同じやうに一斗入の升に挿したるを、次の人捧げ持ちて、幾組ともなく立ち続き、最後には長き竹竿の梢に種々の果物を刺し連ね、中間には御幣立てたるを高く捧げたる童部(わらわべ)、幾組ともなく従ひ行きて、その童部の次第に神前に至れる時、長老一声、「笑へ」と号令すれば、皆一斉に笑ふ。
 その笑ふ故は、この明神の、或る年の十月、出雲の大社に参集し給ふに、その期に遅れ給ひしかば、その事を笑ふなりといふ(『紀伊国名所図会』)。 #0252【『幽界物語』の研究(22) -出雲の大神-】>>

 また、京都の祇園社に、毎年十二月晦日の夜、削懸(きりがけ)といふ神事あり。この夜、参詣の貴賤は、通り違ひに、互ひに悪口雑言(あっこうぞうごん)して罵り合ふ事なり。闇中の事にて、誰を相手ともなければ、棒千切木(ぼうちぎりき)の沙汰もなく、唯、詞(ことば)戦ひのみなり。
 然れども、言ひ負くれば凶事あり、言ひ勝てば吉事ありとて、我遅れじと競ひたちて争ふ事なりといふ(『本朝俗諺志(ほんちょうぞくげんし)』)。

 また、出羽国大泥村に、毎年四月八日、芝祭といふ事あり。何神の祭にか、その日は一山四十八寺の山伏、社辺の大きなる池の側に来(きた)りて、咒文を唱へて祈る事ありて、祈り終る時には、傍の芝、四、五尺ばかり、自ら裂けて、池の水上に浮かび漂ふ。これをその地の人は、芝舟と呼べり。
 この時、山伏ども、声々に「寛々(ゆるゆる)と遊び給へ」といへば、暫くためらふ。さて、程もなく本(もと)の所に漂ひ還りて、地に愈(い)えつく事、実に不思議なりといふ(『諸国里人談』)。

 また、美濃国武儀(むぎ)郡、須原神社の祭礼は、毎年十一月晦日にて、この祭儀には神憑(かむがかり)と為る神人ありて、その神人を勤むる人は、前より久しく潔斎して、祭日にもなれば河に入りて、垢離(こり)を取る事七十五度、その間も極めて神々しきに、垢離をはりて祭場に立ち、榊の枝を執りて神拝して、神迎へといふ神歌を歌ふと共に、忽ち一陣の風吹き起りて、既に夢中になれる神人を空中に引き上げんとする程に、傍に居る数多(あまた)の人は、袖に縋(すが)り、裾を押さへなどして引き止めんとするに、神人の全身震ひ出でゝ、榊の葉も振り落とすばかりなりといふ。
 往年、この神人を引き止むる事能(あた)はずして、終に空中に引き上げられたる事もありといふ(『想山著聞集』)。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:扶桑皇典
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00487 2017.8.2
扶桑皇典(17) -産土神及び氏神・下-
 氏神の、氏子を恵み給ふ事は、その人の生涯のみならず、死後に至りても守り給へる事を、矢野(玄道)翁は特にいへり。 #0265【『幽界物語』の研究(35) -産土神について-】>>
 その詞に、近世の事なるが、餝屋(かざりや)米蔵といふは遠江国(とおとうみのくに)の人なりけん。秋葉山の異人に伴はれて奥州に赴きて、或る山中に居(おり)たる程
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00486 2017.7.26
扶桑皇典(16) -産土神及び氏神・上-
 産土神とは、尾張の盧入姫(いおきのいりひめ)の誕生地の神社を宇夫須那(うぶすな)社といへるが如く(『尾張国風土記』)、その人の生まれたる地の神にて、即ち鎮守神を申せり。
 然れば、産土神は、その地勢・方角に従ひて、その霊も異なる故に、産物にも異なる物あり、人物にも容貌・言語・心志・気性などの同じからぬもあり。

 出雲国島根郡神埼の窟中(く
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00479 2017.6.13
扶桑皇典(9) -天孫の降臨・下-
 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)は、笠狭(かささ)の御碕(みさき)におはせる間(ほど)に、大山祇神(おおやまづみのかみ)の御女(みむすめ)・木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)と申す姫神を御后として、火須勢理命(ほすせりのみこと)・火遠理命(ほおりのみこと)と申す二柱の御子を生ませ給ひしに、火須勢理命は海幸彦として、自ら海の物を獲給ふ幸おはし
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00478 2017.6.7
扶桑皇典(8) -天孫の降臨・中-
 高皇産霊神・天照大御神は、大国主神の、この御国を天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に奉り給ひしからに、瓊瓊杵尊を葦原中国(あしはらのなかつくに)に降し坐さんと為させ給ひて、天照大御神は、三種(みくさ)の神器(かむたから)を瓊瓊杵尊に賜ひ、殊に神鏡を賜ふ時には、宝祚(ほうそ)の無窮を宣(のたま)はせ、高皇産霊神は供奉(ぐぶ)の諸神の棟梁たる天児屋
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00477 2017.6.1
扶桑皇典(7) -天孫の降臨・上-
 高皇産霊神・天照大御神は、神議の御事ありて、伊邪那岐大神の、素戔嗚尊に依(よさ)し給ひし海原の事は、天照大御神の御子に知聞(しろしめ)させんとして、その降し坐させん地を選ばせ給ふに、八十国(やそくに)はあれど、穂之狭別嶋(ほのさわけしま)は、国中の真秀(まほ)国、国中の美国なり。 #0121【幽顕分界の気運高まる】>>

 この
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00252 2013.9.11
『幽界物語』の研究(22) -出雲の大神-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「世に、十月には諸国の神たちが皆出雲大社へ集会し給うことによってこの月を神無月というが、出雲国だけは神在月という。実にそのような理(ことわり)が有るのか。」

幸安 「このことは師の利仙君より承っています。毎年十月には、諸
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00200 2012.11.6
清明伝(3) -大祓祭の意義-
 毎年6月及び12月の晦日には、宮中及び全国の神社で大祓祭が斎行されますが、これは半年間の人の世の一切の罪穢れを祓い清めるため、祓戸神(はらえどのかみ)たちに祈請する神祭です。 #0199【清明伝(2) -心の祓い清め-】>>
 この大祓の神術の起源は、天照大御神の天石屋(あめのいわや)隠れの段(くだり)で、須佐之男命の罪の解除を行う
カテゴリ:清明伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
幸福な人生をおくるために
『古事記序文』解説(1)
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『古事記序文』解説(4)
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
 
 以前の記事
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY