HOME > 扶桑皇典(39) -人は神に似たり-
 
 
#00509 2017.12.15
扶桑皇典(39) -人は神に似たり-
 
 
 顕幽分界の後は、神も人も相接近する事を得ずと雖(いえど)も、神は時としては化現(けげん)もし給ひ、神憑かりもし給ひ、また夢想をも用ひ給ひ、神使をも命じ給ひ、物の兆しを以て示し給ふ事あれども、人は神に請ふ事ありても、祈願と卜筮(ぼくぜい)との外(ほか)には得せず。 #0480【扶桑皇典(10) -幽顕分界-】>> #0481【扶桑皇典(11) -幽政の神廷・上-】>> #0482【扶桑皇典(12) -幽政の神廷・中-】>> #0491【扶桑皇典(21) -神憑-】>> #0492【扶桑皇典(22) -卜占-】>> #0493【扶桑皇典(23) -神異-】>> #0498【扶桑皇典(28) -夢及び幻影-】>>

 然れども、人も神の生(な)し給へる物なれば、自然に神に似たる方もありて、稀には肉眼ながら疫神などを見得る人あり。
 『政事要略』に、貞観(じょうがん)三年、三善何某の、病にて危篤なりし時、阿波国より来(きた)る媼(おうな)は、よく鬼を視ると聞こえしかば、妻なる人、媼を語らひて病床に引きて見せしに、媼の言ふには、「病床には鬼物の外に、一人の丈夫の、その貌(かたち)、何某に似たる人居(おり)て、大いに怒りて鬼物を追却したり。この丈夫と見えしは、氏神ならん」と語りしかば、一家はまた氏神をも祈りしに、媼の再び、「丈夫は鬼物を追却して、阿波の鳴門を過ぎたり」といひし程に、病も本復したりといふ(『志斐賀他理(しいがたり)』)。
 また、神の如く縮地の術を得たる人もあり。橘南谿(なんけい)の説には、京の大仏辺りに住みし老人は、須臾(しゅゆ)の間に数百千里の道を往来する術を得たりしかば、老後に至りて、その術を伝ふべき人を求めたりといふ(『北窓瑣談(ほくそうさだん)』)。 #0446【『本朝神仙記伝』の研究(64) -京都仙翁-】>>

 また、神の如く、他人の心中に思へる事を知りたる人もあり。何時なりけん、白山に住みたる三人の僧の中の一人は、結縁(けちえん)の人来りて、未だその詞(ことば)も述べぬに、予てその人の心中を知れりといふ(『続古事談』。
 また、或る僧は、人の心中の事を知りてよく言ふとて、誰も彼も言ひ当てさせしに、或る人、その事を山鹿素行(やまがそこう)に語りて、「足下(そっか)も試み給へ」といふを、その頃は素行もまだ若年なりしに、勧められて辞(いな)ぶも聴かざれしかば、「然らば」とて、僧に向ひて、「我が心中を言ひ当てられよ」と試みたるに、僧は山鹿を見て、「今日は免れされたし」とて逃げ去りしかば、諸人は不思議に思ひて、「何人(なんびと)の心中をも言ふ僧にして逃げしか」とて、その事を素行に聞けば、素行の言ふには、「かの僧は我が心中を知りて逃げしなり。それは、もし我が心中を一言にても知りて言ひしならば、抜き討ちにせんと思ひたるを知りたる故なり」と語りたりといふ(『甲子夜話』)。

 また、上野(こうずけ)国高崎にもかゝる僧ありて、その僧は、人の手に握りたる物を、銭にもせよ玉にもせよ忽ち取るを、防ぎ得る者無かりしかば、僧の言ふには、「然らば、自身の取らんとする手を、小刀を以て突き刺して見られよ」といひて取るに、突き刺す事も出来ざりしを、或る士人、その席に居て見て在りしが、「然らば、我が掌中の物を取り試みられよ」といひて、右手に小刀を持ち、左手を拳にして差し出したるを、僧はつくづく視て、「貴下のは取る事能(あた)はず」といひて取らざりしかば、後にその故を問へば、僧の言ふやう、「かの人は、我が取る手を刺す為に、自身の手をも貫かんと決心したれば、取らざりしなり」と答へたりといふ(『耳袋』)。

 また、直(じか)に神と結婚せし人もあり。万治三年の夏の頃、上野国四万の里の山中にて、道に迷ひて山神の女(むすめ)に遇ひしに、妖怪退治の為なりしが、遂に山神の女に媾(まぐわ)ひて、一子を生ませて、妖怪を滅したる事あり(『剪燈実話』)。
 また、前にいへる美濃の少女の如きは、肉身ながらに山神と為り、由比源蔵は全く仙人とも為りたり。 #0504【扶桑皇典(34) -霊人-】>>
 また、数百年の長寿を保てる人もあり。筑前国遠賀郡(おんがのこおり)庄ノ浦の女人は、法螺貝の肉を食ひし故か、安徳天皇の御代の頃を知り居て、近世までも存(ながら)へ居たる由(よし)なり(『見聞雑録』『倭文麻環(しずのおだまき)』) #0416【『本朝神仙記伝』の研究(34) -津軽女仙-】>>
 また、天明年中、或る人の、備中国賀陽郡の山中にて遇ひし老人夫婦は、後醍醐天皇の御代の事を語りたりといへば、その年齢も推し量りつべし(『百家琦行伝』)。 #0423【『本朝神仙記伝』の研究(41) -郷谷長生夫妻-】>>

 また、人は神仙に伴はるゝ事もあるが、その伴はるゝには、体行とて肉体ながらに行くと、気行とて神魂(たましい)のみ行くとの別ありて、神魂のみ行く時は、自然に青色の平袖の衣服を着、木履をも穿き、人相は体行も気行も異ならねど、肌膚などは、気行の時は清く美しく為るといふ(『幸安仙界物語』)。 #0232【『幽界物語』の研究(2) -幸安の幽顕往来-】>>
 この神魂のみ行くといふも、即ち神と似たるなり。然れば、人は実に万物の霊長にして、殆ど神の類なれば、その神魂の奇霊(くしび)なるは、一念の向ふ所は、その人にも知られざる奇瑞(きずい)を現すなり。

 会津の松平下野守(しもつけのかみ)の家人・吉村清兵衛といふは、主人の供(とも)を命ぜられて在りしに、その日、時刻に遅れたるに驚きて、一散に夢中に走りて、会津の城外に河の在るを忘れて、辛うじて追ひ付きたりしを、帰路には船にて渡れるを見て、初めて心付きて、「前には、いかにしてこの河を渡りしか」と訝(いぶか)れりといひ、また、酒井何某の家人の鷹匠は、主人の秘蔵の鷹を反らして狼狽したるに、鷹は河向ひの森に居るを見て、宙を飛びて森に入りて、鷹を居(す)ゑ得たりしを、これも帰路には大河に遮られて渡られず、二里余りの道を廻りて、船にて帰りたりといふ。この河は名に負ふ利根川なり。いかにして前には越えたりしかと、自身も怪しみ、諸人も不審に思ひたりといふ(『因果物語』)。

 然るに、この神魂は、一定不動なるにはあらず、分離しては遊魂と為りて、体外にも出ずる事あり。或は念慮凝結すれば、強大なる物とも為り、或は散漫に委(い)すれば、漸次(ぜんじ)減少して弱小なる物とも為るを以て、よくその損耗散逸を予防せざる可らず。 #0222【尸解の玄理(1) -神化の道-】>>
 人の老衰して死亡するに至るも、皆この神魂の減少するが為にて、かの百三十歳の長寿を保ちし渡辺幸庵の老後の言にも、「余(よ)も、この度の煩ひは、心気共に減り減りしての上なれば、本復は難し」といひしは(『渡辺幸庵対話』)、神魂の減少し行けるを、心に深く感じたれば言ひしなり。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:扶桑皇典
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00482 2017.7.1
扶桑皇典(12) -幽政の神廷・中-
 さて、神は人に対しては、かく種々の事も為(せ)らるれども、人は神に対しては、祈願と卜占(ぼくせん)とのみなれば、全く神の御事は知る事能(あた)はず。然れども、人も皇産霊神の霊徳に依り、産土神の神慮に依りて生まれ来(きた)る者なれば、上下尊卑の品こそあらめ、人もまた神なり。唯、その顕界に属せる肉身に舍(やど)れる為に、幽界を見る事能はざるなり。
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00481 2017.6.25
扶桑皇典(11) -幽政の神廷・上-
 天孫・瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の御降臨と大国主神の御国譲により、人間界は顕事(あらわごと)・幽事(かくりごと)の二途に分かれて、神・人、各々その境を異にせり。顕事とは人の耳目に触るゝ一切の事をいひ、幽事とは人の耳目に触れぬ一切の事をいふ。 #0480【扶桑皇典(10) -顕幽分界-】>>
 然れば、顕幽相分かれて後は、神も人も互ひに
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00480 2017.6.19
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
 神代といふを、人ならぬ神の時代と思へるもあり、唯、何となき上代の事と思へるもあり、また朝鮮の太古の称ならんと思へるもあり、高天原の事ならんと思へるもあるは、神代といふ事、日本にのみ有りて、外国の歴史に無ければにて、その神の時代と思へるは、神の御事の多く見えたるが為にて、唯、上代の事と思へるは、外国の上古史にも不可思議なる記事ありて、神または神
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00446 2016.11.22
『本朝神仙記伝』の研究(64) -京都仙翁-
 京都の仙翁はこれまた何人(なんびと)たるを知らず、同地大仏の辺(ほとり)に住める老人にてありきと云ふ。

 始め柳川三省(やながわさんせい)、この老人と折々往来して心安く交はりしかど、異なる人とも思はざりしに、ある時老人、三省に向ひて、「某(それがし)も殊の外(ほか)老年に及びたれば、この世に久しく存在(ながらう)べしとも覚えず、然(しか)
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00423 2016.7.6
『本朝神仙記伝』の研究(41) -郷谷長生夫妻-
 郷谷(ごうたに)の長生夫妻は何人(なんびと)たるを知らず。光格天皇の天明年中、備中国賀陽郡木谷村と云へる所より行くこと凡そ三、四丁にして、郷谷と云へる所あり。同国の小官(こやくにん)、一人猟に出てこの郷谷の谷中に迷ひ入り、途方を失ひて只管(ひたすら)深く行く所に、忽然として白髪の老夫妻の出来るに遇へり。

 かの武士思へらく、これ必ず猿の年
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00416 2016.5.25
『本朝神仙記伝』の研究(34) -津軽女仙-
 津軽女仙は筑前国遠賀郡(おんがこおり)庄ノ浦の産(うまれ)なり。その父母詳らかならず、またその姓名を知らず。数百年の後、同国芦屋の商人何某が津軽に行きて、図らずもこの女仙に遇ひしに依りて、初めて世に知らるゝことゝなりたり。

 今その大要を挙げむに、筑前国遠賀郡の浦人どもの中にて、伊万里の瀬戸物を船に積みて諸国を廻り、商売を為す者あり。天明
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究 続きを読む>>
 
#00232 2013.5.14
『幽界物語』の研究(2) -幸安の幽顕往来-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「お前は常々神仙の幽境へその身のまま往来するそうだが、どのような術を使って行くのか。」

幸安 「いつでも闇の夜、または暁の頃に、仙境よりお指図があって行くのです。大体十六日に参るように定められています。私の方より行きたい
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00222 2013.3.16
尸解の玄理(1) -神化の道-
 前節の『神道宇宙観略説』において、人の帰幽後について美甘政和(みかもまさとも)先生による解説がありましたが、これは甚(はなは)だ略説のため、尸解(しか)の玄理と合わせてさらに詳しく考究してみたいと思います。  #0219【神道宇宙観略説(10) -物質万能から神霊万能へ-】>> #0220【神道宇宙観略説(11) -陰教と陽教
カテゴリ:尸解の玄理 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
『本朝神仙記伝』の研究(23) -小野篁-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY