HOME 
 
 
自然の摂理から生まれた学問である日本古学を「清風道人(せいふうどうじん)」が現代と未来に伝えていきます。
日本古学から学ぶ「自然の摂理」と「日本古来の精神」が次の豊かで健やかな世界を創るヒントとなることを願って。

会員登録をいただくと、タイトルにの付いている会員様専用の記事閲覧と、
「清風道人(せいふうどうじん)」への質問欄『Q&A(会員様のみ)』のご利用と過去の質問および回答を閲覧いただけます。
更新情報メールの配信をご利用頂けます。
会員登録はこちらから>> カードでのお申し込み 銀行振込でのお申し込み
#00844 2023.6.27
天地組織之原理(85) -天照大御神の石屋戸隠れ-
 或る人問ふ、御説明によりて葦原中国のことは大に参考を得たれば、次て「天石屋戸(あめのいわやど)」とあるは如何なるものなりや承りたし。

 答ふ、この「天石屋戸」とあるは、本居先哲は実の石窟には非ず、「石」とは只堅固なるを云ふ天磐船(あめのいわぶね)などの類にて、尋常の殿をかく云へるなるべしと説かれ、平田先哲はこれは真の石屋なり、前には常の忌
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00843 2023.6.21
天地組織之原理(84) -葦原中国は太古の地球-
「故(かれ)、こゝに天照大御神、見畏(みかしこ)みて天石屋戸(あめのいわやど)を閇(た)て刺しこもり坐しき。すなはち高天原皆暗く、葦原中国(あしはらのなかつくに)悉(ことごと)に闇(くら)し。これに因りて常夜(とこよ)往く。こゝに万(よろず)の神の声(おとない)は狭蝿(さばえ)なす皆満ち、万の妖(わざわい)悉に発(おこ)りき。」

 こゝに挙
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00842 2023.6.15
天地組織之原理(83) -天照大御神の大御心-
 或る人問ふ、御説によりて須佐之男命の御怒りのみならず、必ず保食神の御怒りは甚だしかるべしとのことは道理に於て然るべきが故に一応了解せり。尚照応の御説を俟て御質問にも及ぶべきが、この外(ほか)に伺ひ置きたきは、この時天照大御神の忌服屋の中に天斑馬(あめのふちうま)を剥ぎて落とし入れ給へるその「斑馬」と云ふは天津国にある馬と聞こゆるを、天津国にも
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00841 2023.6.9
天地組織之原理(82) -須佐之男命の乱行-
「こゝに速須佐之男命、天照大御神に白(まお)したまはく、我(あ)が心、清明(あかき)故に我が生めりし比古子(ひこみこ)(手弱女(たわやめ))を得つ。これに因りて言(まお)さば、自ずから我勝ちぬと云ひて、勝ちさびに天照大御神の営田(みつくた)の畔(あ)を離ち、その溝を埋め、またその大嘗(おおにえ)聞看(きこしめ)す殿に屎(くそ)まり散らしき。故(
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00840 2023.6.03
天地組織之原理(81) -尊信の目的-
 さてこゝに申し置くべきことあり。世に保食神の伝無かりせば、人間の生命を保つに第一たる衣食の起こる所の原因より禽獣魚類の大骨横位に成れる原理は素より、そのもの等が交合するに親子兄弟を別かたざる起因、又これ等のものが人間の為に万世に至るまで己の身体を犠牲に供すべき理由は、如何に人智を以て究理するとも世界中他にこれを知るべき道はあるべからざるを、吾
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00839 2023.5.28
天地組織之原理(80) -天地神祇の神恩-
 謹みて保食神(うけもちのかみ)の伝の前後を照らして考ふるに、この神は前々講述したる通り火神と土神の御間に生まれ給へる神にして、造化分担の御神業に於て禽獣虫魚の始祖を成し出で給へるのみならず、万世衣食の道は皆この神より起こりたるものなるを、この時は則ち天地開闢第三期の央(なかば)にて、既に衣食の大元はこの神の神体中にその元種を含み給へるを、開闢
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00838 2023.5.22
天地組織之原理(79) -衣食の道の起源-
『日本書紀』曰く、「この後天照大神、復(また)天熊人(あまくまのうし)を遣はして往きて看(み)せしめたまふ。この時保食神(うけもちのかみ)実(まこと)に已(すで)に死(まか)りけりき。唯その神の頂(いただき)に牛馬化為(な)る有り、顙(ひたい)の上に粟生(な)り、眉の上に繭(まゆ)生り、眼に稗生り、腹に稲生り、陰(ほと)に麦及び大小豆(まめあづ
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00837 2023.5.16
天地組織之原理(78) -太古の時間-
「然して後に復命(かえりごと)まおして、具(つばら)にその事を言(まお)す時に、天照大神、甚(いた)く怒りまして曰はく、汝(いまし)はこれ悪しき神なり、相(あい)見まくほりせず。乃(すなわ)ち月夜見尊(須佐之男命)と一日一夜(ひとひひとよ)隔て離(さか)りて住(ま)しましき。」

 須佐之男命は保食神を斬り給ひて後再び高天原に昇り給ひ、天照大
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00836 2023.5.10
天地組織之原理(77) -保食神の御功業-
『日本書紀』曰く、「既にして天照大神、天上(あめ)に在(ま)しまして曰(のたま)はく、葦原中国(あしはらのなかつくに)に保食神(うけもちのかみ)有りと聞けり、爾(いまし)月夜見尊(須佐之男命)、就(ゆ)きてみるべし。月夜見尊(須佐之男命)、勅(みことのり)を受けて降りまして保食神の許(みもと)に到りたまふ。保食神、乃(すなわ)ち首(かしら)を廻
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
#00835 2023.5.4
天地組織之原理(76) -皇上の大主権-
 或る人問ふ、御弁明によりて天安河の如何と云ふ疑点は初めて散じたり。御説の通りこの地球の外部は大体水玉の如きものなるに、内部に空虚の所もあり、又火気もあるを以ても、太陽はこの地球より数百万倍も大なるものなれば必ず内部には何かあるべき理(ことわり)なるは、この地球を以てもこれに数百万倍の国土もあるべき理なるは推歩の上より道理を推すも考へ及ぶべきこ
カテゴリ:天地組織之原理 続きを読む>>
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89  最初の記事    最初の記事からのリスト

 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)新規会員登録停止のご案内
  

◎『日本古学アカデミー全集 第三巻』が出版されました。
  

◎『日本古学アカデミー全集 第二巻』が出版されました。
  

◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎縄文時代について
◎カード占いについて
◎「福寿光無量」について(二)
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
神通の玄理(1) -霊魂凝結の道-
仙去の玄法(1) -日本武尊の尸解-
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
宮地神仙道修真秘訣(1) -神識と魂魄-
天地組織之原理(116) -皇産霊神の長子-
天地組織之原理(111) -造化と神政-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
天地組織之原理
 
 以前の記事
2024/2
2024/1
2023/12
2023/11
2023/10
2023/09
2023/8
2023/7
2023/6
2023/5
2023/4
2023/3
2023/2
2023/1
2022/12
2022/11
2022/10
2022/9
2022/8
2022/7
2022/6
2022/5
2022/4
2022/3
2022/2
2022/02
2022/1
2021/12
2021/11
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY