HOME 
 
 
自然の摂理から生まれた学問である日本古学を「清風道人(せいふうどうじん)」が現代と未来に伝えていきます。
日本古学から学ぶ「自然の摂理」と「日本古来の精神」が次の豊かで健やかな世界を創るヒントとなることを願って。

会員登録をいただくと、タイトルにの付いている会員様専用の記事閲覧と、
「清風道人(せいふうどうじん)」への質問欄『Q&A(会員様のみ)』のご利用と過去の質問および回答を閲覧いただけます。
更新情報メールの配信をご利用頂けます。
会員登録はこちらから>> カードでのお申し込み 銀行振込でのお申し込み
#00539 2018.6.13
神剣之記(2) -神器の威霊の発動-
 敬みて水位先師の神剣考証の御手記を拝するに、「伊邪那岐大神の帯びさせ給いし厳(いつ)ノ尾羽張(おはばり)ノ剣こそはこの天沼矛その物なるべし」と言及せられているのであります。 #0538【神剣之記(1) -地界修理固成の大神業-】>>
 この天剣を沼矛と称えし所以(ゆえん)は、「矛てふ物は兵器なれど、この時は人草も無ければ矛の用ある事
カテゴリ:神剣之記 続きを読む>>
 
#00538 2018.6.7
神剣之記(1) -地界修理固成の大神業-
(清風道人云、この『神剣之記』は、神仙道本部を主宰された清水宗徳先生(道号・南岳)が、「天沼矛(あめのぬほこ)は韴霊剣(ふつのみたま)なりとの師説を承けて」と副題されて、昭和二十七年十二月三十一日付の広報誌上で公開された論考です。 #0382【水位先生の門流(4) -道統第四代・南岳先生-】>> )

 我が大地は伊邪那岐大神及び伊邪
カテゴリ:神剣之記 続きを読む>>
 
#00537 2018.6.1
君子不死之国考(10) -君子不死之国の遺風-
 さてまた、この不死之国の本邦なるに、思ひ合すべきことあり。
 それは、『魏志』の『倭人伝』には本邦人の長寿なる事を挙げて、「ソノ人寿、或ハ百年、或ハ八、九十年」と云ひ、また『晋書』の『夷列伝』にも、「人、多ク寿シ百年或ハ八、九十年」と云ひ、『南史』の『列伝』にも、「多ク寿ナル者ノ、或ハ八、九十年ニ至リ、或ハ百歳ニ至ル」と云ひ、『梁書』の『列伝
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00536 2018.5.26
君子不死之国考(9) -徐福の伝承・下-
 然るに、この徐福が止まりたる地は、実際本邦に於て何処ならむと云ふに、松下見林(けんりん)の『異称日本伝』に、「夷州、澶州(せんしゅう)、皆日本ノ海島ヲ指ス。相伝フ、紀伊国ノ熊野山下、飛鳥ノ地ニ徐福ノ墳有リ。マタ曰ク、熊野新宮ノ東南ニ蓬莱山有リ、山ニ徐福ノ祠有リ。コノ祠、熊野大権現ニ属ス。権現ハ神代ノ明神ナリ。国史式条ニ書シテ昭々タリ。徐福、国
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00535 2018.5.20
君子不死之国考(8) -徐福の伝承・中-
 以上は、秦の徐福が来(きた)れる蓬莱山と云ふは、全く本邦の事なりとの考証なり。
 然るに、この考証を要するまでもなく、既にこの明治二十四年よりは、凡そ九百三十年の昔、漢土・後周の時代に於て、斎州・開元寺の義楚と云へる僧が編集せる『義楚六帖(ぎそろくじょう)』の「国城州市部」に、「日本国ハ、マタ倭国ト名ヅク。東海中ニ在リ。秦ノ時、徐福、五百ノ童
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00534 2018.5.14
君子不死之国考(7) -徐福の伝承・上-
 以上挙げる所は、多く漢籍を例証としてこれを云へり。然るにこの事、我が国史にもまたこれを載せたり。

 それは、『文武天皇紀』に、「慶雲元年七月一日、正四位下(しょうしいのげ)粟田朝臣真人(あわたのあそみまひと)、唐国ヨリ至ル。初メ唐ニ至ル時、人有リ、来(きた)リ問フテ曰ク、『何レノ所ノ使人ゾ』、答ヘテ曰ク、『日本国ノ使ナリ』ト。(中略)唐人
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00533 2018.5.8
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
 然るに、尭(ぎょう)の時代に成りたる『山海経(せんがいきょう)』に、本邦を君子之国とも不死之国とも載せ置きたるより、漢土にては、東海中に然る国在りとは普く人の信ずる所となりて、代々これを云ひたる者少なからず。 #0528【君子不死之国考(1) -概略-】>>

 中に就ても、まずこの考への初めに挙げたる、范曄(はんよう)の『東夷伝』
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00532 2018.5.2
君子不死之国考(5) -不死之民-
 かくて『山海経(せんがいきょう)』の不死之国の註に、「甘木(かんぼく)ハ即チ不死之樹。コレヲ食ヘバ老ヒズ」と云ひ、また『海外南経』の「不死之民ハ黒色寿ニシテ死セズ」と有る註にも、「員丘山有リ。上ニ不死之樹有リテ、コレヲ食ヘバ乃(すなわ)チ寿(いのちなが)シ」と有るを思ふに、不死之国・不死之民の同所なる事は、既に上に云へる如くなれば、この「甘木
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00531 2018.4.26
君子不死之国考(4) -不死之国の国王-
 今この説に因りて、皇孫命(すめみまのみこと)の降臨元年より葺不合命(ふきあえずのみこと)の御末年までを二千四百年とし、その内にて、上に云へる穂々出見命・葺不合命の御二代の御世、凡そ一千有余年を引き去る時は、残りの年数一千三百余年となる。これ即ち邇々芸命(ににぎのみこと)の御治世なり。 #0530【君子不死之国考(3) -皇孫命降臨の
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00530 2018.4.20
君子不死之国考(3) -皇孫命降臨の年代-
 さて、かく思ひ定めて、その地を漢土の東方に求むるに、かの国より東南は多く大洋にして、然る国の在るべきやうなく、たまたま琉球あれども、これを云へるとも聞こえず、また東北方には朝鮮・高句麗などの数国あれども、皆陸続きの国にして、またこれを云へりとも思はれず。 #0529【君子不死之国考(2) -君子不死之国は東方に在り-】>>
 さては
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54  最初の記事    最初の記事からのリスト

 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
『幽界物語』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-
『古事記序文』解説(4)
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『本朝神仙記伝』の研究(23) -小野篁-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-
神剣之記(1) -地界修理固成の大神業-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
 
 以前の記事
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY