HOME 
 
 
自然の摂理から生まれた学問である日本古学を「清風道人(せいふうどうじん)」が現代と未来に伝えていきます。
日本古学から学ぶ「自然の摂理」と「日本古来の精神」が次の豊かで健やかな世界を創るヒントとなることを願って。

会員登録をいただくと、タイトルにの付いている会員様専用の記事閲覧と、
「清風道人(せいふうどうじん)」への質問欄『Q&A(会員様のみ)』のご利用と過去の質問および回答を閲覧いただけます。
更新情報メールの配信をご利用頂けます。
会員登録はこちらから>> カードでのお申し込み 銀行振込でのお申し込み
#00531 2018.4.26
君子不死之国考(4) -不死之国の国王-
 今この説に因りて、皇孫命(すめみまのみこと)の降臨元年より葺不合命(ふきあえずのみこと)の御末年までを二千四百年とし、その内にて、上に云へる穂々出見命・葺不合命の御二代の御世、凡そ一千有余年を引き去る時は、残りの年数一千三百余年となる。これ即ち邇々芸命(ににぎのみこと)の御治世なり。 #0530【君子不死之国考(3) -皇孫命降臨の
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00530 2018.4.20
君子不死之国考(3) -皇孫命降臨の年代-
 さて、かく思ひ定めて、その地を漢土の東方に求むるに、かの国より東南は多く大洋にして、然る国の在るべきやうなく、たまたま琉球あれども、これを云へるとも聞こえず、また東北方には朝鮮・高句麗などの数国あれども、皆陸続きの国にして、またこれを云へりとも思はれず。 #0529【君子不死之国考(2) -君子不死之国は東方に在り-】>>
 さては
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00529 2018.4.13
君子不死之国考(2) -君子不死之国は東方に在り-
 「君子不死之国」の書を見たるは、全く『山海経(せんがいきょう)』を以て始めとす。然るに、この書は漢土に於ても古書中の最古書なるものにして、尭(ぎょう)の時代に成りたるものなり。 #0528【君子不死之国考(1) -概略-】>>

 而(しか)して、この書の成りたる所以(ゆえん)は、漢土の古代帝・尭の時、大洪水有りて、始め鯀(こん)を
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00528 2018.4.7
君子不死之国考(1) -概略-
(清風道人云、この『君子不死之国考』は、明治天皇の側近として宮内省式部掌典を務められた明治の神道界の重鎮で、また秘かに宮地神仙道の道統を継承された方全霊寿真・宮地厳夫先生が、和漢の諸書を編纂して我国の国史を考証し、明治二十四年二月九日に脱稿された論考です。 #0379【水位先生の門流(1) -道統第二代・方全先生-】>> 
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00527 2018.04.1
扶桑皇典(57) -人は長寿ならざる可らず-
 人生は、長寿ならざる可らず。長寿ならざれば、一家団欒も、富貴栄達の慶も来(きた)る可らず。然れば、一家団欒の楽、富貴栄達の慶を思はん人は、まず長寿より求めざる可らず。
 長寿を求めんとするには、必ず人身を知らざる可らず。人身は父母より受くるにはあれども、人身に舍(やど)れる主宰の神魂(たましい)は、皇産霊神(みむすびのかみ)の賦与し給へる物に
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00526 2018.3.26
扶桑皇典(56) -先祖祭-
 天神地祇を敬ふと、祖先を崇むるとは、同じ心ばへなれば、醍醐天皇は、式内の神社、また他の古社の、所在地の不明に為りたるを尋ねさせ給ふ傍には、官符を以て、「諸人の家々にて行ふべき二月、四月、十一月の氏神の霊祭を怠る可らず」と宣(のたま)ひたり。これ、国民は総て供奉(ぐぶ)の神の子孫にて、その祖先を祀る、即ち諸神を祭ると一般なればなり。

 然る
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00525 2018.3.20
扶桑皇典(55) -寿命及び禁厭・医薬の神-
 寿命を守り給ふ神は、磐長比売命(いわながひめのみこと)と申す。木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)の御姉命に坐して、大山津見神の御女(みむすめ)なり。 #0179【人寿が短縮された訳】>>
 この大神は、伊豆国加茂郡雲見岳、また信濃国浅間岳にも坐して、御名に負はせる磐の如く、常磐(ときわ)堅磐(かきわ)に坐せるを以て、古来
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00524 2018.3.14
扶桑皇典(54) -武事の神-
 武事を掌り給ふ大神は、武甕雷神(たけみかづちのかみ)・経津主神(ふつぬしのかみ)と申す。この大神たちは、伊邪那岐命の、火産霊神(ほむすびのかみ)を斬り給ひし時に、その御刀(みはかし)に因りて生(な)り出で給ひし大神にて、その宮は、武御雷神は常陸国鹿島郡にて、鹿島神宮と申し、経津主神は下総(しもうさ)国香取郡にて、香取神宮と申せり。 
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00523 2017.3.8
扶桑皇典(53) -海の神-
 海の神は、大綿津見神(おおわたつみのかみ)と申す。伊邪那岐命の御身滌の時に生(あ)れ出で給ひし大神にて、河海大小の神を総管し給へり。 #0061【祓戸四柱神の誕生】>>
 この大神の御社は、筑前国糟谷郡志加に坐して、海(わたの)神社三座と申す。猶、この海神(わたつみのかみ)の御社は諸国に在り。

 俗には海神の宮を龍宮と称へるが
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00522 2018.3.2
扶桑皇典(52) -山の神-
 山神は、大山津見神(おおやまつみのかみ)と申す。この神は、迦具土神(かぐつちのかみ)の御体より化(な)り給ひし大神にて、諸国諸山を守り給ふ、総ての山神たちを管領し給へり(『八十能隈手(やそのくまで)』。 #0055【神々の分体と合体】>>

 山神の、山を守り給ふは、山の草木のみにはあらず。山に棲む獣類をも守り、また管領し給ふが
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54  最初の記事    最初の記事からのリスト

 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『古事記序文』解説(4)
神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-
尸解の玄理(1) -神化の道-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
 
 以前の記事
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY