HOME > 怪異実話(6) -母の心願によって救われた人のこと-
 
 
#00290 2014.4.26
怪異実話(6) -母の心願によって救われた人のこと-
 
 
『奇談雑史』( #0285【怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-】>> )より(現代語訳:清風道人)

 下総国・羽鳥の里という所に、その名を周長という医者が住んでいましたが、心に叶わないことがあって世の中のことを厭(いと)い、山に入ってひっそりと暮らそうと思って秘かに家を出て甲州へ往き、身延山の奥にある七面山よりさらに山深く入って行きました。
 周長は松脂(まつやに)の粉末を袋に入れて持っていたため、それを舐めつつ木の下や岩の陰を宿としていましたが、日数を経るほどにその身はとても軽くなり、かくしてその身体に黄色の毛を生じて獣のようになりました。

 そうしたところ、怪異なことに故郷にいる母親の姿が目の前に現れて「国に帰れ」と勧めるように見え、その姿はたちまち消えもし、また現れては「国に帰れ」と勧めることがしばしばになりました。
 かくして周長が山に入ってから八十日ほど経た後、山を下りて人里を訪ね出ると、信州のある里に出ました。彼を見た里人はその恐ろしい姿形の恐ろしさに怪しく思いましたが、里人にその理由を告げて食物を乞い、食したところ、元のように身は重くなりました。

 それより周長は故郷に帰り、山にいた時に母の姿が現れて「故郷に帰れ」としばしば云われたことを畏(かしこ)んで戻って来たことを告げたのですが、母は滑川寺の観音へ裸足参りの日参を行って「我が子を国に帰らしめ給え」と一向(ひたすら)に祈っていたとのことでした。
 月日を数えてみると、山奥で母の姿形が見え始めた日と故郷で母親が滑川寺観音へ日参を始めた日とは同日で、これは全く母親の心願が届いたということでありましょう。

(清風道人云、この男を救うために出現した母親の姿は、息子を思う心願が凝結した分霊(分魂)と思われますが、その一念を凝らした祈りの力が強大であったため、肉眼に映じるほどの霊体となって息子の眼前に出現したのでしょう。 #0118【大国主神の幸魂奇魂】>> #0229【尸解の玄理(8) -「天意を自覚する」ということ-】>> #0258【『幽界物語』の研究(28) -参澤先生の霊的体験-】>>
 また、「仙童」寅吉によれば、各地の山々には山人界に属する幽境が存在し、その住人である山人たちによって人間の祈願が遂げられるとのことで、この奇跡は下総国・羽鳥の里及び信州・七面山を管轄とする山人による幽助があった可能性も大いに考えられます。 #0142【『仙境異聞』の研究(7) -人間の祈りの実相-】>>
 いずれにしても、清浄利仙君の言葉を拝借するならば「子孫のために祈るのは仁術」であり、息子のために一心不乱に祈り続けたこの母親は大いなる善徳を積んだことは間違いないでしょう。 #0256【『幽界物語』の研究(26) -積徳について-】>>
 『古事記』にも、大穴牟遅神の母神である刺国若比売命が息子の死を憂いて高天原に昇り、神皇産霊神にそのことを報告して再生すべき詔を請願し、その詔によって二柱の姫神が地界に降され、神術によって大穴牟遅神がさらに壮麗な男神として蘇生したという伝承が見えますが、我が子を思う親の純粋な祈りは必ず幽境に通じ、尊き神々をも感動させる霊徳を有しているものと思われます。 #0104【大国主神の受難】>> )
 
 
 
清風道人
カテゴリ:怪異実話
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00285 2014.3.27
怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-
 現代の常識では説明できない奇跡や怪異について記された書としては、古くは奈良時代の僧・景戒によって著わされた『日本霊異記』や、近年では柳田国男大人(うし)の『遠野物語』などが有名ですが、その柳田大人が最も影響を受けた書が、江戸時代の国学者・宮負貞雄(みやおいやすお)先生によって著わされた『奇談雑史』でした。

 この『奇談雑史』は、宮負先生が
カテゴリ:怪異実話 続きを読む>>
 
#00258 2013.10.17
『幽界物語』の研究(28) -参澤先生の霊的体験-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生より書簡で問 「弘化二(1845)年正月二十四日の夜、夢の中で前年十一月十九日に死んだ駒木根(こまきね)又一久富(またいちひさとみ)の家宅に参りました。かねて心に掛けていた幽冥のことを問い試みようと思い、家の裏口から竹垣の上を
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00256 2013.10.5
『幽界物語』の研究(26) -積徳について-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生より書簡で問 「私は軽い仕官で小身であり、家人が多いため内業も致したいのですが、幼少より諸人のためになることを致したい志願があり、農・工・商の業は好きではありません。ただ神教幽顕の大道によって人を導こうと存じ、その書を広め、か
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00229 2013.4.26
尸解の玄理(8) -「天意を自覚する」ということ-
 伊邪那岐大神の化生の大神術は、平田篤胤先生の言葉を拝借するならば「その大御霊(おおみたま)を一偏(ひとむき)に所念(おもお)し凝らし給ふ」ことに存しますが、この句の精粋を採ってみると「凝念」の二字となり、つまり化生の神術の根本は「念を凝らす」ということに帰着します。 #0049【化生神と胎生神】>>
 一偏(一向)に念を凝らす、
カテゴリ:尸解の玄理 続きを読む>>
 
#00142 2011.12.3
『仙境異聞』の研究(7) -人間の祈りの実相-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 :ある時、門人で貧困な者たちが二、三人集まって、互いにため息をつきながら苦労話をしていたところ、寅吉がそれを聞いていて、次のように語った。

寅吉 「人間というものは自分のことだけをすればすむと思っていましたが、自分の思う
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#00118 2011.7.29
大国主神の幸魂奇魂
「ここに大国主神愁(うれ)ひまして、「吾(あれ)独(ひとり)して何(いかで)かこの国を得作らむ。いづれの神と与(とも)に吾(あ)は能(よ)くこの国を相作らむ」と告(の)りたまひき。この時に海(うなばら)を光(てら)して依(よ)り来る神あり。その神言(の)りたまはく。「我が前(みまえ)を治めば、吾能(よ)く共与(ともども)に相作り成さむ。もし然(
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00104 2011.5.17
大国主神の受難
「かれ、ここに八十神(やそがみ)怒りて、大穴牟遅神(おおなむちのかみ)を殺さむと共に議(はか)りて、伯岐国(ははきのくに)の手間の山本に至りて云ひけるに、「赤猪(あかい)この山にあるなり、かれ、我共に追ひ下さば、汝(なれ)待ち取れ。もし待ち取らずば、必ず汝を殺さむ」と云ひて、火を以て猪(い)に似たる大石を焼きて転(まろ)ばし落としき。ここに追ひ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(4)
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(16) -幸安の使命-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
扶桑皇典(34) -霊人-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
 
 以前の記事
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY