HOME > 万国を開闢せし皇国の神々
 
 
#00119 2011.8.4
万国を開闢せし皇国の神々
 
 
 このあたりのこと #0114【少名彦那神の出現】>> ~ #0118【大国主神の幸魂奇魂】>> について補足する意味で、再度平田篤胤先生の論を掲載しておきたいと思います。

 少名彦那神が始め伊佐々(いささ)の小浜に依(よ)り来ませることは、皇産霊大神(みむすびのおおかみ)の御手俣より漏(くき)落ちまして外国(そとつくに)へ放れ給ひしが依り来ませるにて、粟の茎に弾かれて常世国(とこよのくに)に渡り給ふとあるは、また外国へ往き坐(ま)せるが、この神と入れ替れる如く、か(大国主神)の和魂(にぎみたま)大物主神(おおものぬしのかみ)寄り来ませるは、これまた早くより外国へ渡りてませしが還り来ませるにて、これは共に外国々を開闢(かいびゃく)経営せんとのことなるが、歌に「さひづるや常世からの八十国(やそくに)は少毘古那(すくなびこな)ぞ造らせりけむ」と詠まれ、記伝にもその説が記されたれど、この神にのみ非ず、実には伊邪那岐神、伊邪那美神、また須佐之男神、及び大国主神も渡りまして開闢し給ひてぞ有りける。

 皇孫命(すめみまのみこと)に国譲りまして後に往きませるはその和魂ならで、(出雲)大社に鎮まりませる全体の御魂(みたま)ぞ往きましける。それは常陸国(ひたちのくに)帰り来ませる時の御託に「大奈母智神(おおなもちのかみ)」と詔(のたま)へるは御本霊の御名なるを以てこれを知れり。(ある人この説を聞きて、「しからば神代の幽顕分かれし時代より斉衡三年(856年)までの間は、大穴牟遅神(おおなむちのかみ)この国に御まさねば、その霊異は有るまじき道理なるに、孝昭天皇、祟神天皇、垂仁天皇などの御世に、その全体の御名にて著(いちじる)しき霊異の御託など有りしはいかに」と云へるに、答へけらく、これは師説(本居宣長先師の説)に、神の御霊(みたま)がいくつにも分かれて同じように霊異を現すことを、一つの大いなる火をいく所にも同じように移し灯すに、元の火は減ることなく、移し分けたる火も同じように燃ゆることに例えられたる如くなれば、この国にその御本体はませど、その分魂(わけみたま)が外国に渡りて経営など為し給はむも何か疑はむ。しかれば斉衡三年に帰り来ませりとは云へど、なおその分魂のまさざる国は無しと知るべし。 #0024【幽顕分界という歴史的事実】>> #0035【神代第一期補遺(1)】>> )

 かくて漢土(中国)天竺(インド)を始め、その余の国々のことを記せる書等に、その事跡を知るべき伝有りやと考ふるに、間近き故にや、漢土には殊(こと)にその事跡正しく伝はり、かの太昊氏(たいこうし)とも伏義氏(ふっきし)とも、太真東王父(たいしんとうおうふ)とも、扶桑大帝(ふそうたいてい)とも云へるは大国主神にますが、その太昊氏に三才の本義を教へ、神農氏(しんのうし)に医薬の大法を教へ、黄帝、老子に養神金丹の真術を授けし泰乙小子(たいいつしょうし)、泰乙元君(たいいつげんくん)などと称せる神真(しんしん)は少名彦那神にぞありける。(またその泰乙小子を東海王清華小童君(とうかいおうせいかしょうどうくん)とも、東華大神青童君(とうかたいしんせいどうくん)、青真小童君(せいしんしょうどうくん)とも云ひて、その形嬰孩(えいがい、2、3歳の幼児)の如き神なる故に、神界にてかく名付くる由(よし)見え、扶桑国の方諸(ほうしょ)といふ山に住む由なり。扶桑国とは皇国(日本国)の事なること『扶桑国考』に記せる如くなるを、その扶桑国にまして幽界の大帝たる神は大国主神なり。) #0030【天地万物造化のはじまり】>>

 また、天竺(インド)の籍には大国主神が渡りませる事跡は見えねど、その幽冥(ゆうめい)を知り給ふことの訛伝(かでん、事実から変質した伝)はいと多く、少名彦那神はかの国を開闢し給へりと聞こへて、その事跡いと詳(つまび)らかに伝はりて、梵天子(ぼんてんし)と称し、童子天(どうしてん)とも申して、いわゆる梵志(ぼんし)の遠祖はその梵天子の口より生(あ)れ出たる由にて、その伝ふる学の高尚にして玄学の旨(むね)に叶へること、かの玄奘(げんじょう)が『西遊記』に梵志の学風を記載して、「博(ひろ)く精微を究(きわ)めて玄奥を貫窮(かんきゅう)し、人に大義を示して導くに微言を以てし、古(いにしえ)に博(ひろ)く、奥に居りて物外に浮沈し、事表を逍遥(しょうよう)して寵辱(ちょうじょく)に驚かず、知道を貴びて匱財(きざい、貧乏)を恥じず」とあるが、少名彦那神の神業に符(かな)へるを思ふべし。

 かくて漢土天竺共に我が皇神たちの開闢し給へる国なるが故に、漢土の玄学、天竺の梵学共にその根元は皆その神たちより出たり。これを以て玄学は更なり、梵学にも我が古説に伝へ漏らせる正義の採用すべきことは無きにしも非ず。(しかるに玄道には、かの「周」と云ひし世より狭意(さかしら)ぶる一見を捏出(ねつしゅつ)して儒道と号(なづ)くる道を建立せる厄あり、梵道にはその古説を盗襲して仏道と号(なづ)くる道を偽作せる厄あり、これを以て両国共に既にその古説は亡(ほろ)びむとするに至れり。)この二国の古道が我が神真に出たる由来を知り得むには、それに準(なぞら)へてその余の国々の開闢は更なり、その道の根元も我が皇神たちの伝説より出たる由縁(ゆえん)をも弁(わきま)ふべし。

 そもそも少名彦那神のことは玄学の古書どもに、「泰乙小子は大同の制を執(と)りて泰鴻(たいこう)の気を調(ととの)へ、神明の位を正す(神々の位階を改定する)者なり」とも、「青真小童君(せいしんしょうどうくん)は嬰孩(えいがい、2、3歳の幼児)の形貌なり、故に小童と号す。その器たるや環朗幽鑑(かんろうゆうかん)にて才また真俊(しんしゅん)たり。扶広(ふこう)に館し(住み)、玄圃(げんぽ)に遊びて仙職(神々や仙人)を治む」など有るにて、その神業が万国に普(あまね)くことを知るべし。(玄圃(げんぽ)とは、いわゆる崑崙山(こんろんざん)なり。扶広(ふこう)はまた方諸(ほうしょ)とも云ひて扶桑国内(日本国内)にある山の名なるが、いずれの山を云ふか詳(つまび)らかならず。)

 確かに、世界各国の古伝説を比較研究すると、日本を開拓啓蒙した神々が、その後、西へ西へと世界各地の人類世界を開闢していったように見えます。 #0092【世界太古伝実話(1) -神代という時代-】>> ~ #0100【世界太古伝実話(9) -道教に見える日本の神々-】>>
 さらに「不老不死の道」である古代日本の尸解(しか)法を追っていくと、まずその一部が古代中国で黄帝や老子に授けられて「養神金丹の真術」となり、さらにそれが訛伝してエジプトの遺体保存や西洋のカバラ、錬金術になっていったことがうかがわれます。 #0051【尸解の神術】>> #0109【須佐之男命の安心】>> 
 
 
 
清風道人
カテゴリ:日本の神伝
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00114 2011.7.09
少名彦那神の出現
「かれ、大国主神、出雲の御大(みほ)の御前(みさき)にます時に、波の穂より天之羅摩船(あめのかがみのふね)に乗りて、鵝(ひむし)の皮を内剥(うちは)ぎて衣服(きもの)にして、帰(よ)り来(きた)る神有り。ここにその名を問はすれども答へず。また所従(みとも)の諸神に問はすれども、皆知らずと白(まお)しき。」『古事記』

 この伝は大国主神が国造
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00109 2011.6.13
須佐之男命の安心
「ここにその妻須勢理毘売(すせりびめ)は、喪具(はふりつもの)を持ちて哭(な)きつつ来まし、その父の大神は、すでに死(みう)せぬと思ほしてその野に出で立たせば、すなはちその矢を持ちて奉りし時に、家に率(ひき)て入りて八田間(やたま)の大室(おおむろや)に喚(よ)び入れて、その頭(かしら)の虱(しらみ)を取らしめたまひき。かれ、ここにその頭を見れ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00100 2011.4.23
世界太古伝実話(9) -道教に見える日本の神々-
 この話は、大正3年に行われた宮地巖夫先生(1847~1918、宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められた明治における神道界の重鎮)による講話を筆記したものの一部(導入部分)を、僭越ながら、後学の徒、清風道人が現代語風におきかえたものです。( #0099【世界太古伝実話(8)-有形想像の妄説-】>> より続く)

 そもそもこの世界の大元の
カテゴリ:世界太古伝実話 続きを読む>>
 
#0092 2011.3.13
世界太古伝実話(1) -神代という時代-
 この話は、大正3年に行われた宮地巖夫先生(1847~1918、宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められた明治における神道界の重鎮)による講話を筆記したものの一部(導入部分)を、僭越ながら、後学の徒、清風道人が現代語風におきかえたものです。

 これより世界太古伝の実話をはじめたいと思いますが、それについて、まず申し上げておかなければならないことがあ
カテゴリ:世界太古伝実話 続きを読む>>
 
#0051 2010.8.29
尸解の神術
「かれ、伊邪那美神(いざなみのかみ)は火神を生みませるに因(よ)りて、遂に神避(かむさ)りましき。」『古事記』

 これは、火神を生んだことが原因で、伊邪那美神は遂に地下の幽府に入られたという伝ですが、これを後世の人間的な「死」のように考えるのは大きな間違いです。平田篤胤先生もこのことについて、「神避り」=「葬り去る」などの解説はまったくの誤
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0035 2010.6.10
神代第一期補遺(1)
「次に成りし神の名は、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、次に豊雲野神(とよくもぬのかみ)。この二柱の神も独神(ひとりかみ)と成りまして、隠身(かくりみ)なり。
次に成りし神の名は、宇比地邇神(うひぢにのかみ)、次に妹(いも)須比智邇神(すひぢにのかみ)。次に角杙神(つのくひのかみ)、次に妹(いも)活杙神(いくひのかみ)。次に意冨斗能地神(おほ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0030 2010.5.10
天地万物造化のはじまり
「天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時、高天原(たかまのはら)に成りませる神の名(みな)は、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、次に高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、次に神産巣日神(かみむすびのかみ)。この三柱(みはしら)の神は、みな独神(ひとりがみ)成りまして、隠身(かくりみ)なり。」『古事記』

 さて、天之御中主神 
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0024 2010.4.6
幽顕分界という歴史的事実
 日本の古伝によると、世のはじめ、いわゆる「神代」といわれる時代は、現在のように顕界(あらわよ)と幽界(かくりよ)とが判然と分かれていなかったために、神と呼ばれる存在と人間とが雑居する時代でした。 #0023【この世界だけがすべてではない】>> 
 「大祓詞(おおはらえのことば)」にも、「草の垣葉をも語(こと)止(や)めて」とある
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
神人感合説(1) -無神論-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
 
 以前の記事
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY