HOME > 神代第三期のはじまり -月の分体-
 
 
#0069 2010.11.30
神代第三期のはじまり -月の分体-
 
 
 神霊変化の時代ともいえる神代第二期に続いて、神代第三期は太陽と地球と月がしだいに整えられ、地球上に人間や動植物の原種が発生しはじめる天地定位種業興基の時代といえるでしょう。 #0048【神生みの時代】>>

「かれ、各(おのおの)依(よ)さしたまひし命(みこと)のまにまに知らしめす中に、速須佐之男命(はやすさおのみこと)よさしし国を治(し)らさず、八拳須(やつかひげ)心前(むなさき)に至るまで啼(な)きいさちき。」『古事記』

 神代第二期の終わりに化生した須佐之男命は、 #0049【化生神と胎生神】>> 天照大御神が太陽神界の主宰神として任命されると共に、初代地球主宰神である父神伊邪那岐神によって、地球の第二代主宰神として任命されました。 #0062【三貴子の誕生】>> しかし父神の命(めい)による地球修理固成の神業を、「八拳須(やつかひげ)心前(むなさき)に至るまで」つまり久しく時が過ぎたにもかかわらず全く行おうとせず、ただ泣き叫んでいるばかりでした。

「その泣きはかる状(さま)は、青山を枯山(からやま)の如く泣き枯らし、河海は悉(ことごと)に泣き乾(ほ)しき。これを以て悪神(あらぶるかみ)の音なひ、狭蝿如(さばえな)す皆満ち、万(よろず)の物の妖(わざわい)悉(ことごと)に発(おこ)りき。」『古事記』

 この伝は、須佐之男命が泣き叫ぶ神威によって地球上の水気が大量に減り、山野の草木もことごとく枯れ、多くの禍神(まがかみ)が出現して多くの災いが起こったという内容ですが、これは実に須佐之男命の地球と月にわたる修理固成の神業とうかがわれます。
 なぜなら、地球内部の黄泉国(よみのくに)の主宰神である母神伊邪那美神も、月が完成した後は黄泉国の本府を月へ移す必要がありましたが、 #0057【女神の御心 -母性愛の起源-】>> この時はまだ、神代第一期に生まれた「水蛭子(ひるこ)」と呼ばれる原始月球体が完全に地球から分離していない状態でした。それが「泣きはかる」須佐之男命の健(たけ)き神威によって、その原始月球体が完全に地球から分離し、 #0034【地球の修理固成】>> 「河海は悉(ことごと)に泣き乾(ほ)」し、つまり地球上の水気が月に引かれたために海面が下がり、後の人間や動植物が生息するための陸地が海上に隆起することになったものとうかがわれます。また、後に「月読命(つきよみのみこと)」の称号で須佐之男神が月界(黄泉国)の主宰神となることも、この月の分体を行った因縁によるものと考えられます。
 また、「これを以て悪神(あらぶるかみ)の音なひ、狭蝿如(さばえな)す皆満ち、万(よろず)の物の妖(わざわい)悉(ことごと)に発(おこ)りき」とは、地球内部の黄泉のモノたちがこの大変動によって地球上に現れたということで、つまり重濁なる月の分体による現象と考えられます。今の世の人でも、ひどく動揺し、取り乱して泣き叫ぶことによって黄泉のモノを呼ぶことができます。 #0006【太陽と月と地球の関係】>> #0044【祈りのメカニズム(4)】>> #0056【神々の怒り】>> 

 月は地球より分体したため、その後も地球の周りを旋回していますが、人類女性の始祖ともいえる伊邪那美神が月の内部の界(黄泉国の本府)に鎮まることによって、とくに女性の身体が月の運行と深い関係を有することも因縁といえるでしょう。 #0005【わたしたちの肉体は月と同質?】>> #0007【潮の干満と生命】>>

 わたしたち人類の文明は、石油や石炭などによって支えられてきたといっても過言ではありませんが、これらの化石燃料も、元々はこの地球と月の分界による大変動によって草木が枯れて土中に埋もれたことを発端として造化されたものと考えられ、その後の地軸の傾斜による大変動や、大洪水などの天変地異によって、長い年月を経てさらに人間やその他の動植物が生息するための地球環境が整備されていったことに深い感銘を覚えます。「災い転じて福となる」や「雨降って地固まる」などのことわざは、人間世界だけに当てはまるものではなく、宇宙規模の自然の摂理であることがわかります。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:日本の神伝
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0056 2010.9.23
神々の怒り
「ここにその妹(いも)伊邪那美命(いざなみのみこと)を相(あい)見むと欲(おもお)して黄泉国(よみのくに)に追ひ往(ゆ)きましき。ここに殿の滕戸(さしと)より出で向へし時、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)語りて詔(の)りたまはく、「愛しき我が汝妹(なにも)の命(みこと)、吾(あ)と汝(いまし)と作りし国、未だ作り竟(お)へず。かれ、還(かえ)るべ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0049 2010.8.19
化生神と胎生神
 「伊奘諾尊(いざなぎのみこと)、伊奘冉尊(いざなみのみこと)と共に大八洲国(おおやしまぐ)を生みたまひき。しかして後、伊奘諾尊、「我が生める国、ただ朝霧(さぎり)のみ有りて、薫(かお)り満てるかな」と曰(のたま)ひて、すなはち吹き撥(はら)はせる気(みいぶき)に化(な)りませる神の号(みな)を級長戸辺命(しなとべのみこと)と曰(まお)す。また
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0048 2010.8.14
「神生み」の時代
 『古事記』や『日本書紀』などの日本の神典は、今のわたしたちの常識から考えると不可解な内容が多く、大昔の科学が発達していない野蛮な時代の人が創作した小説のように思われますが、日本古学の玄理に照らし合わせて考察していけば、世界にも類を見ない、玄妙なる宇宙の摂理を伝えたものであることが明瞭になってきます。(一神教を信じる国々は、天災や戦乱によって神
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0044 2010.7.25
祈りのメカニズム(4)
 前に魂魄(こんぱく)について述べましたが、 #0015【人間の本性は善か悪か?(1)】>> #0016【人間の本性は善か悪か?(2)】>> #0017【心の中の葛藤とは?】>> 正神界に属する神が、幽界(かくりよ)より人の魂を助けて善を勧(すす)める場合もあれば、また黄泉国(よみのくに)に属する邪神が魄をそそのか
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0034 2010.6.3
地球の修理固成
 その後の「神世七代(かみよななよ)」と呼ばれる時代の最後に、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)と呼ばれる男徳(膨張力)と女徳(縮引力)をそなえた陰陽二柱の神が生まれ、別天の神より「この漂へる国を修理固成(つくりかためな)せ」という勅命を受け、「天沼矛(あめのぬほこ)」を賜わったことが『古事記』に記されています。 
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0007 2010.1.3
潮の干満と生命
 さらに、潮の干満は人間の肉体に関係があるだけではありません。地球上のあらゆるものにも、その影響は及んでいます。 #0005【わたしたちの肉体は月と同質?】>>  #0006【太陽と月と地球の関係】>>

 植物でイヌビワ(クワ科イチジク属、イタブ、イタビとも呼ばれる)という木がありますが
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0006 2009.12.29
太陽と月と地球の関係
 ここで、日本古学の見地からみた太陽と地球と月の関係について、簡単に説明しておきたいと思います。
 太陽系の成立に関しては、まずビッグバンの後に太陽が結び成され、それから各諸星が細胞分裂のように太陽から分離したという説が伝えられています。つまり太陽と各諸星は母子のような関係にあり(そのため各諸星は太陽のまわりをずっと旋回しています)、太陽の黒点
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0005 2009.12.25
わたしたちの肉体は月と同質?
 わたしたち人間の肉体が、土・金・水によって成り立っていることは前に述べましたが、霊魂が太陽と関係あるように、肉体は月と深く関係しています。 #0002【森羅万象を説く「五元」の説】>> #0004【わたしたちの生命は太陽と同質?】>>
 人間の赤ちゃんは、母親すなわち女性の胎内で妊娠受胎し、約10ヶ月を経て生まれ出てきますが、その女性の身には月経というものがあり、
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『古事記序文』解説(4)
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
『本朝神仙記伝』の研究(23) -小野篁-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
 
 以前の記事
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY