HOME > 「神生み」の時代
 
 
#0048 2010.8.14
「神生み」の時代
 
 
 『古事記』や『日本書紀』などの日本の神典は、今のわたしたちの常識から考えると不可解な内容が多く、大昔の科学が発達していない野蛮な時代の人が創作した小説のように思われますが、日本古学の玄理に照らし合わせて考察していけば、世界にも類を見ない、玄妙なる宇宙の摂理を伝えたものであることが明瞭になってきます。(一神教を信じる国々は、天災や戦乱によって神代からの伝承を失ってしまい、日本でいうところの氏神信仰だけが残り、それを人造的に作り変えてしまったものと考えられます。)

 また、人類が地上に出現して文明を拓くのは神代第四期に入ってからのことですが、人類最古の文明は日本文明であり、それから西へ西へと拓けて行ったことも明らかになってきます。(日本人は、どうも昔から諸外国のものを勝れたものとする変な癖があるようで、日本は他の陸地から来た人々が拓いたという説が一般的ですが、現在もマゾヒスティックな自虐史観に捕らわれているように、その癖は変わっていないようです。日本では謙虚であることが美徳とされますが、度が過ぎると悲劇を招くことになります。)

 『古事記』本文冒頭の「天地(あめつち)の初め」から伊邪那岐神(いざなぎのかみ)伊邪那美神(いざなみのかみ)二神による「国生み」の時代を神代第一期とすれば、この時代は宇宙創成から地球の修理固成に至る、いわば「物質造化」「物質凝結」「物質変化」の時代といえるでしょう。 #0026【宇宙のはじまり】>> #0034【地球の修理固成】>> #0036【神代第一期補遺(2)】>>

 その後の「二神の神生み」から「三貴子(天照大御神・月読命・須佐之男命)の誕生」までを神代第二期とすると、この時代は自然界を分担して司る八百万(やおよろず)の神々が次々と誕生する「神霊造化」「神霊凝結」「神霊変化」の時代といえます。とくにこの第二期は荒唐無稽(こうとうむけい)なエピソードのオンパレードで、今の一般常識では説明ができないことがたくさんあります。しかし、当時(数十億年前)の地球環境(地形はもちろんのこと、大気の成分や気候など)は現在とは大いに異なっていたはずであり、また、人間とは比べ物にならない徳力や霊力をそなえた神々が、今のわたしたちと同様の精神や肉体をもっているはずはありません。神の誕生についても、わたしたち人間と同じような生まれ方ではないであろうことは十分に考えられることです。

 46億年前に原始太陽から分離独立して誕生したばかりの原始地球は、灼熱のマグマの海におおわれていましたが、やがて温度が下がって地表が固まりはじめると、原始大気中の水蒸気が一斉に雨となって海が誕生し、それによって「穂之狭別島(ほのさわけのしま)」と呼ばれる陸地(後の日本列島)以外は海水におおわれた惑星となりました。 #0032【太陽の成立】>>

 『大祓詞(おおはらえのことば)』に「豊葦原之水穂之国(とよあしはらのみずほのくに)」とありますが、これは地球のことを指しています。「水穂」のホは稲穂、穂先などと用いられますが、上に盛り上がるようすを表しており、「水におおわれて豊かな生命が生息する星」という意味です。やまとことばで「国(クニ)」とは一つのまとまった区域を表しており、「国家」という意味だけでなく、今でも「故郷(クニ)へ帰る」などというように一つの地域を表す場合がありますが、この「豊葦原之水穂国」という場合は、宇宙間で人類やその他の生類が共同生活を営む一区域、つまり地球のことを表しているものと考えられます。 #0024【幽顕分界という歴史的事実】>> #0031【原始太陽系のすがた】>> #0046【陰徳を積む】>>

 現在の地球の大気の成分は、78%が窒素で21%が酸素であり、残りの1%がアルゴン、二酸化炭素、ヘリウム、水素などですが、このアルゴンについて研究し、さまざまな実験を繰り返した結果、地球をおおう大気も、原始の海と同じように「ほぼ一気に」生じた可能性が非常に高いことがわかってきました。このことについては『日本書紀』に記されています。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:日本の神伝
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0046 2010.8.4
陰徳を積む
 日本国憲法第一条には、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」とありますが、日本国民でさえも、天皇陛下の仕事のことを詳しく知る人は少ないようです。

 天皇(やまとことばではスメラミコト)とは、日本国に君臨する国王ではなく、また民を支配する皇帝でもなく、敬神(神を敬い先祖を敬う
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0036 2010.6.15
神代第一期補遺(2)
 さて、伊邪那岐・伊邪那美二柱がこの時天神(あまつかみ)より賜わった天沼矛(あめのぬほこ)と呼ばれるものですが、 #0034【地球の修理固成】>> この神器を原始地球に衝(つ)き立てて回転させることによって膨張と収縮(凝結)が起こり、地球の自転がはじまったことから考えても、これは皇産霊両神の膨張力と縮引力(遠心力と求心力)という神徳
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0034 2010.6.3
地球の修理固成
 その後の「神世七代(かみよななよ)」と呼ばれる時代の最後に、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)と呼ばれる男徳(膨張力)と女徳(縮引力)をそなえた陰陽二柱の神が生まれ、別天の神より「この漂へる国を修理固成(つくりかためな)せ」という勅命を受け、「天沼矛(あめのぬほこ)」を賜わったことが『古事記』に記されています。 
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0032 2010.5.22
太陽の成立
「次に国稚(いし)く、浮脂(うきあぶら)の如くして、海月(くらげ)なす漂える時に、葦牙(あしかび)の如く萌え騰(あ)がる物によりて成りませる神の名は、宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)、次に天之常立神(あめのとこたちのかみ)、この二柱(ふたはしら)の神も独神(ひとりかみ)成りまして、隠身(かくりみ)なり。上の件(くだり)の五柱
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0031 2010.5.16
原始太陽系のすがた
 『古事記』本文冒頭の「天地初めて~隠身なり」まではビッグバンによる天地開闢(かいびゃく)に関する伝承ですが、それ以降は太陽系の成立に関することが伝えられています。

「次に国稚(いし)く、浮脂(うきあぶら)の如くして、海月(くらげ)なす漂へる時に、葦牙(あしかび)の如く萌え騰(あ)がる物によりて成りませる神の名(みな)は」『古事記』

 ま
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0026 2010.4.17
宇宙のはじまり
 太陽、地球、月の関係については簡単に前述しましたが、 #0006【太陽と地球と月の関係】>> 宇宙の成立に関しても、日本の神典を読み解くことによって明らかになってきます。

「天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時」『古事記』本文冒頭

 前にも述べましたが、「やまとことば」は漢字が伝来する以前から古代日本で使われてきましたので
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0024 2010.4.6
幽顕分界という歴史的事実
 日本の古伝によると、世のはじめ、いわゆる「神代」といわれる時代は、現在のように顕界(あらわよ)と幽界(かくりよ)とが判然と分かれていなかったために、神と呼ばれる存在と人間とが雑居する時代でした。 #0023【この世界だけがすべてではない】>> 
 「大祓詞(おおはらえのことば)」にも、「草の垣葉をも語(こと)止(や)めて」とある
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(4)
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(16) -幸安の使命-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
扶桑皇典(34) -霊人-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
 
 以前の記事
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY