HOME > 『異境備忘録』の研究(56) -正伝と偽伝-
 
 
#00371 2015.8.26
『異境備忘録』の研究(56) -正伝と偽伝-
 
 
「神仙界にて詩歌等を作り詠ずる事あり。歌はその調(しらべ)高く紙に書するに仮名遣ひも宜しく音に明らかなり。然(さ)るを天狗界にては、歌その余の物に至るまでも書するには、篆字(てんじ)、草字、真仮名、平仮名、幽界文字をも交へて書する事あり。又、草字と平仮名とにて、今の世に人間の書くが如く書するも多くあれど、大に仮名遣ひの違ひたるが多し。 #0242【『幽界物語』の研究(12) -幽界文字の存在-】>> #0352【『異境備忘録』の研究(37) -天狗界の神法道術-】>>
 又、咒言の歌等には、その調の音便に違ひ仮名遣ひも違ひて、歌とも詞とも分き難き文盲者の仕業の如く見ゆれども、その仮名を正し、歌の格に入れて直す時は、その咒言の禁厭(まじない)却って霊験なし。故に強(あなが)ちに直す事なかれ。 #0241【『幽界物語』の研究(11) -詩歌について-】>> #0299【怪異実話(15) -参州磯丸の歌のこと-】>> 」『異境備忘録』

 宮地水位先生は諸々の幽界の実相記録を遺されただけでなく、種々の真形図や霊符類、神法道術等も伝承され、その中には数多の咒言(秘詞)も存していますが、火を「ヒ」と読む以外に「ホ」と発音する場合があり、また「気」は「キ」以外に「ケ」、「息」も「イキ」以外に「オキ」と誦読する場合があり、それぞれその霊験が異なることからも、神仙界伝来の言霊には人智を超えた深秘が存することが分かります。 #0042【言葉のもつ力】>> #0325【『異境備忘録』の研究(10) -諸真形図-】>>
 また、人間的な判断で咒言を改めることについては水位先生が別の手記に、

「総て禁厭の詞(ことば)には、所によりてその音便の自然に備はりたる故に猥(みだ)りに直し曲ぐる事なかれ。余の幼年の頃、父主に腹痛を止める禁厭法を受けゝるに、その詞は「天(あめ)ノホノケ国ノホノケ云々」とあるを、「天ノホノケ地(つち)ノホノケ」と直したり。天と云へば必ず地と云ふべき理ありとて改めたる由は、日置流蟇目式に「天(あめ)ノ息(おき)地(つち)ノ息」と唱へて燈火を覆ふ辞(ことば)あるによりてなり。かくの如く改めてよりは自らも改めし通りに唱へ、又人にもかくの如く伝へしも、近頃思へば大なる誤りなる事を考へ得しなり。
 それは、天地とは対語にして天国とは天津国にまがふ故に云はぬ格なり。天国と云ふは古格にはあるまじき事なるを、中に語を挟む時に禁厭には「天ノ何、国ノ何」と云へる事多く、また神名等の対名には天ノ何ノ命、国ノ何ノ命」と云ひて、「地ノ何ノ命」と云へる事なし。それは、天之常立神は国之常立神に対し、また天津神国津神と云ひて地を天に対へて云はぬ例あり。天地と云ふは、多くは開闢につきて和漢共に唱へ来れり。
 又、物により所によりては天地も物の中に隔てゝ書けるもありて、山上憶良の歌に「天ならば汝のまにまに、土ならば大君ゐます云々」等あれど、皆その云ふべき格の所にこそ云へれ、杜撰には云はぬ格なり。総て禁厭には皆各々にその格ある故に、猥りに改むる事なかれ。皆その所による物と知るべし」

と記されているように、仙界より伝えられた秘詞はあれこれと人間的な思考によって改作する筋合いのものではなく、また当初は意味不明であっても、修養が進んで霊格向上するに伴い、雲霧が晴れるようにその霊的意義が判然として来ることが往々にしてありますが、これらは神法道術一般にいえることです。
(伝法の授受を人間界的な商取引のように心得、自らの欲望に従って偽伝の授受を行う者は、神幽の道を害する者として授受者共に冥罰の対象となり、またそれ相応の霊験があったとしても、偽法に感応して霊験を与え給う正神界の神祇は一柱も坐すはずはなく、こうした偽術に感応するモノは必ず邪霊魔性の類で、神縁がいつのまにか魔縁となりますので要注意です。 #0244【『幽界物語』の研究(14) -神法道術-】>> #0269【『幽界物語』の研究(39) -神罰-】>> #0361【『異境備忘録』の研究(46) -魔界-】>> #0363【『異境備忘録』の研究(48) -生兵法は大怪我のもと-】>> )

 それにしても、本文にある通り水位先生は語法の古格に照らして僅か一字を改められただけですが、それが改悪であったことに気付かれて、直ちにその非を改められたあたりに清浄なる仙風が感じられ、それが先生の真仙たる所以でしょう。
 ちなみに上記の「天ノ火ノ気、国ノ火ノ気云々」という秘詞は単なる腹痛を止める禁厭法ではなく、天地真元の二気を摂取して生命力の旺盛なる運転をもたらす祝辞(いわいごと)の第一章であることに後年になってから水位先生も気付かれたのですが、この時は先生が極めて幼少の頃であったため、父大人もその詳細を説かれることなくこの深秘なる咒言を授けられ、愛児の道力長養を期されたものと思われます。 #0318【『異境備忘録』の研究(3) -父子二代の神通-】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:『異境備忘録』の研究
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00325 2014.11.21
『異境備忘録』の研究(10) -諸真形図-
「明治十年一月二十九日黎明、小童君に伴はれて神集岳大永宮に至る。午十二時頃、要用万事済みて帰る時、川丹先生の室に入らせ給ふ。この時、諸々の真形図(しんぎょうず)を拝見す。その図各々左の如し。
 風元山真形図。游岳真形図。天関界図。冠長山真形図。河岳八元図。元都玉京山紫蘭真形図。浮根人長山真形図。玉宝五元真形図。混沌七化真形図。集霊山真形図。八会
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00318 2014.10.8
『異境備忘録』の研究(3) -父子二代の神通-
「父の神法を種々神々より授かりて、飛行の法をひそかに近き山に入りて修行し、海上歩行の法も行はんとしてその用意をしけるに、あまりに奇妙なる事を授かりし嬉しさに、神明に口止めせられし奇術を思はず信仰の諸士に語り、その御咎(とが)めによりて明治三年中風病を発して、神明より授かりし秘事は多く忘れたるに、折にふれては又人々に神明の授け給ひて秘しける事ども
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00299 2014.6.19
怪異実話(15) -参州磯丸の歌のこと-
『奇談雑史』( #0285【怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-】>> )より(現代語訳:清風道人)

 参州(三河国、現愛知県東部)の伊良古崎に、呼び名を平次郎という網引の漁夫が住んでいました。平次郎は孝心の深い男で、父のしゃっくりの病に悩み、食事も出来ないことを歎いて、その地の産土神・伊良古明神の社に断食参籠し、父の病
カテゴリ:怪異実話 続きを読む>>
 
#00269 2013.12.21
『幽界物語』の研究(39) -神罰-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「人界で強盗や殺害、諸々の悪事をなす輩(やから)を仙境より罰する法令はあるのか。」

幸安 「どれほどの悪行をしようとも人界には人の君よりその刑罰の定法があるため、一切構うことはありません。しかしながら、神幽の道を害する不
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00244 2013.7.25
『幽界物語』の研究(14) -神法道術-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「仙境で、仙人が水火に入るような奇術を見たことはないか。また、お前もかの境ではそのような術ができるのか。」

幸安 「今年六月七日より当国有田の石垣山へ参ります。この山は美幸山と名付けられていますが、そこで紀法仙人と申すお
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00242 2013.7.13
『幽界物語』の研究(12) -幽界文字の存在-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「仙境にもこの界のように暑さを凌ぐ扇があるのか。机、筆、墨、紙などはどうか。文字の姿は。書籍はあるのか。」

幸安 「仙境には四季寒暑の苦は無いため、扇は用いません。机は高い唐机ですが、平らな岩の上でものを書くこともありま
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00241 2013.7.7
『幽界物語』の研究(11) -詩歌について-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「仙境に詩歌、管絃集会の遊びもあるのか。」

幸安 「仙境ではもっぱら詩歌を作ります。歌は三十一字です。詩は一章で、平仄(ひょうそく、漢詩を作る時に守るべき平声字と仄声字の配列)や韻字(句末で韻を踏む字)はありません。その
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#0042 2010.7.16
言葉のもつ力
 心中の想念は魂魄(こんぱく)のはたらきによって起こるものですが、その想念や祈りを表現する言葉もまた霊なるものであることはいうまでもありません。 #0015【人間の本性は善か悪か?(1)】>> #0016【人間の本性は善か悪か?(2)】>> #0017【心の中の葛藤とは?】>>
 伊勢神宮の斎宮内親王(神祭を行う際
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
尸解の玄理(1) -神化の道-
日本は神仙往来の要路(1) -本立ちて道生ず-
空飛ぶ人々(1) -概略-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY