HOME > 『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
 
 
#00334 2015.1.14
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
 
 
「古鷲に乗りて杉山、大山二僧正の先に立ちて行く時、風なくして息の出来難き空に至る時は、鷲の翼の両脇より風吹き来るなり。これには術ある事にて、それはある年三月三日の朝、杉山僧正の古鏡を八面榊の枝に掛けて伊邪那岐尊、伊邪那美尊を祭りてありける時に、酒豆腐の饗応(きょうおう)にあひたる時、「明日は月界に伴ひ行くなり。その行く時の法は秘してありしが、人間(じんかん)より七、八歳の時に来りたる高山寅吉に空中の絶気の所を通るを近年教へたり。川丹先生等の空行せらるゝ時はその術は用ひ給はざれども、早馳神(はやちのかみ)とて風神の御使の霊の常に添ひたれば、術は用ゐずして息も自然に出来るなり。我が界にては人を伴ふ時はその人を鷲に背負はせて翼の左右の脇に挟(はさま)せ結び置く物あり。見置き候(そうら)へ。寅吉よ、かの用意をなし置け」と云ふければ、寅吉立ちて、岩間の小さき淵を節をくりたる竹もて探りければ泡立ち上る。
 その泡を白く薄黒き袋に取り入れければ、自然とその袋大きくなりければ、又竹を入れて、「火雷神(ほのいかづちのかみ)」と唱ふれば、水面へ火の如き烟(けむり)立ち上る。又その袋に入れて口を閉めたり。寅吉に、「我にその袋を見せよ」と云へば、「この袋を術なくして持つ時は、袋に引き上げられ絶気の天までは自ずから上らるゝなり。手を放せば空に飛ぶ。貴殿には渡すまじ」とて渡さゞりけり。
 翌日伴はれ行きし事、又かの器の絶気の所にて使ふ法は覚へたれども、この界の秘法なれば洩らしつ。」『異境備忘録』

 玄道(神仙道)において胎息法や導引法は基本中の基本で、これらの法を修することによって感念の凝結が行われるに至りますが、呼吸が風神の霊徳によるものであることを再考すれば、風神の御使の霊が常に添い給うことによって絶気の所でも息が出来ることについては臍落ちするはずです。 #0227【『異境備忘録』の研究(6) -霊胎凝結の道-】>>
 また、水位先生の幽顕往来の一法として、上天秘文という秘詞を唱えた後、「風神」と呼んで印を結び、指の間より息を三度空に向って吹くことによって神等の神威に連れて自然に空に上る法が『異境備忘録』中に記されていますが、これも風神の御使の霊徳によって行われるものと思われます。

「明治八年六月二十六日夜、清定君に伴はれて月界に赴く時、その夜曇りて月笠を掩(おお)ふ。登天する事半時ばかりにして月界と地球と両気の境に至るに、清定君曰く、「この境より月界の方へ一里ばかり行きて紙を飛せば月界に着くなり。又、地球の方へ一里ばかり寄りて放てば地球に落るなり」と云はれたり。
 漸く月界の近くに至るに、寒気強くして月界に入る事を得ず。二里ばかりにして見るに大山・大木あり。最も大山は三山にして高さ二十里ばかりと思ふに、山に二つの穴あり。この穴より他星ほのかに見ゆ。」『幽界記』

「日月の界には入り難し。されど近くより見たりし事あり。川丹先生に伴はれて日界に近付くに、暖冷の所を幾重ともなく過ぎ行くほどに、火気身を焼くが如き所あり。こゝを過ぎる事暫しにして日界を下に見るなり。それより下るに四、五月頃の気ある所あり。又、そこを過ぎれば日界は黄色に見えて、三ヶ所噴火山と見ゆる所あり。その傍(そば)に黒色なる三ヶ所あり。その四方に城閣の如くなる物数十あり。委しくは分らず。
 又、或る日伴はれて月界に近付く。暖気なる所を過ぎれば又寒気甚(はなは)だしき所あり。こゝを又過ぎて遥かに月界を臨めば、白き山に似たる物数々あり。その中には黒色の物打ち交りて見え、且つ滝の如くなる物の大小ともに四つ光を発して四方に散乱し、水玉の如き物数々飛び上りたる如く見え、能々(よくよく)見れば人家の如くなる物数多(あまた)見えたり。先生の云ふ、「こゝよりよく見て覚え置くべし。常には来り見る事難し。天狗界の者はこゝまで近くは来る事なき故に種々見違へるなり」と宣(のたま)ひける。」『異境備忘録』

 『仙境異聞』中にも高山寅吉が杉山僧正に伴われて太陽及び月に近付いて見た様子が記されていますが、「日月の界には入り難し」とあるように、水位先生ほどの謫仙でも太陽神界(高天原)及び月界(黄泉国の本府)への出入りは許されなかったようで、また太陽神界については『幽界物語』中で清浄利仙君が簡単に言及されていますが、これらの界の実相については、『古事記』『日本書紀』に著わされた以上のことは人間界へ漏らしてはならない厳律が存するものと思われます。 #0069【神代第三期のはじまり -月の分体-】>> #0070【天照大御神の疑念】>> #0283【『幽界物語』の研究(53) -神仙界について-】>>
(月に穴があり、その穴から月の後ろにある星が見えるということについては寅吉も同様のことを述べています。 #0152【『仙境異聞』の研究(17) -山人の飛行法-】>> )

「太白星(たいはくせい)は万星よりは近く見え、この星の近付くに随ひて、紅蜺(こうげい)の如き色に見ゆるが中に小星二つ見え、又近くより見れば大空より地球を見るが如くなりて、寒気身を刺してこゝより至る事難し。こゝより地球を見れば又太白星の如くキラキラと光りあるなり。」『異境備忘録』

 「太白星」は金星の異称で、太陽系内では大きさと平均密度が最も地球に似た惑星とされていますが、地表から125km付近は-175℃の極低温地帯であることが現在の天文学で明らかになっています。

 「明治十年二月二十九日夜、小童君に伴はれて天関星に至る(これは北極の天関とは別なり)。この国、天一始神(てんいつししん)の分殿ありて、大永宮よりの指揮によりて、神集岳の神仙出仕せり。この時、玄台山の書肆(しょし、書店)にて、神書仙経、数多(あまた)閲せり。」『幽界記』

 水位先生はしかるべき神仙に伴われて成層圏を遥かに超え、宇宙間をも飛行されたのですが、これらの神仙が熟知して飛行し給う気道は宇宙間にも存していることが窺われます。 #0332【『異境備忘録』の研究(17) -水位先生の幽顕往来-】>>
 藤原定家の『明月記』に、「後冷泉院・天喜二年四月中旬以後の丑の時、客星觜・参の度に出づ。東方に見(あら)わる。天関星に孛(はい)す。大きさ歳星の如し」とありますが、この「天関星」とは現在の天文学で「SN1054」(1054年(おうし座)超新星、別称「かに超新星」)と呼ばれる星で、当時世界各地で広範囲に観測され、中国や日本、中東等では二十三日間に亘って日中でも見えるほどに輝いたことが記録されています。
(「これは北極の天関とは別なり」とありますが、『雲笈七籤』では北斗七星と輔星、弼星を併せて北斗九星とされ、この九星は第一・陽明星、第二・陰精星、第三・真人星、第四・玄冥星、第五・丹元星、第六・北極星、第七・天関星、第八・洞明星(輔星)、第九・隠元星(弼星)とあるように、「北極の天関」は北天神界に属する神境で、また「天一始神」とは天之御中主神のことです。)
 さらに水位先生は天関星だけでなく、遥か北極星や南極星にも往来されたことが記されていますが、北極紫微宮に往還された時は文字通り天文学的な想像を絶する距離を僅か二時間ほどの飛行で到達されており、これは人間の想像を絶する光速を遥かに超える速度で飛行したことを意味し、「神仙の道を修し得れば万里の遠きをも一瞬の間に往来」という先生の言葉はこうした実体験に基づくものでしょう。 #0319【『異境備忘録』の研究(4) -幽界の大都-】>> #0331【『異境備忘録』の研究(16) -人事を尽くして天命を待つ-】>>
 宇宙大元霊の造化の大神業を分任される神仙達は、その階級と分掌の任務(仙職)を遂行されるに相応した通力が具備されており、時に臨み、機に応じて、地球上であろうと宇宙間であろうと、どのようにでも神速を発揮されるものと拝察されます。 #0333【『異境備忘録』の研究(18) -遊覧飛行-】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:『異境備忘録』の研究
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00332 2015.1.02
『異境備忘録』の研究(17) -水位先生の幽顕往来-
「神仙に伴はれて行く時は、その志し行く所の界に至りて漸(ようや)くその界に来れる事を知りて、この地を離るゝとその界に至れるとの中間は知れざるものなり。これは神府の御掟にて、脱魂して伴はれ行く時は、その中途は知らざるものなり。
 又、肉体にても天狗等に伴はれて初めて飛行する時も、その中途は多くは知らざるものにて、目を閉じさせて後、大なる鷲の年経た
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00331 2014.12.27
『異境備忘録』の研究(16) -人事を尽くして天命を待つ-
「神仙の道を修し得れば万里の遠きをも一瞬の間に往来し、水上も陸を行く如くなり。然(しか)れども神仙よりの御使者の来りて行く時より外には、私(ひそか)に行く事能はず。私に行く時は、やゝもすれば魔界に至れる事も度々あり。」『幽界記』 #0244【『幽界物語』の研究(14) -神法道術-】>>

 神仙界その他の諸幽境への出入りが、原則とし
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00319 2014.10.15
『異境備忘録』の研究(4) -幽界の大都-
「幽界の大都は第一・紫微宮(しびきゅう)、第二・日界、第三・神集岳(しんしゅうがく)、第四・万霊神岳(ばんれいしんがく)なり。されども常に幽政を行ふ法式を定むる所は神集岳なり。」『異境備忘録』

「幽界は八通りに別れたれども、又その八通りより数百の界に別れたり。然(しか)れども宇内の幽府は第一に神集岳、第二に万霊神岳なり。」『異境備忘録』

カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00283 2014.3.15
『幽界物語』の研究(53) -神仙界について-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「お前は海中の仙境へ行ったことはないのか。」

幸安 「師の利仙君の説に、海中の神境は山中の仙境と大いに異なる界で、これはその筋でなければ往来は致し難いとのことです。」

 「海中の神境」とは海宮神界のことですが、宮地水
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00227 2013.4.14
尸解の玄理(6) -霊魂凝結の道-
 どうして人間に神仙となる素質があるのか、つまり人に尸解(しか)の可能性があるということをどのような玄理で納得すれば良いのか、それには様々な考え方があり、玄学(霊学)の基本は実にここに存するといっても良いほどですが、『古事記』や『日本書紀』などの日本の神典には、それが実に平々淡々と伝承されています。
 その大事実一つを挙示しても、日本の神道が一
カテゴリ:尸解の玄理 続きを読む>>
 
#00152 2012.1.27
『仙境異聞』の研究(17) -山人の飛行法-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 「師に伴われて行く時は、大空を行くのか、地を歩くこともあるのか。」

寅吉 「地を歩くこともありますが、遠くへ行く時は大空を翔けて行きます。」

平田先生 「大空を行く時は足で歩むのか。または矢のようにスウッと行くのか。
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#0070 2010.12.5
須佐之男命による地軸の傾斜
「かれ、伊邪那岐大御神、速須佐之男命に詔(の)りたまはく、「何由(なにゆえ)に、汝(いまし)は事依(ことよさ)せし国を治(し)らさずして哭(な)きいさちる」と爾(の)りたまへば、答へて白(まお)さく、「僕(あ)は妣(はは)の国、根之堅州国(ねのかたすくに)に罷(まか)らむと欲(おも)ふ故に哭(な)く」と白(まお)したまひき。ここに伊邪那岐大御神
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0069 2010.11.30
神代第三期のはじまり -月の分体-
 神霊変化の時代ともいえる神代第二期に続いて、神代第三期は太陽と地球と月がしだいに整えられ、地球上に人間や動植物の原種が発生しはじめる天地定位種業興基の時代といえるでしょう。 #0048【神生みの時代】>>

「かれ、各(おのおの)依(よ)さしたまひし命(みこと)のまにまに知らしめす中に、速須佐之男命(はやすさおのみこと)よさしし
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『古事記序文』解説(1)
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(4)
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
 
 以前の記事
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY