HOME > 神仙の存在について(5) -河野至道大人の尸解-
 
 
#00167 2012.4.24
神仙の存在について(5) -河野至道大人の尸解-
 
 
 この話は、宮地厳夫先生(宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められ、また秘かに宮地神仙道の道統を継承されていた神道界の重鎮)が、明治43年に華族会館において神仙の実在について講演された筆記録で、この講演筆記は当時の国学院雑誌をはじめ、神道界の諸雑誌にも掲載されたものです。(現代語訳:清風道人)

( #0166【神仙の存在について(4) -修真の妙要-】>> より続く)

 そして、明治九年の夏の頃でありました。その頃私は教部省の命を奉じ、大阪に在勤して皇道の講義をしておりましたが、長澤左仲と申す医者を紹介人として、この河野が山女(やまめ)の実二個を持って面会を求めて参りました。
 そこで面会して話を聞いてみますと、河野が山に入る前に、始終私の講義を聞いて、始めて神の厳存し給うことが解り、神がまさしく厳存し給う上は、至誠を以てこれを信じ、その道を尽くし、その法を修めれば、神にも拝謁できないものではないと決心し、それより種々の善行を志し、捨身決定して犬鳴山に籠って大行を始め、遂に素懐を達したと申して喜んでおりました。この河野が私の講義を聞いたと申すことは、本人の話で始めて承知いたしました。

 この後、河野は時々参り、ある時は三日二夜滞在したこともありましたが、一日の内で朝昼夕と三度、葛湯(くずゆ)をコップに一杯服する他、何も飲食をいたしませんので、極めて心安い客でありました。ところが河野は、「私は飲食はいたしませんが、私の腹はこのとおりでございます」と申して、その腹を出して自ら両手に力を入れて打ってみせましたが、さながら太鼓でも叩くような音がしまして、全く鞠(まり)のように張り満ちておりました。 #0066【気力を充実させる法】>>
 ある時は、その妻の兄、木村知義を伴い参りまして、私は木村とも親しくなりました。ついては、ただ河野より直(じか)に話を聞いたばかりではありません。その後、河野至道(こうのしどう)は、かの照道寿真(しょうどうじゅしん)より修真の法を授けられた顛末(てんまつ)を自記いたし、『真誥(しんこう)』と題した書を私に送り越し、また知義も至道と往復の書及び直話を筆記し、『至道物語』と名づけて一篇となし、これもまた私に送り越しましたので、その二書は今でも私の手元に現存しております。

 ところが私は明治十年より家事の都合により東京に出ましたので、互いに出会いする機会がありませんでした。その後伝聞いたしたところによると、至道は東京である省の土木課に奉職し、月給わずか十三円でしたが、葛湯(くずゆ)の他には飲食をいたしませんので、一身の費用としては月に三円以内で事足りたため、毎月十円余りの貯蓄をなし、数年を積んで相応の財産を作り、再び大阪に帰ったと申すことでありました。
 またこの至道が東京に奉職中、追々に世に知られ、入門して至道より仙道修練の法を伝習した人も往々にあったと申すことで、同人が持っていた門人帳には七十数名の名が列記してあったと申すことであります。かの山岡鉄舟なども入門したかどうかは存じませんが、至道の話を聞いた一人であると聞いております。既に河合清丸居士(こじ)なども、鉄舟居士より勧められて河野を大阪に訪ねたと、その著述『無病長生法』に書いてあります。また、江州人の樹下石見守(きのしたいわみのかみ)、紀州人の湯川潔などは、全く至道の門人に違いありません。

 それについて一つのお話があります。樹下氏は至道の教えを受け、五穀その他普通の食物を一切避け、ただ葛湯と蕎麦粉のみ用いて十年余りも存在していた人でありますが、その間も情欲は断たなかったと見えまして、子が生まれたそうであります。ところがその子は頭髪が全くの赤毛で、西洋人の髪のようであったと申すことであります。ということは東洋人の髪の黒いのは主として五穀を食するためで、欧米の人の髪の赤いのは主として五穀を食しないためではないかと申したことでありました。このお話は岩倉公のお家に樹下氏と一緒にいた人から聞いた確かな事実であります。

 さて至道は、大阪に帰って後は、西区紀伊国橋西北詰、粕谷治助方に寓して、相変わらず修練法を怠らずにやっていたようすでありましたが、明治二十年七、八月の頃、同地において死去いたしたと聞きまして、一時は甚だ不審に思いましたが、その最後の模様を詳しく聞いて、私は定めて尸解(しか)したものであろうと判りました。 #0051【尸解の神術】>> #0072【宇気比の神術】>> #0126【返矢の神術】>> #0161【『仙境異聞』の研究(26) -原始仏教の本質-】>>

 その訳は、至道と同年四月下旬より百日間の断食の行を始めまして、七月末までに九十七、八日間は全くその断食を続けたとのことでしたが、これまではしばしば断食しても、時々水ばかりは少し用いていたことがありましたのに、この時の断食に限り、空気を吸う他には水をも断っていたそうであります。 #0150【『仙境異聞』の研究(15) -山人界の修行-】>>
 ところがその百日に至る二、三日前、寓所の主人を呼び、「氷水を取ってくれないか」と頼みますため、主人がコップに二杯取って盆に載せて側に持って行きました。すると至道は机にもたれてうつむいていたのが、やや顔を上げ、「私も今両三日で満行になりますが、急に行かねばならないことになりました」と云うので、主人は早合点をして、またいつものとおり満行前にも例の貝塚へ行くのだろうと思って、「先生、長い御行でございましたから後の御養いが大事であります」と申したところ、「ありがとう」と云ってまた机の上に伏したと申すことであります。

 そこで主人は氷水をそこへ置いて退き、他の用事をして再び行ってみたところ、一つのコップの氷水は飲みつくし、次のコップの氷水は少し飲んで元の盆に載せ、至道は始めのように机に伏しているため、よく眠っているものと思い、声もかけずに退出いたしまして、それから何度行ってみましても同じ状(さま)で目を醒まさないようすでありますから、主人も少し不審に思い、「先生、先生」と声をかけて呼び起こしてみましたが、答えもなければ起き上がりもいたしません。そこでますます不審に思って傍らに進み、揺り起こしてみましたが一切答えがありません。
 にわかに大騒ぎとなって医師を迎えて診断を受けましたけれど、既に臨終となっていて、もはや治療を施す余地もないとのことなので、前に至道が主人に向かい、「急に行かねばならないことになった」と申したのは、貝塚へではなく、この世を去って幽境に往かねばならないようになったと申す意味であったのだろうと、ここに始めて知ったと申すことであります。これは至道が世を去った日より二十日目に当たる日、私が図らずも大阪に行き、北区中の某方において、不思議にもその至道の寓居の主人に出会って、親しく聞いた確実な話であります。
 そういう訳で、この至道の最後の模様が普通の人の死に方と違っていますので、定めて尸解(しか)したものであろうと思いました。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:神仙の存在について
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00166 2012.4.18
神仙の存在について(4) -修真の妙要-
 この話は、宮地厳夫先生(宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められ、また秘かに宮地神仙道の道統を継承されていた神道界の重鎮)が、明治43年に華族会館において神仙の実在について講演された筆記録で、この講演筆記は当時の国学院雑誌をはじめ、神道界の諸雑誌にも掲載されたものです。(現代語訳:清風道人)

( #0165【神仙の存在につ
カテゴリ:神仙の存在について 続きを読む>>
 
#00161 2012.3.19
『仙境異聞』の研究(26) -原始仏教の本質-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 :ある人が寅吉に次のように尋ねた。
「神は尊く仏は卑しいという理由は何か。」

寅吉 「神は尊く仏は卑しいものであるということは、人に尋ねなくても、それぞれが心の中で考えてみればわかりそうなことです。この世の有様をつらつら
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#00150 2012.1.15
『仙境異聞』の研究(15) -山人界の修行-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 「仙境ではどのような修行を行うのか。」

寅吉 「天狗道を修し始めるには、まず百日断食の行を行います。これは耐え難く苦しいものです。私が勤めた時は、四、五日ほど過ぎた時のひもじさが言葉にできないくらい耐え難かったため、秘か
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#00126 2011.9.09
返矢の神術
「ここに高木神(たかぎのかみ)、「この矢は天若日子(あめのわかひこ)に賜ひし矢なり」と告(の)りたまひて、即ち諸(もろもろ)の神等(かみたち)に示(み)せて詔(の)りたまはく、「もし天若日子、命(みこと)を誤(たが)はず、悪しき神を射たりし矢の至りしならば、天若日子に中(あた)らざれ。もし邪心(きたなきこころ)有らば、天若日子この矢にまがれ」と
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0072 2010.12.15
宇気比の神術
「日神(ひのかみ)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)と共に相対(あいむか)ひて立誓(うけい)て曰(のたま)はく、「もし汝(いまし)心、明浄(あかくきよらか)にて、凌(しの)ぎ奪ふの意(こころ)有らずば、汝(いまし)の生む児(みこ)必ず当(まさ)に男(ひこみこ)ならむ」と言(のたま)ひ訖(お)へて」『日本書紀』

 この『日本書紀』の本文は『古事記
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0066 2010.11.15
気力を充実させる法
 平田篤胤先生は、西洋医学に精通した医学者でもありましたが、もちろんこのあたりのことにも触れられており、 #0064【臍の霊的存在意義】>> #0065【玄気があれば何でもできる】>> 先生が極めて通俗的に養生の法を述べた『志都之石屋(しずのいわや)』の一節を引用したいと思います。

「臍(へそ)の下に気海(きかい)と
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0051 2010.8.29
尸解の神術
「かれ、伊邪那美神(いざなみのかみ)は火神を生みませるに因(よ)りて、遂に神避(かむさ)りましき。」『古事記』

 これは、火神を生んだことが原因で、伊邪那美神は遂に地下の幽府に入られたという伝ですが、これを後世の人間的な「死」のように考えるのは大きな間違いです。平田篤胤先生もこのことについて、「神避り」=「葬り去る」などの解説はまったくの誤
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
『本朝神仙記伝』の研究(23) -小野篁-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY