HOME > 空飛ぶ人々(1) -概略-
 
 
#00616 2019.9.27
空飛ぶ人々(1) -概略-
 
 
(清風道人云、この「空飛ぶ人々」は、宮地神仙道道統第四代・清水宗徳先生(道号・南岳、東方道人とも号す)が、「第四次元の力学」と副題されて昭和三十年六月三十日付の神仙道広報誌に掲載された論稿です。 #0382【水位先生の門流(4) -道統第四代・南岳先生-】>> )

 この一篇はもともと吾が玄学の道士を対象として書くものではなく、本誌が公刊物であり、霊学に興味をもってゐる誰でもが読んで差支へない購読制度になってゐる建前から、色々な読者層をも引っくるめた対象のもとに、雑ぱくに筆をとってみることにしたものであることをまず断っておきたい。

 そしてこの執筆の直接の動機となったのは、今世界的な話題となってゐる例の「空飛ぶ円盤――全然推進機関のない宇宙航空機に乗って地球のどこかを毎日の如く訪れてゐる異星人――」に就て神仙道の立場から聊(いささ)か所見を述べてみたいと考へて二、三の資料を瞥見(べっけん)してゐるうちに、何といふことなしにこの一篇を書いてみる気になったもので、近き機会に私が「空飛ぶ円盤」に就ての所見を述べる際の参考にもならうかといふ伏線もあってのことである。

(太古の神々は天之盤船(あめのいわぶね)に乗って天地を昇降せられたことが我が神典に伝承されてゐるが、支那の道蔵に伝へられる雲祇車もその類であり、神仙達は時には龍や鳳凰や白鶴にも乗じて空行し、また単独に何の乗物もなくして身を以て雲の通ひ路を往還されたのである。 #0070【須佐之男命による地軸の傾斜】>> #0084【五十猛神の功業】>> #0122【天浮橋は空中の気道】>> #0128【罪を憎んで人を憎まず】>> #0174【皇孫命、天降る】>> #0541【日本は神仙往来の要路(1) -本立ちて道生ず-】>>
 その不思議な力――第四次元の力学ともいふべきものゝ存在が理解せられたならば、空飛ぶ円盤の力学も当然解明の途につかねばならぬ筈である。)

 「空飛ぶ人々」といっても航空機の搭乗員のことではない。この肉体のまゝで現実に空を飛んだ人々の話である。だから魂体で空を飛ぶことや、一種特別の体――神仙道の専門語でいふ玄胎(また霊胎とも天胎とも聖胎とも真胎ともいふ)で空行する事などはこの話の中へは入らない。 #0222【尸解の玄理(1) -神化の道-】>>

 この肉身のまゝで、航空機の力を借りずに単独で空中を飛行することは、所謂(いわゆる)引力の法則に反することで、現在の三次元の科学では不可能なことゝされてゐる。そして一応それが我々の日常生活の通念となって居り、地上生活の秩序にも役立ってゐるのであるが、それだからといって、宇宙の真理はさうした通念の上にのみ存するかの如き断定的な態度には服し難いのである。

 この一篇の主張は、この三次元の世界は、より高度な四次元の世界の支配を受けてゐる、その現れとして、四次元の力学ともいふべき考へ方を示唆するやうな現象が、現にこの地上で行はれつゝあり、人類が完成される姿に近づく為には、三次元科学の仮想から脱皮しなければならぬといふ点に存するのである。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:空飛ぶ人々
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00541 2018.6.25
日本は神仙往来の要路(1) -本立ちて道生ず-
(清風道人云、この『日本は神仙往来の要路』は、美作一宮・中山神社の神官を勤められ、『天地組織之原理』『神道宇宙観略説』等を著された国学者・美甘政和(みかもまさとも)先生による論考です。 #0210【神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-】>> )

 平田(篤胤)先哲の赤県(中国)太古のことを論じられたるに就て、聊(いささ)か御参考に
カテゴリ:日本は神仙往来の要路 続きを読む>>
 
#00382 2015.11.2
水位先生の門流(4) -道統第四代・南岳先生-
 かくして宮地威夫先生が方全先生より継承された道統並びに学系は、神仙道本部を主宰された清水宗徳先生(道号・南岳)に引き継がれましたが、伝法類の整理や伝書類の作成に多忙を極められ、また本部の運営にも大変苦労されたようで、見かねた威夫先生が「道業上の苦しみは道士皆で分け合えば良いと思う、道士皆の道福となって還ってくることだから。苦しみを分け合うこと
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00222 2013.3.16
尸解の玄理(1) -神化の道-
 前節の『神道宇宙観略説』において、人の帰幽後について美甘政和(みかもまさとも)先生による解説がありましたが、これは甚(はなは)だ略説のため、尸解(しか)の玄理と合わせてさらに詳しく考究してみたいと思います。  #0219【神道宇宙観略説(10) -物質万能から神霊万能へ-】>> #0220【神道宇宙観略説(11) -陰教と陽教
カテゴリ:尸解の玄理 続きを読む>>
 
#00174 2012.6.4
皇孫命、天降る
「ここに日子番能邇邇芸命(ひこほのににぎのみこと)、天降りまさむとする時に、天(あめ)の八衢(やちまた)に居(い)て、上(かみ)は高天原を光(てら)し、下(しも)は葦原中国(あしはらのなかつくに)を光(てら)す神ここにあり。かれ、天照大御神・高木神(たかぎのかみ)の命(みこと)以(もち)て天宇受売神(あめのうずめのかみ)に詔(の)りたまはく、「
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00128 2011.9.19
罪を憎んで人を憎まず
「ここに天(あめ)在(な)る天若日子(あめのわかひこ)の父、天津国玉神(あまつくにたまのかみ)、またその妻子(めこ)ども聞きて、降り来て哭(な)き悲しびて、すなはちそこに喪屋(もや)を作りて、河雁(かわがり)を岐佐理持(きさりもち)とし、鷺(さぎ)を掃持(ははきもち)とし、翠鳥(そにどり)を御食人(みけびと)とし、雀を碓女(うすめ)とし、雉(き
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00122 2011.8.20
天浮橋は空中の気道
「ここに天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)、天浮橋(あめのうきはし)に立たして詔(の)りたまはく、「豊葦原之千秋長五百秋之水穂之国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)は、いたくさやぎて有りけり」と告(の)りたまひて、さらに還り上りて天照大御神に請(まお)したまひき。」『古事記』

 神々が天地の間を通う際に、「浮橋」とか「磐
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0084 2011.2.7
五十猛神の功業
「この時、素盞鳴尊(すさのおのみこと)、その子(みこ)五十猛神(いそたけるのかみ)を師(ひき)ひて新羅国(しらぎのくに)に降到(くだ)りまして、曾尸茂利(そしもり)の処(ところ)にましまして、すなはち興言(ことあげ)して曰(のたま)はく、「この地(くに)は吾(あれ)居(お)らまく欲せず」とのたまひて、遂に埴土(はに)を以て舟を作り、乗らして東に
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0070 2010.12.5
須佐之男命による地軸の傾斜
「かれ、伊邪那岐大御神、速須佐之男命に詔(の)りたまはく、「何由(なにゆえ)に、汝(いまし)は事依(ことよさ)せし国を治(し)らさずして哭(な)きいさちる」と爾(の)りたまへば、答へて白(まお)さく、「僕(あ)は妣(はは)の国、根之堅州国(ねのかたすくに)に罷(まか)らむと欲(おも)ふ故に哭(な)く」と白(まお)したまひき。ここに伊邪那岐大御神
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
『異境備忘録』の研究(26) -神仙感応経-
『本朝神仙記伝』の研究(52) -於竹女仙・於松女仙-
『本朝神仙記伝』の研究(67) -霧島山六女仙-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
 
 以前の記事
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY