HOME > 神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-
 
 
#00210 2013.1.5
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-
 
 
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 方今、世で行われているところの宇宙観の各説は、いずれも今日の天体を観察したもので、形而下物質上の可知的宇宙観というべきものですが、未だいずれの説も懐疑の内にあるもののようであります。私がこれから述べようとしている神道宇宙観は、形而上不可知的というべきもので、実在する天地各星の未だ成らざる開闢(かいびゃく)以前の宇宙観より論じるものであります。
 これは、知識しようと思っても困難なことのようですが、我が神国には幸いにして、神代の昔より伝え給える神伝書があるために、その神典を元にして、今日の実在天地の現象に照らし合わせ、道理を推して帰納すれば、開闢以前の宇宙といえども窺(うかが)い知ることができるのです。 #0093【世界太古伝実話(2) -古伝と神話-】>>

 従って私はこの観察によって、開闢以前の宇宙はいかなるものかを考究するのですが、まず一言でこれをいうならば、大宇宙なるものは、始めもなく終わりもなく、無量無辺のものであるために、東西南北の別もなく、時間空間を計ることも遠近上下前後の別もないというより他に無いものであることは誰にでも想像し得ることでしょう。そして今日でも大宇宙は開闢以前と同じで、前も後も右も左も区別のあるものではなく、これに前後遠近があるように見えるのは、開闢以後、各星班列の天体ができたからであります。禅家にいわゆる「本来無東西何所有南北」というのもこのあたりの消息であり、また「空即是色色即是空」というのも同じであります。

 さて、まず今日の実在天地の万象より考えるに、開闢以前の宇宙間には何物も無かったかのように思われますが、実はその内に実在天地の各星を始め、万象と成るべき元要素というべきものがあったということは疑いのないことで、大宇宙が真の空虚であれば無より有を生じることとなって道理を外れますので、必ず各星や万象と成るべき元要素が開闢以前より備わっていたということは明らかであります。
 その元要素というべきものは何物かといえば、我が神典の研究によれば、霊と気と質との三元に帰するのであります。西洋哲学においては、多く神物二元論あるいは一元論ですが、真理は必ず三元でなければならないことは、論を追うごとに明白になって来るはずです。 #0027【ビッグバン以前の宇宙】>> #0028【霊・気・質の関係】>>

 我が国の神伝によれば、宇宙には無始より宇宙の大精神ともいうべき中心の大霊が坐(ま)し、その御霊動によって宇宙間に充満する三元の原種がしだいに原々子と成り、原子と成り、分子と成り、元素と成って、その三元の分子元素がしだいに集まって実在天地各星が成立すべき元要素と成ったことが窺われますが、天地開闢の期が至った時には、その集まった三元の分子要素はしだいにガス体と成り、星霧と成り、液体と成り、固体と成って、実在天地の各星球と成ったものと考えられます。開闢以前には、この三大原種は未だ何ともいうことのできない無形物のようですが、その中に天地組織の元要素を含んだものであり、開闢以前よりしだいに順化しつつ、遂に有形の万象と変化し、実在天地が成立したということは、誰にでも道理を推して知られるはずであります。

 そして、ここに一大研究を要するのは、開闢以前と以後を問わず、大宇宙には必ずその大宇宙の精神が無ければならないということです。宇宙に精神というものが無ければ、その宇宙間に成立した万象に、精神あるものを造化し給うことはできない道理で、無より有を生じないのと同じであります。従って、宇宙には開闢以前より大精神があったということは疑う余地はないはずで、ならば何物が宇宙の大精神であるかということは、未だ他の学界の論には聞こえませんが、我が神代の神伝によって、それを窺い知ることができるのです。

 この大精神は、未だ宇宙の中心である別天(ことあめ)に天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)として立ち給う以前は何と名付け奉ることもできませんが、仮にいえば「大元霊」と称し奉る他ありません。この無始より宇宙の中心霊として坐(ま)す大元霊が、実在天地成立の始めに当たり、御自ら隠身(かくりみ)を以て宇宙の中心である別天に立ち給い、開闢後の今日といえども宇宙の大精神が大元霊天之御中主神に坐すことは、その御名の上においても窺い知られるのであります。 #0026【宇宙のはじまり】>> #0029【造化大元霊】>> #0033【「別天」とは?】>>

 その別天というべき宇宙の中心を指して、中国では大極と云い、また老子は玄と云い、仏者はこの極を指して真如(しんにょ)と云うようですが、いずれの説にもこの極に宇宙を統御し給う神霊の坐(ま)すことは伝えられておりません。しかしながら、我が神典にはこの神霊のことが伝えられており、実在天地はこの大元霊の御霊動によって成立したことが窺われるのであります。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:神道宇宙観略説
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#0093 2011.3.18
世界太古伝実話(2) -古伝と神話-
 この話は、大正3年に行われた宮地巖夫先生(1847~1918、宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められた明治における神道界の重鎮)による講話を筆記したものの一部(導入部分)を、僭越ながら、後学の徒、清風道人が現代語風におきかえたものです。( #0092【世界太古伝実話(1) -神代という時代-】>> より続く)

 ここに今一つ、申し上げ
カテゴリ:世界太古伝実話 続きを読む>>
 
#0033 2010.5.28
「別天」とは?
 『古事記』や『日本書紀』の本文冒頭部分が、ビッグバンから太陽系の成立にいたる過程を表していることを述べてきましたが、五柱の別天神(ことあまつかみ)が鎮まる「別天」とは何を意味しているのでしょうか? #0030【天地万物造化のはじまり】>> #0031【原始太陽系のすがた】>> #0032【太陽の成立】>><
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0029 2010.5.5
造化大元霊
 「はじめに霊が指示を出し、気の勢いをもって質に影響を与える」という法則が事実なら、そもそもビッグバンとその後の宇宙万物の造化(万物の生成化育)という大規模な変化をはじめた「大元霊」とでも呼ぶべき存在は、いったいいかなる存在でしょうか? #0027【ビッグバン以前の宇宙】>> #0028【霊・気・質の関係】>> このこ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0028 2010.4.29
霊・気・質の関係
 話のついでに、宇宙を構成する霊・気・質の関係についても触れておきたいと思いますが、これについても人身をみれば簡単にわかります。 #0027【ビッグバン以前の宇宙】>>
 まずわたしたちの肉体(質)には生命体(霊)がそなわっており、その生命体である霊魂の指示によって内臓が活動し、血液などの体液が流動して肉体を維持する活動を行ってい
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0027 2010.4.23
ビッグバン以前の宇宙
 日本古学では、ビッグバンのことを「天地開闢(てんちかいびゃく)」と呼んでいますが、それでは開闢以前の宇宙は、はたしてどのようなものだったのでしょうか?
 言葉にするならば、前宇宙なるものは、始めもなく終わりもなく、無量無辺であるために、東西南北の別もなく、時間や空間を測ることもできず、遠近上下前後の別もないものということになるでしょう。今日の
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0026 2010.4.17
宇宙のはじまり
 太陽、地球、月の関係については簡単に前述しましたが、 #0006【太陽と地球と月の関係】>> 宇宙の成立に関しても、日本の神典を読み解くことによって明らかになってきます。

「天地(あめつち)初めて発(ひら)けし時」『古事記』本文冒頭

 前にも述べましたが、「やまとことば」は漢字が伝来する以前から古代日本で使われてきましたので
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
霊魂の研究(1) -四魂の説-
『異境備忘録』の研究(59) -運気の盛衰-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『本朝神仙記伝』の研究(1) -饒速日命-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
 
 以前の記事
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY