HOME > 怪異実話(9) -殺生を止めて寿命が延びた人のこと-
 
 
#00293 2014.5.14
怪異実話(9) -殺生を止めて寿命が延びた人のこと-
 
 
『奇談雑史』( #0285【怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-】>> )より(現代語訳:清風道人)

 昔、津国・郡山の村岩の庄という所に富裕な人が住んでいましたが、十二歳の息子を京都に連れ行き、その頃京都で人相見の達人であった郭塞翁という人に見せたところ、翁はその子の相を見て、「この子の齢(よわい)は十九歳限りである」と云いました。
 それを聞いた父は大いに嘆いて、「何とか若死から逃れる方法は無いのか」と云ったところ、翁が「強(し)いて行えば無い訳ではないが、無理であろう」と答えたため、また父が「例え家が傾くほどの財を使っても厭(いと)わないから、この子の齢を延ばす方法を教えてくれ」と頼みました。しかしながら、翁は「私のことを金銭を貪る者だと思うのか。そのような心では例え教えても効験はないだろう」と答えて、その後は二度と物を云いませんでした。

 父は仕方なく旅宿へ帰りましたが、どうしても息子のことが憂えて、再び翁の許へ行って先の過ちを詫び、さらに教えを乞うたところ、翁は「ならば教えよう。他でもない、聞くところによると、貴方は村里において富人であるため他に何も好み楽しむことがなく、暇に任せて狩猟を遊事とし、数多(あまた)の活物を殺しているようだが、これが若死の基である。もし今後固く殺生を慎むなら寿の限りは延びるが、この他に術(すべ)は無い」と云いました。
 その人はそれより殺生を全く止めましたが、息子が十七歳の時に自身が身罷(みまか)ることとなり、最期の時に父が息子に云ったのは「私は汝に先立って身罷ることになったが、お前の死を見ることがなかったことは嬉しいことだ」とのことでした。

 さて、その子が十九歳になった年のある夜、頭が割れるように痛み出し、その苦しさは言葉に出来ないほどでした。この時、例の郭塞翁のことを思い出し、今夜死ぬのだろうと思い定めましたが、夜が明け行くに連れて頭の痛みは軽くなり、朝になると痛みは全く止まりました。
 寝屋を出ると家内の人々がその人の顔を見てしきりに笑うため、驚いて鏡を見たところ、顔面が左の方に曲がって見たこともない形相となっていましたが、これは死の代わりであると思い悟って治療を行わず、その姿で過ごしていました。

 その人が五十三歳の年になり、ある人に顔面が曲がった訳を尋ねられて、一連のことについて詳しく語ったところ、尋ねた人は「それでは今も固く殺生を慎んでおられるのでしょう」と云いました。その人は答えて「そのことですが、他に何も楽しむことがないため、心が緩んでこの頃はまた折々狩猟を行っております」と云ったため、「それは悪いことだ。父も固く戒め、また現にそのように験(しるし)も見えているではないか」と諌(いさ)めて、その人は帰りました。

 奇怪なことに、その夜、例の顔面の曲がった人は頓死したのですが、これは殺生を戒められたにも関わらず、罪と分かっていながらまた破ったことに対する天刑を示し給われたのでありましょう。殺生は短命の基となり、ものの命を助けることは陰徳であり、寿命を延ばす種であります。

(清風道人云、『幽界物語』中の清浄利仙君の御神示に「神仙達が漁猟を始め給えることは殺害を教え給うのではない。後代に、人の食物が少ない所で餓死する者があるのを救うため、且つ人間の精力を助けるために、このような術を起こして生類を招き見せて教えたのだが、後に人間の卑しい心により、味を貪り非義にも殺して食うこととなったのである」とあり、暇に任せた遊事のための殺生によって神罰を被るのは当然のことでしょう。 #0270【『幽界物語』の研究(40) -現界の罪-】>> #0271【『幽界物語』の研究(41) -穢れを忌む-】>> #0275【『幽界物語』の研究(45) -人霊の行方-】>>
 また、父親の罪によって息子の寿命が短縮されるということについては、現界生活で作った悪因縁が自らの帰幽後の幽真生活や来世に影響を及ぼすだけでなく、子孫にも悪影響を及ぼすことが分かります。 #0264【『幽界物語』の研究(34) -前世の因縁-】>>
 人の寿命については、島田幸安によれば「寿数は定めがありますが、それを不養生や横難によって縮める者が多い」とのことで、『神仙感応経(太上感応篇)』にも「善悪の報いは影の形に従うが如し。ここを以て天地に司過の神あり。人の犯すところの軽重によりて、以て人の算を奪う。算減ずれば即ち貧耗にして多く憂患に逢い、(中略)算尽くれば即ち死す」とあります。 #0263【『幽界物語』の研究(33) -寿命について-】>> #0282【『幽界物語』の研究(52) -諸々の霊的事実-】>> )
 
 
 
清風道人
カテゴリ:怪異実話
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00285 2014.3.27
怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-
 現代の常識では説明できない奇跡や怪異について記された書としては、古くは奈良時代の僧・景戒によって著わされた『日本霊異記』や、近年では柳田国男大人(うし)の『遠野物語』などが有名ですが、その柳田大人が最も影響を受けた書が、江戸時代の国学者・宮負貞雄(みやおいやすお)先生によって著わされた『奇談雑史』でした。

 この『奇談雑史』は、宮負先生が
カテゴリ:怪異実話 続きを読む>>
 
#00282 2014.3.9
『幽界物語』の研究(52) -諸々の霊的事実-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生より書簡で問 「世に伝わる玄門の書に、人身の中には三尸(さんし)九蟲(きゅうちゅう)というものがあって、庚(かのえ)申(さる)の夜に人の罪悪を天曹に申すとあります。この三尸九蟲は実に人々にあるものでしょうか。また、甲子祭や庚申
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00275 2014.1.26
『幽界物語』の研究(45) -人霊の行方-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「人界で格別徳も無い人をいささかの功によって社を建て、神として祭ってある場合があるが、これらは幽界ではどのように成っているのか。」

幸安 「人界で神と定めて物を供え祈り祭る時は、その祈りの功によりそれなりの神には成ります
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00271 2014.1.2
『幽界物語』の研究(41) -穢れを忌む-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「仙境で穢れを忌むことについてはどうか。」

幸安 「物の穢れは厳重に忌みます。清浄を第一とし、人の名にも清の字(あざな)などを用いるほどです。」

 幸安が仙境に入ると現界にいる時より肌が美しく清くなり、頭痛や腹痛など
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00270 2013.12.27
『幽界物語』の研究(40) -現界の罪-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生より書簡で問 「雨・風・雷鳴など天気が勝れないなどと云うのはもったいのないことでしょうか。また、貧・苦・病難を憂い、かつ物事を深く案じ、苦労心配をすることについてはいかがでしょうか。」

利仙君より答 「神の御所為を思わず、
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00264 2013.11.21
『幽界物語』の研究(34) -前世の因縁-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「人間(じんかん)に、幼少より早く諸芸などに上達し、抜群に行う者がいるが、どうか。」

幸安 「それは前世において修行の功を積んだ人々が生まれ変わった者です。人界で諸芸学文などをよく習い得た者は、幽境に入ってから功となりま
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 
#00263 2013.11.15
『幽界物語』の研究(33) -寿命について-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「人間の寿命の長短は定まっているのか。」

幸安 「寿数は定めがありますが、それを不養生や横難によって縮める者が多いです。」

参澤先生 「定寿よりも長く生きる術はないのか。」

幸安 「仙境に術はあります。その行を勤め
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
神人感合説(1) -無神論-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
 
 以前の記事
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY