HOME > 神道宇宙観略説(4) -人は万物の霊長-
 
 
#00213 2012.1.23
神道宇宙観略説(4) -人は万物の霊長-
 
 
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 霊・気・質三元の内、気なるものは霊の次位にあって、天地間の生々の活動を司る勢力ですが、この気は霊に属し、また質にも属するもので、霊と質との中間に位置し、無形のようでありますが、これにも原子はあるはずです。今日の科学において、気中に電子や磁子があるといい、陽性と陰性があって互いに相吸引するとされており、その他エネルギーというものなども全て気の属性であります。ある説では気=霊であるとし、気に意識があるように論じているようでありますが、我が神伝に従って考えると、霊と気は全く別物で、気は霊の働きを助ける活動を行っており、気には智・情・意の働きは無いのであります。 #0212【神道宇宙観略説(3) -神代から人代へ-】>>

 これは自己の身体について考えても、体中において血流が循環し、あるいは食物が体内で消化されて身体を養うのも、心意に関わらず知らず知らずの内に行われますが、これは心意を離れた気、即ち勢力によって行われるもので、それらは不随意神経というべきことを考えても、霊と気とは別物であることが分かります。また、身体に針ほどの小さなものを刺しても痛みを覚えて心意に感じますが、これも全く気という勢力が心意に告げるのですから、気は霊にも属し、また霊を離れても運動するもので、霊を離れた時は気には意思が無いことを思えば、霊と気は別物であることは明らかであります。
 その他、電気や磁気などもその性質は異なりますが、全て気の属性であり、いずれも意思が有るものではありません。これによって、霊と気とは、あるいは合し、あるいは離れ、全く別の二物であることを知るべきであります。

 天地開闢(かいびゃく)以前にさかのぼれば、気も霊光と同じく宇宙間に充満した気原子で、その気原子の精々なるものが実在天地成立の前に当たり、質原子の精々なるものと共に、別天(ことあめ)即ち幽中の幽府に集結して大元霊の坐(ま)す宇宙中心に大元星を造り給う元要素と成ったものと窺われるのですが、その成立した所以(ゆえん)は前述したとおり、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と二柱の皇産霊神(みむすびのかみ)の造化の御霊徳によるものであります。 #0210【神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-】>> #0211【神道宇宙観略説(2) -天体の成立-】>>

 この大元星である別天を中心として、宇宙八方に各星の元種が蒔かれたのですが、気中の電気・磁気は、この各星と成るべき元種である精々の質と共に無形の気線と成って、各星はしだいに成立して、今日に至るまで中心である別天の大元星の活動に従って各星が運行するのは、全て気力によるものであります。
 宇宙間にある星球の数は無量の大数ですが、その星球の運行を一糸乱れないように万世に貫いて大活動させるものは、全く中心大元霊の神算に出でて、これに従う気の大勢力であります。天体中の各星球で、別天大元星を中心として公転するものと、地球のように太陽を中心として公転するもの、月のように地球を中心として公転するものがあり、実在天地の宇宙間は、開闢以前の単純に比べて煩雑極まりないものであります。ところが、その煩雑極まりない宇宙間において、秩序整然として一糸乱れないのは大元霊の霊徳によるもので、その気力によってこれらの公転自転の大運行を成さしめ給うためと窺われるのです。
 そして、その運行を司る気線が有形のものであれば、一か所に幾千万億の線糸が重なってまとわりつき、どうにもならないほど煩雑極まりないものですが、その煩雑な各星の運行を一線の乱れもなく自由自在に運行させるのは、その気線が無形線であるからです。つまり、有形実体の各星が運行するのは全く無形の気線によるもので、その秩序整然とした運行が得られるのは、大元霊と坐す天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の霊徳によるものと窺われるのであります。

 今日の人間も、己の一身の活動は気力によるものですが、その気力は人霊すなわち魂心の命ずるところに従って活動するに過ぎず、つまり身体なるものは無形の霊と気に従って活動するもので、物質である有形の身体のみでは思考も活動もなく、一つの土製人形のようなものです。これに活動があるのは、体中にある無形の気力によるもので、その活動が得られるのは全く無形の霊である心魂の命ずるところによるものであることは、己の一身上について考えてみれば自得されるはずであります。 #0028【霊・気・質の関係】>>

 電気や磁気は無形の原子が集合した勢力で、今日の物質世界の人代においても、無線電信電話などが行われることとなり、人意によってこの大勢力を使役するに至ったのでありますが、何物が人の体中にあってこの大勢力を意のままに使役するかといえば、他でもなく人には造化の大元霊と坐(ま)す天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)の御霊光が宿って人霊に四魂の魂徳が備わり、智、情、意の働きがあるからであります。 #0009【生命が宿る瞬間】>> #0038【一霊四魂】>>

 そもそも人は、尊卑の別があるといえども、神代の八百万神の神孫である国津神の遠孫であり、決して猿類が進化して人類と成ったのではありません。猿人論者の説を聞けば、宗教者のことを迷信者として眼下に見下すようでありますが、猿人論を迷信して自己を猿の子孫とし、自ら人格を失う輩(やから)に比べれば、宗教の信者は高尚な人格であるといわねばならないでしょう。 #0059【人類の祖先は本当に猿類か?】>>
 方今天地間の大勢力である電気をも使役するに至ったことを見ても、人徳の高いことを知るべきです。人がこの天地間の気力を使役するためには、その気力より以上のものが人体中に無ければならないことは最も分かりやすい道理であり、人類が「万物の霊長」といわれる所以(ゆえん)であります。 #0012【人は万物の霊長】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:神道宇宙観略説
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00212 2013.1.17
神道宇宙観略説(3) -神代から人代へ-
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 哲学者が「神」と呼ぶものは、多くは非人格的な存在であり、神とは一つの勢力であるとして、いわゆる「エネルギー
カテゴリ:神道宇宙観略説 続きを読む>>
 
#00211 2013.1.11
神道宇宙観略説(2) -天体の成立-
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 たとえ宇宙の中心に大元霊と坐(ま)す神ありといえども、各星万象と成るべき元要素が無ければ有形の万象が成立し
カテゴリ:神道宇宙観略説 続きを読む>>
 
#00210 2013.1.5
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 方今、世で行われているところの宇宙観の各説は、いずれも今日の天体を観察したもので、形而下物質上の可知的宇宙
カテゴリ:神道宇宙観略説 続きを読む>>
 
#0059 2010.10.8
人類の祖先は本当に猿類か?
「神(かむ)伊邪那岐・伊邪那美の命(みこと)妹背二柱(いもせふたはしら)嫁継(とつ)ぎ給ひて、国の八十(やそ)国、島の八十島を生み給ひ、八百万の神等(かみたち)を生み給ひて、麻奈弟子(まなおとこ)に火結神(ほむすびのかみ)を生み給ひて」『鎮火祭祝詞』

 これは太古の鎮火祭(ちんかさい)の祝詞(のりと)の一部ですが、「麻奈弟子」とは古言で「末
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0038 2010.6.25
一霊四魂
 霊魂(たましい)については簡単に前述してきましたが、 #0003【「たましひ」の響き】>> #0004【わたしたちの生命は太陽と同質?】>> #0009【生命が宿る瞬間】>> #0011【霊魂が主か肉体が主か?】>> #0015【人間の本性は善か悪か(1)】>> 日本古学では「一霊四魂
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0028 2010.4.29
霊・気・質の関係
 話のついでに、宇宙を構成する霊・気・質の関係についても触れておきたいと思いますが、これについても人身をみれば簡単にわかります。 #0027【ビッグバン以前の宇宙】>>
 まずわたしたちの肉体(質)には生命体(霊)がそなわっており、その生命体である霊魂の指示によって内臓が活動し、血液などの体液が流動して肉体を維持する活動を行ってい
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0012 2010.1.31
人間は万物の霊長
 霊魂は、神霊の一微分子を付与されたものですから、人間も神の霊徳に似た妙用をそなえています。 #0003【「たましひ」の響き】>> #0009【生命が宿る瞬間】>> 
 しかしながら神と人は同じではありません。たとえば大海の海水とコップに汲み取った海水は、その質においては同じですが、分量の大小多寡はとても比較できるもので
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 
#0009 2010.1.14
生命が宿る瞬間
 人間という存在が、有形に属する土・金・水の質をそなえた肉体に、無形に属する風と火の性をもった霊魂が宿ったものであることを述べてきましたが、具体的にはわたしたち人間はどのようにして生まれるのでしょうか。 #0002【森羅万象を説く「五元」の説】>> #0003【「たましひ」の響き】>>

 日本古学によると、人間は妊娠
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
宮地神仙道要義(1) -序に代へて-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
霊魂の研究(1) -四魂の説-
尸解の玄理(1) -神化の道-
日本は神仙往来の要路(1) -本立ちて道生ず-
空飛ぶ人々(1) -概略-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
 
 以前の記事
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY