HOME > 君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
 
 
#00533 2018.5.8
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-
 
 
 然るに、尭(ぎょう)の時代に成りたる『山海経(せんがいきょう)』に、本邦を君子之国とも不死之国とも載せ置きたるより、漢土にては、東海中に然る国在りとは普く人の信ずる所となりて、代々これを云ひたる者少なからず。 #0528【君子不死之国考(1) -概略-】>>

 中に就ても、まずこの考への初めに挙げたる、范曄(はんよう)の『東夷伝』、または章懐太子(しょうかいたいし)の註、古くはかの『論語』に、「子、九夷ニ居(お)ラント欲ス。或ル人ノ曰ク、陋(ろう)ナリ、コレヲ如何(いかん)セン。子、曰ク、コレニ君子居ラバ、何ノ陋カコレ有ラン」(清風道人訳、孔子が道義の廃れた自国を嘆いて「九夷国に住みたい」と言った。ある人が「九夷は野蛮です。これをどうするのです」と言うと、孔子は「君子が居る国なのだから野蛮ではない」と答えた)と有るも、「又、道行ハレズ、桴(いかだ)ニ乗リテ海ニ浮カバン。我ニ従フ者ハ、ソレ由(ゆう)カト。子路、コレヲ聞キテ喜ブ」(清風道人訳、孔子が「道徳が行われず、桴に乗って海外に行きたいが、私に従う者は由(弟子の子路)ぐらいか」と言った。子路はこれを聞いて喜んだ)と有るも皆、孔子が東方に在る君子之国を慕ひたる事実なることは、本文の儘にてもよく分かりたれど、孔子も『山海経』以来、東海中に君子之国の在ることを信じて居(おり)たるより、その道義の行はれざるを憤る余り、遂にこの語を発したるや疑ひなし。

 また、これと思ひ合すべきは、『礼記』の孔子の語中に、「少連(こむらじ)・大連(おおむらじ)、善ク喪ニ居ル。三日怠ラズ。三月解カズ。期悲哀シ、三年憂フ。東夷ノ子ナリ」とあるこれなり。それは何かと云ふに、漢土にて東夷と云ふは、多く本邦を指すこと常なるに、この語中、「東夷ノ子ナリ」とあるは、必ず本邦人の子なりと云ふことなるべし。
 而(しか)して、本邦古代の官名に「大連」あるは、考ふべきのことならずや。こゝに於て、熟々(つらつら)案ずるに、本邦にてこの官を置かれたるは垂仁天皇の御代なれば、孔子の時代よりは余程後なれど、要するに本邦の連(むらじ)は群主(むれぬし)の義にて、多くの事を主管するの名称と聞こゆれば、後世にて大名・小名、または国司・郡頭など云へるものゝ如く、古代に在りて、大小の土地を主領し、多少の人民を支配する者をば、かく称せしものと見えたり。
 然れば、これを官名に用ふたるは後なれども、この名称は建国の始めより有りたりとも云ふべきか、それは『古事記』『日本書紀』『姓氏録』等を見れば自ずから明らかなるべし。

 さては、孔子の時代に当たりて、我が歴史にこそ見えね、本邦より然る群主たる者の、何か事故ありて、かの国に行きて、猶も本国の名を用ひて、少連・大連と称する兄弟の、よく父母に仕へたるが、その親の喪に遇へる事ありて、その時善く礼を行ひ、三日間は漿水(しょうすい)も口に入れず、三月間は喪を解かず、期(一週間)は悲哀し、三年間は憂戚の余り憔悴して居(おり)たりしを、孔子は至孝の道を尽くしたる者として、世の模範にと挙げ置きたるを、また『小学外篇』の明倫の章にもこれを引きて、その註に「二子、中国ニ進ミタルノミニアラズシテ、且ツ礼ヲ善クス。故ニ孔子、称ヘテコレヲ表ス」と有るを思へば、孔子は、この二子が礼を尽くせしを親しく見聞せし如くも聞こゆれば、唯に『山海経』等の古伝を信じたるのみにあらずして、或はこれ等の人より、我が皇室の事等をも詳しく聞きて、常に慕ひ居たりしより、懐憤の余り、「九夷ニ居ラント欲ス」との嘆をも発したるにはあらざるか。これは憶測の考へなれども、参考の為に云へり。

 また、九夷の事に就ては諸説あり、明の漳本清(しょうほんせい)は日本を以て九夷中の一つなりとし、北畠親房卿も日本は九夷の一つなるべしと云はれ、三善清行朝臣はこの九夷は全く日本の事なりとして、延喜十四年に奉れる『意見封事』の表に、本邦の事を云ひて「范子(はんし)、コレヲ君子之国ト謂(い)ヒ」とあるを始め、この外諸説多し。
 然れども、明の漳本清と北畠親房卿とが日本を以て九夷の一つなりとなしたるも、三善清行朝臣が九夷を以て本邦となしたるも、これは唯九夷を大きく見たると、小さく見たるとの差有るに止まりて、その日本を指せりとするに至りては同一なり。故に、孰れを是なりとするも、この考説には妨げ無きなり。

 何となれば、仮令(たとえ)日本を以て九夷中の一つなりとするも、孔子の「君子コレニ居ル」と云ひて慕ひたるは、必ず本邦なるべければなり。何を以てこれを云ふぞとなれば、孔子の九夷に居らんと欲するや、「桴ニ乗リテ海ニ浮カバン」と云へり。九夷もし海島にあらずむば、何ぞ桴用ゐるの必要有らむや。この一事を以ても、その本邦なることを証するに足るべし。
 大角翁(平田篤胤先生)、既に云へることあり。九夷とは我が筑紫国、即ち今の九州の、上古より自然の如く、九国に区別せる事を聞き伝へて、かくは名付けしなりと。もしこの説をして真(まこと)ならしめば、九夷は日本中の一つなり。
 而して、九夷の名、よく我が九国の数に合へるは、また奇ならずや。余(よ)は信じてこの説を採るものなり。 #0249【『幽界物語』の研究(19) -神々のこと-】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:君子不死之国考
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00528 2018.4.7
君子不死之国考(1) -概略-
(清風道人云、この『君子不死之国考』は、明治天皇の側近として宮内省式部掌典を務められた明治の神道界の重鎮で、また秘かに宮地神仙道の道統を継承された方全霊寿真・宮地厳夫先生が、和漢の諸書を編纂して我国の国史を考証し、明治二十四年二月九日に脱稿された論考です。 #0379【水位先生の門流(1) -道統第二代・方全先生-】>> 
カテゴリ:君子不死之国考 続きを読む>>
 
#00249 2013.8.24
『幽界物語』の研究(19) -神々のこと-
『幽界物語』( #0231【『幽界物語』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

参澤先生 「仙人が各地をご巡見されるとのことだが、何のためにされるのか。」

幸安 「日本国中所々の決まった山々にお勤めに参ります。この紀伊国では、毎年三月七日、八日の頃より花山へ一ヶ月間、利仙君がお供の官人を召し連れてお越しになら
カテゴリ:『幽界物語』の研究 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
『幽界物語』の研究(1) -概略-
尸解の玄理(1) -神化の道-
『古事記序文』解説(4)
神仙の存在について(1) -有神論で成り立つ日本の国体-
扶桑皇典(39) -人は神に似たり-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
 
 以前の記事
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY