HOME > 『本朝神仙記伝』の研究(19) -養老仙人-
 
 
#00401 2016.2.24
『本朝神仙記伝』の研究(19) -養老仙人-
 
 
 養老仙人はその姓名を詳らかにせず。美濃国多藝郡(たげのこおり)の樵夫(しょうふ)にして、母に仕へて至孝なり。
 元正天皇の霊亀三年、この樵夫の孝咸(こうかん)に因りて同郡多度山より醴泉(れいせん)出(いだ)せり。故に改元ありて、霊亀の年号を改めて養老とせらる。これを以てこの樵夫の孝名、普(あまね)く世に知られたり。然(しか)れども、この樵夫が道を得て神仙となりたることは、未だこれを知る者無かりき。

 然るに後陽成天皇の天正年間に至りて、美濃国本巣郡に草野某(なにがし)と云ふ者あり。元は官禄ある武家の末族なりしが、四歳の時父を失ひ、家甚だ衰へ困窮しければ、成長の後、京都に上りて西園寺殿に奉公し居たりける。
 ある時故郷の母の方より、「病み煩ひ居れば、急ぎ帰国すべし」と告げ越したるにぞ、主君に暇(いとま)を乞ひ、故郷に赴く所に、この時豊臣秀吉、(織田)信孝・(柴田)勝家等を責められ、美濃・尾張の間、合戦闘争止むこと無き折ふしなれば、草野僅かに携へたる物皆盗賊に奪はれ、漸々(ようよう)危き命のみ助かりて家に帰る。
 老母の歓び一方(ひとかた)ならず。「先頃より胸痛み食勧まず、頼み少なく覚えしより呼び下せしなり」と云ふ。草野、「疾(と)く帰るべきを、道中兵乱の為、往来心に任せず。遅なはりぬ」とて、懐中より薬を出して母に与へ、これより昼夜看病し、孝行を尽くしける。家貧しければ飯・野菜のみにて、美味を進むる便なきを歎き、母の病間ある時は近郷に出て人に雇はれ、その賃を取り、聊(いささ)か魚肉等調(ととの)へ勧めける。
 かくて二年余り、少しも怠りなく労(いた)はりけるが、遂に死にける。草野大に歎き悲しみ、飲食口に入らず痩せ衰へ、唯明け暮れ伏し沈みて泣き居たり。

 程経て後ある日、当国の国司と覚しき貴人、衣服太刀等華やかに出(いで)立ち、月毛の馬に乗り、供人二十人ばかり引きぐし、草野が門に来り。
 馬より降りて内に入り、泣き悲しめる草野に向ひ、「汝、孝行の誠ありて、親の死を悲しむこと至れり。然れども哀傷の心編にして、その限りを知らざれば、父母の遺体を損なひて却て不孝にやなりなむ。いざ此方(こなた)へ来るべし。教ふべきことあり」とて伴ひ出給ひ、遥かに東の方二里ばかり行きて、瀧壺の傍(そば)なる綺麗なる亭に入り給へば、家人扈従(こじゅう)の者ども、門外に出迎う。草野恐れかゞみて進みかねたるを、貴人押して座上に居(す)へ、銚子、土器(かわらけ)、数々の隹肴(かこう)を列(つらね)て饗応(きょうおう)し給ふ。

 草野、甚(いと)奇(あやし)みて貴人に向ひ、「君はこの国の国司と見ゆ。某(それがし)は元来辺鄙(へんぴ)の土民なり。何故かゝる高堂に上らしめ給ふらむ」と云ふ。
 貴人答へて、「汝、誠に匹夫(ひっぷ)にして賤しと雖(いえど)も、孝行の徳、冥慮に通じ、今この瀧の下に連れ来り。こゝは元より霊場にして、神仙鎮護の名瀧(めいろう)なり。我また世の常の人にあらず、いでやその由来を語り聞かすべし。昔、人皇四十四代・元正天皇の御宇に、当国多藝郡に一人の民あり。極めて老母に孝行なり。老母、常に酒を好めり。民、日毎に薪を取り、酒にかへて老母に勧む。ある年の冬、大雪降りて、山に入りて薪を取ること能(あた)はず。酒を買ふべき便り無し。民、憂ひ嘆きてこの瀧の流れを臨むに、酒の薫りあり。奇(あやし)みながら飲み試みるに、正しく酒にてぞありける。大いに悦び汲み運びて、心の儘に母に勧め養ひしかば、この酒即ち長生不死の仙薬にて、母暫くの間に老ひを変じて若やぎ、白髪忽ち黒くなりたる。遂に汲めども尽きぬ酒の泉を保ちて、一家富み栄えぬ。国人、『例(ためし)なき祥瑞(しょうずい)なり』とて、朝廷に奏聞(そうもん)せしかば、霊亀三年九月、天皇美濃国に行幸在らせられ、御親(みみずか)らこの泉に臨ませ給ひ、この瀧の水よく老母を養ひしとて、『養老の瀧』と号せられ、同年十一月には霊亀の年号をさへ養老と改められ、かの民をば厚く賞し給ひける。然れば、かの民と云ふは即ち我がことなり。これ全く我が孝行の徳に因りて神仙の冥助を蒙り、かくの如きに至りたるものなれば、我世を去りてより此降(このかた)、永くこの養老の瀧の下に住みて当国守護の神となり、国中の人の善悪を鑑(かんが)み賞罰を行ふ。汝既に親に孝行なること、我昔の孝行に近し。この故に同声相応じ、同気相求めてかく招待せるなり。何か苦しかるべき。唯打ち解けて酒を飲み、精神を養ふべし」とて、家臣に命じて舞楽を奏し、今様(いまよう)を歌はしむ。興に乗じ酒闌(たけなわ)にして、面白さ限り無し。

 時に山廻りの奉行こゝを過(よぎ)り、遥かに酒宴舞楽の声を聞き、「かゝる人倫絶へたる深山に酒宴有るべきやうなし、いかさまこれは山賊どもの集り来て、密かに宴を張るものならむ。急に討ち取るべし」と、物具固め手配りして、まず四方より鉄砲を数十丁打ちかけ、近寄りて見れば何も無し。唯草野一人呆然として座し居たり。
 山廻りども呆れて子細(しさい)に問へば、草野、「かくかくの次第にて有りき」と語りしに依りて、かの養老の昔の孝子が神仙と成りて、今も猶こゝの幽境に在ることを、世人も知ることゝはなりしとぞ。
 かくて草野は、この後も常々この瀧の下に通ひてかの神仙に出逢ひ、種々の法術を授かり、修練効積りて仙道を成就し、遂に飛行自在の身と成りて行方知らずなりしと云へり。

 厳夫云、本伝は『玉櫛笥』に載せたるを、『続日本紀』、『十訓抄』、『古今著聞集』等を参考してこゝに挙げたり。(中略)
 熟々(つらつら)案ずるに、神仙の語中に「この酒即ち長生不死の仙薬にて云々」と云へるは、誠に然ることゝ思はる。それはかの漢の東方朔が著に係る『十洲記』に、「瀛州(えいしゅう)は東海の中に在り、地方四千里、大抵これ会稽(かいけい)に対す。西岸を去ること七十万里、上に神芝仙草を生(しょう)す。また玉石(ぎょくせき)あり、高さ千丈、泉を出す。酒の如くにして味ひ甘し。これを名付けて玉醴泉(ぎょくれいせん)と為す。これを飲むこと数升なれば、即ち酔ふて人をして長生せしむ」とあり。
 この瀛州は、蓬莱、方丈と共に三神山と称せらるゝ仙境なり。然るにその瀛州に有る玉醴泉も、人をして長生せしむとありて仙薬ならば、養老の醴泉もこれと均しき仙薬なること、固より云ふを待たず。然ればかの孝子も、唯老母に飲ませたるのみならず、自らも汲みてこれを飲みしを以て、不老不死の神仙とは成れるべし。

 但し醴とは、甘酒または一夜酒(いちやざけ)と云ふ物のことなり。それは『釈名』に、「醴は禮(礼)なり。これを醸(かも)して一夜にして醴と成る。酒の味ひ有るのみ」と云ひ、また『前漢書』の楚の元王の伝にも、「元王、置酒する毎に、常に穆生(ぼくせい)の為に醴を設く」とある所の師古の註に、「醴は甘酒なり。麹を少なくし、米を多くして、一夜にして熟す」とあり、醴の所謂(いわゆる)甘酒即ち一夜酒なること明らかなり。
 而(しか)してかの泉を醴泉と名付けたる由は、『廣韻』に「醴泉は美泉なり。状(かたち)醴酒の如し。老ひを養ふべし」とあれば、その泉のよく醴酒に似たるにより、かくは名付けしものと知るべし。

(清風道人云、孝心の深い者が神仙によって導かれた実例は数多存し、また宮地水位先生の手記にも、「報本反始親に事(つか)へ、天に仕へ、君王に忠貞を尽くし、長(とこし)へにこの世にありて、道のため国のために報ゆる身なれば、生を養ひ疾病を避け、その命を保愛し、天一真君(てんいつしんくん)の元気を守り、身を立て、道を行ひ、永く天神に仕へ奉る。これ所謂(いわゆる)人の真道なり」とあります。 #0159【『仙境異聞』の研究(24) -人の真道とは?-】>> #0315【怪異実話(31) -神の出雲参集の伴をした人のこと-】>> )
 
 
 
清風道人
カテゴリ:『本朝神仙記伝』の研究
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00315 2014.9.20
怪異実話(31) -神の出雲参集の伴をした人のこと-
『奇談雑史』( #0285【怪異実話(1) -紀州八木山の里の山神祭のこと-】>> )より(現代語訳:清風道人)

 大和国・山辺郡・三味田村という所に助五郎という者がおり、父が早く罷(まか)ったため、母と二人で住んでいました。この者は、性質は正直、律儀で孝心も深く、歳は二十八、九ですが利発だったため、領主より村長役を仰せられ、家も富
カテゴリ:怪異実話 続きを読む>>
 
#00159 2012.3.7
『仙境異聞』の研究(24) -人の真道とは?-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 :ある人が冗談半分で寅吉に云った。
「私はこの世に住んでいても侘(わび)しいだけだ。山人になりたいと思うのだが、山へ帰る時に私も伴って連れて行ってくれないか。」

寅吉はそれを真面目に受け止め、居直って云った。
「それは
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
扶桑皇典(10) -顕幽分界-
『古事記序文』解説(4)
世界太古伝実話(1) -神代という時代-
世界太古伝実話(6) -先入観による弊害-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
 
 以前の記事
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY