HOME > 生類の霊異(30) -狸及び貂(解説)-
 
 
#00597 2019.6.5
生類の霊異(30) -狸及び貂(解説)-
 
 
 狸及びその同族たる貂(むじな)は狐と等しく、我国にて古来妖獣の一流者として怪物相場を定められて居るが、その繁殖力は狐に劣り、又姦獪(かんかい)なことや貪欲や性欲やも又狐ほどに無いから、その状貌も自ずから狐ほどに嫌味が無く、むしろ可愛らしく滑稽である。 #0594【生類の霊異(27) -狐(淫蕩性及び防衛的武器)-】>>

 動物学者や動物園の管理者等が、この日本特産の珍獣に親しむの余りに、古来狸は魔獣たるの冤罪を受けたり等と、これに一抹の同情心を寄せるのも尤ものことである。しかしながら、狸の老いたるものは貉と共に、老狐の人を魅惑するに似たる邪力を人間に投じ得る野獣である。 #0350【『異境備忘録』の研究(35) -鳥獣の進化-】>>

 今日我国にて都鄙(とひ)一般に狐狸属の減少したことは著しい中に、特に狸はこのまゝにては絶種するの虞(おそれ)あるまでに少なくなって居り、自然その魅惑力を実地に研究することは至難である。
 殊に又、種属の衰弱に瀕した動物の原則として、その精神作用も生理力も著しく古へよりも衰微をして居ることも、吾等の研究の支障となって居る。本篇に収録した狸及び貉の事例の大部分が、明治以前のものに係るのは余儀ない事である。

 狸(以下単に狸と書くのも貉を含んだと解せられたい)が人間に加へる悪戯の性質は、狐のそれとは自ずから相違して居る。狐の行為には陰険味が含まれるけれど、狸のは徹頭徹尾、茶目式であるやうだ。
 著者(岡田建文大人)の郷里の野中市では、近所に栖む狸が白昼に台所へ来て、焚火して居る割木(まき)を咥へて床の下に這入り込んだことが何度もあった。人が騒ぐのを興(おもしろ)がってやることである。後に騒ぐのを慎んで居るやうになってからは止めたと云ふ。
 又、著者の母の生家では出入りの老婆・某に随(つ)いて来る古狸が、よく器物を隠匿して人を困らしたことがある。(詳細は後段に載せた)

 狸はその悪戯の一点から考へると、かなり智能者であるらしいけれど、物の理解力は遥かに狐に劣って居る。俗に狐憑(きつねつき)は理を以て責め得るも、狸貉は理責めにかゝらぬと云ふのも経験上のことらしい。狸は狐に比し確かに愚物である。 #0146【『仙境異聞』の研究(11) -狐が人に憑く?-】>> #0506【扶桑皇典(36) -狐狸-】>> #0589【生類の霊異(22) -狐(狐憑現象)-】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:生類の霊異
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00594 2019.5.18
生類の霊異(27) -狐(淫蕩性及び防衛的武器)-
 狐は淫獣で、美男美女に化けて人を烝(おか)すと云ふ伝説は昔から多く、我国のみならず支那・朝鮮にもあり、殊に支那には頗(すこぶ)る多い。
 狐の烝人(じょうじん)行為を事実として考察する時は、狐と人とは心霊素質に共通の或るものがあるとせねばならぬ。動物にして烝人行為を為すは、狐の外に河童と蛇、稀に猿が伝へられて居る。 #0577【
カテゴリ:生類の霊異 続きを読む>>
 
#00589 2019.4.18
生類の霊異(22) -狐(狐憑現象)-
 狐憑(きつねつき)なるものは変態精神か又は真正の事実かを論ずる人への資料として、下に聊(いささ)か現象事を書かう。 #0146【『仙境異聞』の研究(11) -狐が人に憑く?-】>> #0273【『幽界物語』の研究(43) -幽界の禍物-】>>

<瀕死病婦の大飛跳>
 松江市殿町△△呉服店の四十余歳の妻女が奇病に罹り、数十日
カテゴリ:生類の霊異 続きを読む>>
 
#00506 2017.11.26
扶桑皇典(36) -狐狸-
 狐狸(こり)は、よく幽界に出入りするを以て、人の及ばぬ術をも行ふ事あり。例へば、己が霊を肉体より脱して人に憑り、或は形を変へて人の姿に現れ、また人物・鳥獣を咒(まじな)ひて、我の意の如くする類の如し。 #0146【『仙境異聞』の研究(11) -狐が人に憑く?-】>> #0309【怪異実話(25) -狐に化かされた人のこと-】>>
カテゴリ:扶桑皇典 続きを読む>>
 
#00350 2015.4.21
『異境備忘録』の研究(35) -鳥獣の進化-
「鳥の嘴(くちばし)と足の赤きは仙界の鳥と心得べし。又、兎また雉は幽界にて使はれ人間(じんかん)に神使となりて出る事あり。」『異境備忘録』

 現界の生類の中でも特に鳥類は幽界に近く、また蟹や蟻等も神使として使われることが『幽界物語』中に見えます。 #0267【『幽界物語』の研究(37) -現界の生類-】>>

「天狗界中にて、芝塚兵
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00146 2011.12.24
『仙境異聞』の研究(11) -狐が人に憑く?-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 「世に狐が人に憑(つ)くということがいくらもあるが、たちまち落とす手段はないのか。」

寅吉 「傲慢な人か、心に隙がある人が狐に憑かれて化かされます。心正しい人には憑くことができず、またそのような人は化かされることはありま
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
神道宇宙観略説(7) -人は分霊神-
清明伝(1) -災いは穢れから-
清明伝(9) -火は活ける神-
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
 
 以前の記事
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY