HOME > 民主主義の起源
 
 
#00123 2011.8.25
民主主義の起源
 
 
「ここに高御産巣日神(たかみむすびのかみ)、天照大御神の命(みこと)以(もち)て、天安河(あめのやすかわ)の河原に八百万神を神(かむ)集へに集へて、思金神(おもいかねのかみ)に思はしめて詔(の)りたまはく、「この葦原中国(あしはらのなかつくに)は、我が御子の知らさむ国と言依(ことよ)さしたまへる国なり。かれ、この国に千早振(ちはやぶ)る荒振る国神等(くにつかみども)の多(さわ)なると以為(おも)ほすは、何れの神を使はしてか言趣(ことむ)けまし」とのりたまひき。」『古事記』

 「天安河」は、須佐之男命と天照大御神の宇気比(うけい)の段(くだり)にも出てきますが、高天原(太陽神界)にある川で、その河原で高皇産霊神(たかみむすびのかみ)と天照大御神が八百万神を集めて会議を開催することとなりました。 #0072【宇気比の神術】>> 天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)の実見調査によって、地球上には荒振る神等が多く、天下泰平ではないことが判明しましたが、「次にどの神を派遣するか?」というのが会議の議題となっています。 #0122【天浮橋は空中の気道】>>
 (思金神とは八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)のことで、火神(ひのかみ)迦具土神(かぐつちのかみ)の神孫にあたり、天児屋根命(あめのこやねのみこと)の父にあたる神です。この神はご神名のとおり、智(さと)り深き神で、臣位の長ともいうべき神であるため、高天原で神議を行う際には議長として、八百万神の神議の趣旨を深く思い議って上奏されることとうかがわれます。 #0078【天石屋隠れ -三種の神器の起源-】>> #0079【人類物質世界開闢のため】>> )

 さてこの伝ですが、天地開闢以来、天津御祖大神(あまつみおやのおおかみ)たちは、主権君位の神でありながらも独断ではなく、臣位の八百万神を集めて神議(かむはか)りを行って神政を行いました。 #0105【主権君位の神】>> #0106【神々の社会】>> 
 世の多くの人は、現在の民主主義や国会は西洋から出たものであると認識しているようですが、それは大きな誤りで、遠く神代の時代において、天津神によって万神による神議の原則が立てられたことがこの伝からわかります。もちろん西洋各国にこの神伝はありませんが、文明が開けるに従って、知らず知らずのうちに各国ともこの神政に習って会議法を採用することとなったのは、まさに天地自然の摂理といえるでしょう。 #0094【世界太古伝実話(3)-最も早く開けた国】>> #0095【世界太古伝実話(4)-大元の神の意志-】>>
 しかし日本以外の国は、皇室という万世不変の神定による主権君位が存在せず、人定の政権君主であるため、政権の変動によって絶えず革命や戦乱が生じてきました。万世一系の皇室という君位をいただいている日本の国体がいかに尊いかが、これによってわかります。 #0046【陰徳を積む】>>

 さてこの時は天安河の河原が高天原の会議場となり、高皇産霊神、天照大御神が君臨し、八百万神を神集いに集いて大憲を立てられたわけですが、無上至尊である高皇産霊神、天照大御神といえども、神政上の重大な決定を独断でされることなく、臣位の八百万神と神議り給い、その奏するところに従って行われることとうかがわれますが、後世の人間もこれに神習うべきものと思われます。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:日本の神伝
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00106 2011.5.28
神々の社会
 造化三神と六柱の神、合わせて九柱の神が主権君位の神であることは前述によって明らかですが、 #0105【主権君位の神】>> 八百万神の内、隠身(かくりみ)の独神(ひとりがみ)である葦牙彦遅神(あしかびひこぢのかみ)、天之常立神(あめのとこたちのかみ)、国之常立神(くにのとこたちのかみ)、豊雲野神(とよくもぬのかみ)の四柱の神、また
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#00105 2011.5.23
主権君位の神
 さて、ここで主権君位の神について考察しておきたいと思いますが、天地開闢(かいびゃく)以来、主権君位の神は九柱であり、その内造化三神(天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神)を除いて、すべて神勅によって定められた神です。 #0029【造化大元霊】>> #0030【天地万物造化のはじまり】>> 

 本来主権というものは一
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0095 2011.3.28
世界太古伝実話(4) -大元の神の意志-
 この話は、大正3年に行われた宮地巖夫先生(1847~1918、宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められた明治における神道界の重鎮)による講話を筆記したものの一部(導入部分)を、僭越ながら、後学の徒、清風道人が現代語風におきかえたものです。( #0094【世界太古伝実話(3)-最も早く開けた国】>> より続く)

 なおまた今一つ、最も申し
カテゴリ:世界太古伝実話 続きを読む>>
 
#0094 2011.3.23
世界太古伝実話(3) -最も早く開けた国-
 この話は、大正3年に行われた宮地巖夫先生(1847~1918、宮内省式部掌典として明治天皇の側近を務められた明治における神道界の重鎮)による講話を筆記したものの一部(導入部分)を、僭越ながら、後学の徒、清風道人が現代語風におきかえたものです。( #0093【世界太古伝実話(2) -古伝と神話-】>> より続く)

 このような訳で、古伝と神話
カテゴリ:世界太古伝実話 続きを読む>>
 
#0079 2011.1.17
人類物質世界開闢のため
「天児屋命(あめのこやねのみこと)布刀玉命(ふとだまのみこと)を召して、天香山(あめのかぐやま)の真男鹿(まおしか)の肩を内(うつ)抜きに抜きて天香山の天波波迦(あめのははか)を取りて、占へまかなはしめて」『古事記』

 天児屋命(あめのこやねのみこと)は別のご神名を国之辞代主神(くにのことしろぬしのかみ)といい、天之辞代主神(あめのことしろ
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0078 2011.1.12
天石屋隠れ -三種の神器の起源-
「かれ、ここに天照大御神見畏(かしこ)みて、天石屋戸(あめのいわやど)を閇(た)て、刺しこもりましき。すなはち高天原皆暗く、葦原中国(あしはらのなかつくに)悉(ことごと)に闇(くら)し。これによりて常夜(とこよ)往くを、ここに万(よろず)の神の声(おとない)は狭蝿(さばえ)なす皆満ち、万(よろず)の妖(わざわい)悉(ことごと)に発(おこ)りき。
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0072 2010.12.15
宇気比の神術
「日神(ひのかみ)、素盞鳴尊(すさのおのみこと)と共に相対(あいむか)ひて立誓(うけい)て曰(のたま)はく、「もし汝(いまし)心、明浄(あかくきよらか)にて、凌(しの)ぎ奪ふの意(こころ)有らずば、汝(いまし)の生む児(みこ)必ず当(まさ)に男(ひこみこ)ならむ」と言(のたま)ひ訖(お)へて」『日本書紀』

 この『日本書紀』の本文は『古事記
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0046 2010.8.4
陰徳を積む
 日本国憲法第一条には、「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」とありますが、日本国民でさえも、天皇陛下の仕事のことを詳しく知る人は少ないようです。

 天皇(やまとことばではスメラミコト)とは、日本国に君臨する国王ではなく、また民を支配する皇帝でもなく、敬神(神を敬い先祖を敬う
カテゴリ:玄学の基本 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
霊魂と肉体(6) -霊魂の種子-
神人感合説(1) -無神論-
扶桑皇典(44) -神に習ふべし・下-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
 
 以前の記事
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY