HOME > 『異境備忘録』の研究(43) -仏仙界-
 
 
#00358 2015.06.8
『異境備忘録』の研究(43) -仏仙界-
 
 
「仏仙界を見たく思ふ時は、神仙等に願ふ時は眼前にその界の状(さま)を現し、又、古の合戦の有状(ありさま)等も現して見せ給ふなり。又、少名彦那大神、龍飛命、龍徳命、川丹先生、清浄利仙君等に伴はれたる時は何所の界にても行きて見る事も自在なり。」『異境備忘録』 #0329【『異境備忘録』の研究(14) -肉転仙の幽助-】>> #0334【『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-】>> #0344【『異境備忘録』の研究(29) -海神-】>>

「宮殿の状(さま)にし塔を構へて五色に彩れるは仏仙界なり。」『異境備忘録』

「仏境はその入口大なる川ありて、舟三艘岸に着きゐたり。その舟に乗りて川を渡る時は大なる黒木の門あり。右の方は冥官の館あり。左の方は松樹生ひたり。黒木の門を内に入れば大なる砂漠なり。こゝを過ぎれば大海あり。その色茶色なり。その中に上の大なる山なり。躑躅(つつじ)の花三段に咲き、実に美麗なり。これ遥かに見る所にしてこの砂漠の岸には舟ありと雖(いえど)もその界の許しなければ容易(たやす)く近づき見る事能(あた)はず。然(しか)るにこの山には、アラヽウツタラニ仏仙釈迦氏の宮ありと云ふ。」『異境備忘録』

 釈迦氏が修した原始仏教の本質が、出家して沐浴、断食、瞑想等の修行を行い、戒律を守って徳を積み、霊胎凝結の道を成就することであったことは前述した通りですが、かくして尸解を遂げ仙去した釈迦氏は高徳の仏仙となり、仏仙界を司掌されるに至ったものと思われます。 #0161【『仙境異聞』の研究(26) -原始仏教の本質-】>>
 また、仏教に民間信仰が混入して生まれた概念に、「此岸(しがん、現界)と彼岸(幽界)の境目には三途の川がある」という伝承がありますが、恐らくは仏仙界の実相が漏れ伝わったものでしょう。

「仏仙界の冥官九仙の中に羅喇(ららつ)大王と云へるは、この界の大豪傑と称して髪逆立ち髭面を掩(おお)う。その毛三方に角の如く分かれ、その長さ二尺余に見え、右の手に常に大剣を握りて、衣は龍形の大紋あるを服し、眉間に眼鏡に似たる物を以て髪の□作りたり。その光に多くの新参霊は平伏恐怖するなり。その面貌畏(かしこ)くも武甕槌神(たけみかづちのかみ)に似たり。その体は武甕槌神より少しく大なり。経津主神(ふつぬしのかみ)は何れの界に入りても拝み見たる事なければ、この神の御容貌は知らざるなり。」『異境備忘録』

 武甕槌神と経津主神は、共に伊邪那岐神の神剣より化生した神ですが、物実が同一であるため、合して一柱とも成ることが伝承されています。 #0055【神々の分体と合体】>> #0338【『異境備忘録』の研究(23) -神仙界の刑法所-】>>

「仏魔と云へるものあり。夜中に種々の異形を現ずるが中に、多くは金色にて長高く体大きく、左右に金色の童子長卑(ひく)きが二人付き添ひたり。夜中にこの仏魔に行き遭ふ時は忽(たちま)ちすくみ、手足自由ならず。声を出さんとするにも口つぐみて言語出でず。夢中にものに襲はれたるが如く、このもの消え失せて後は熱病を発する事あり。その病は猛烈の瘧病(おこりやまい)に似たり。この病を癒すには桃核を細抹として温湯で嚥下(のみくだ)し、体をば雞冠石(けいかんせき)の粉を以て塗るべし。如此(かくのごとく)すればその病も速かに癒(なお)るなり。 #0353【『異境備忘録』の研究(38) -天狗界の養生法-】>>
 又、厠(かわや)を不潔にする時はこの仏魔の立ち寄る事あり。故に厠は清潔にして硝子鏡を常に掛け置くべし。厠の中には金の鏡は用に立ち難し。如此すれば厠中にこの仏魔の入る事なし。この仏魔に出会するは、多くは深夜に厠に行きがけに遭ふものなり。」『異境備忘録』

 仏仙界は万霊神岳中の一仙界で、上層部は神仙界と交流し、下層部は魔界にも通じる幽境ですが、仏典の中には万霊神岳系統の神仙達によって伝承された多くの思想が盛られており、玄胎を意生身(いしょうしん)と称し、別天(ことあめ、北天神界)を真如と称し、少名彦那神を梵天子(ぼんてんし)、または童子天(どうしてん)と称するように、仏教的に表現すればそうなるというようなもので、仏道においてもその本質を見極めることが重要でしょう。 #0119【万国を開闢せし皇国の神々】>> #0210【神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-】>> #0319【『異境備忘録』の研究(4) -幽界の大都-】>> #0322【『異境備忘録』の研究(7) -宇内の大評定-】>>
 このことは、本居宣長先生が常に観音経を誦読(しょうどく)され、また菅原道真公や楠木正成公も深く仏教に帰依されながら敬神の心も篤く、御帰天後に神集岳の神仙と成られていることからも分かります。 #0337【『異境備忘録』の研究(22) -紫房宮の七神仙-】>> #0340『異境備忘録』の研究(25) -神仙と成った人々-】>>
 さらにこれは神道においても同様で、その蘊奥に達するためには、神道の本質が神仙道――神化の道であることを感得することが必要不可欠です。 #0222【尸解の玄理(1) -神化の道-】>>
 
 
 
清風道人
カテゴリ:『異境備忘録』の研究
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00334 2015.1.14
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
「古鷲に乗りて杉山、大山二僧正の先に立ちて行く時、風なくして息の出来難き空に至る時は、鷲の翼の両脇より風吹き来るなり。これには術ある事にて、それはある年三月三日の朝、杉山僧正の古鏡を八面榊の枝に掛けて伊邪那岐尊、伊邪那美尊を祭りてありける時に、酒豆腐の饗応(きょうおう)にあひたる時、「明日は月界に伴ひ行くなり。その行く時の法は秘してありしが、人
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00329 2014.12.15
『異境備忘録』の研究(14) -肉転仙の幽助-
「明治九年三月五日、川丹(せんたん)先生、清定君(せいじょうくん)の御使に来る。この時、余(よ)問ふに、「友人に仙道を請慕する者あり、神界へ伴ひ給ふ事は如何(いか)に候や」、答に、「神の許容又御召しの外(ほか)、この川丹等濫りに伴ひ参る事叶はず。今日神界を窺ふとも、明日又その界を見んと思へども許容なき時は見る事能(あた)はず。清浄利仙君、杉山清
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00322 2014.11.2
『異境備忘録』の研究(7) -宇内の大評定-
「川丹先生に問ふ、「人の死して後、魂は何処に参り候や」、答、「魂に通りありて日界に至るもあり、罪により月界に至るあり、又、地球上の冥府に属するもあり。然(しか)れども千里の外に遊歴せし魂も、招呼する時は忽然と玉の飛ぶよりも早く来るなり。又、月界に属する魂は地球と両界の境に空気の漂ふ所あり、ここにて他の魂を待ち合せ、七、八つに至りて集合して一つに
カテゴリ:『異境備忘録』の研究 続きを読む>>
 
#00222 2013.3.16
尸解の玄理(1) -神化の道-
 前節の『神道宇宙観略説』において、人の帰幽後について美甘政和(みかもまさとも)先生による解説がありましたが、これは甚(はなは)だ略説のため、尸解(しか)の玄理と合わせてさらに詳しく考究してみたいと思います。  #0219【神道宇宙観略説(10) -物質万能から神霊万能へ-】>> #0220【神道宇宙観略説(11) -陰教と陽教
カテゴリ:尸解の玄理 続きを読む>>
 
#00210 2013.1.5
神道宇宙観略説(1) -宇宙の大精神-
 この「神道宇宙観略説」は、中山神社宮司・美甘政和(みかもまさとも)先生が大正5年に脱稿された著述です。美甘先生は、明治~大正時代における神道界の重鎮・宮地厳夫先生とも親しく交流をもたれた国学者でした。(編集及び現代語訳:清風道人)

 方今、世で行われているところの宇宙観の各説は、いずれも今日の天体を観察したもので、形而下物質上の可知的宇宙
カテゴリ:神道宇宙観略説 続きを読む>>
 
#00161 2012.3.19
『仙境異聞』の研究(26) -原始仏教の本質-
『仙境異聞』( #0136【『仙境異聞』の研究(1) -概略-】>> )より(現代語訳:清風道人)

平田先生 :ある人が寅吉に次のように尋ねた。
「神は尊く仏は卑しいという理由は何か。」

寅吉 「神は尊く仏は卑しいものであるということは、人に尋ねなくても、それぞれが心の中で考えてみればわかりそうなことです。この世の有様をつらつら
カテゴリ:『仙境異聞』の研究 続きを読む>>
 
#00119 2011.8.4
万国を開闢せし皇国の神々
 このあたりのこと #0114【少名彦那神の出現】>> ~ #0118【大国主神の幸魂奇魂】>> について補足する意味で、再度平田篤胤先生の論を掲載しておきたいと思います。

 少名彦那神が始め伊佐々(いささ)の小浜に依(よ)り来ませることは、皇産霊大神(みむすびのおおかみ)の御手俣より漏(くき)落ちまして外国(そと
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 
#0055 2010.9.18
神々の分体と合体
「殺さえましゝ迦具土神(かぐつちのかみ)の頭(かしら)に成りませる神の名(みな)は、正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ)。次に胸に成りませる神の名は、淤膆山津見神(おどやまつみのかみ)。次に腹に成りませる神の名は、奥山津見神(おくやまつみのかみ)。次に陰(ほと)に成りませる神の名は、闇山津見神(くらやまつみのかみ)。次に左の手に成りませる神の名
カテゴリ:日本の神伝 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎(NEW!)消費増税に伴う購読料変更のお知らせ
  

◎会員様へのご案内メールについて
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
『異境備忘録』の研究(1) -概略-
『古事記序文』解説(1)
尸解の玄理(1) -神化の道-
『幽界物語』の研究(1) -概略-
『異境備忘録』の研究(9) -長生不死の道-
『異境備忘録』の研究(19) -宇宙間飛行-
『異境備忘録』の研究(48) -生兵法は大怪我のもと-
『異境備忘録』の研究(26) -神仙感応経-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
 
 以前の記事
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY