HOME > 天地組織之原理(51) -黄泉国-
 
 
#00810 2022.12.5
天地組織之原理(51) -黄泉国-
 
 
「故(かれ)、斬りたまへる刀(みはかし)の名(みな)は天之尾羽張(あめのおはばり)と謂(まお)す。亦の名は伊都(いつ)之尾羽張と謂す。」

 この御剣は申すまでも無く伊邪那岐命の御物にして、造化奇成の神術にて成りしものなれば、その剣徳の霊妙なるは云ふまでも無きことにて、この御剣の霊(みたま)は高天原に坐して天之尾羽張神と申し、八百万神もその神威の畏(かしこ)きを恐れ給ふ程の霊剣にて、「尾羽張」と云ふは本居先哲の説には御刀の形より云へるにて、「尾」は「鉾」のことにて、その鉾の張り広がりたるよりの名と論じられ、平田先哲は「尾」は「雄」にて雄々しき意、「羽」は「刃」の意なるべしとあり、何れか可ならん。余(よ)は別に考ふる所無し、只その御刀の畏きを云ふのみ。先哲の説を合せて講究あるべし。 #0539【神剣の記(2) -神器の威霊の発動-】>>

「こゝにその妹(いも)伊邪那美命を相(あい)見まく欲(おもほ)して黄泉国(よもつくに)に追ひて往(ゆ)きましき。」

 さてこゝに挙げたる明文はよく聞こえたる通りのことにて、伊邪那岐命は伊邪那美命の地下の幽府・黄泉国に神避(かむさ)り給ひしを、御嘆きのあまり火神を斬り給ひし後、尚も恋慕ひ給ひて終に地下の幽府・黄泉国に御跡を追ひ往き給ひしと云ふ伝へなり。
 これ以下黄泉国に入り給ひし後の伝をも明文を挙げて多少の語解を加へ、その意を講ずるに至ればこの黄泉の一伝にても小冊子一巻のよく盡すべきに非ず。特に黄泉の伝は地下の幽府の伝にて決して窺ひ得難きが故に、本居・平田両先哲も只謹んで本伝明文の儘これを解し置かれたるに過ぎざる程のものなれば、到底人智の解し得べき限りに非ざれども、相共に講究の為その考への及ぶ限りは講究すべきものなれば多少の意見を加へんとするも、明文を挙げて委しく講述するは紙数限りある筆記のよく盡すべき限りに非ざれば、一応本文の明文に就て各自に質問あればその質疑に随ひ余が一家の意見を申し述ぶべし。
 故に本語の語解などは先哲の『古事記伝』『古史伝』両伝に譲り別にこれを加へず。単に『古事記』の明文に随ひ講究の参考ともなるべき御質問あらんことを俟つ。故にまずこゝに黄泉の段(くだり)の明文を朗読すべし。

「こゝに殿の滕戸(さしと)より出で向へし時、伊邪那岐命語りて詔(の)りたまはく、愛しき我(あ)が汝妹(なにも)の命(みこと)、吾(あれ)と汝(いまし)と作りし国、未だ作り竟(お)へず。故(かれ)、還(かえ)るべしと詔りたまひき。こゝに伊邪那美命答白(まお)さく、悔(くや)しきかも、速(と)く来まさずて。吾は黄泉戸喫(よもつへぐい)しつ。然れども愛しき我がなせの命、入り来ませること恐(かしこ)し。故、還らむと欲(おも)ふを、しまらく黄泉神(よもつかみ)と相論(あげつら)はむ。我(あ)をな見給ひそと白しき。
 かく白してその殿の内に還り入りませる間(ほど)、甚(いと)久しくて待ちかねたまひき。故、左の御美豆良(みみづら)に刺せる湯津々間櫛(ゆつゝまくし)の男柱一箇(おはしらひとつ)取りかきて、一つ火燭(とも)して入り見たまひし時、うじたかれころゝきて、頭(みかしら)には大雷(おおいかづち)居(お)り、胸(みむね)には火雷(ほのいかづち)居り、腹(みはら)には黒雷(くろいかづち)居り、陰(みほと)には析雷(さくいかづち)居り、左の手(みて)には若雷(わかいかづち)居り、右の手には土雷(つちいかづち)居り、左の足(みあし)には鳴雷(なるいかづち)居り、右の足には伏雷(ふすいかづち)居り、併(あわ)せて八(やくさ)の雷神(いかづちのかみ)成り居りき。
 こゝに伊邪那岐命畏(かしこ)みて逃げ還ります時、その妹伊邪那美命、吾に辱(はじ)見せつと言ひて、即ち泉津醜女(よもつしこめ)を遣はして追はしめたまひき。こゝに伊邪那岐命、黒御縵(くろみかづら)を取りて投げ棄(う)てたまひき、乃(すなわ)ち蒲子(えびかづらのみこ)生(な)りき。これを摭(ひり)ひ食(は)む間に逃げ行(いで)ましき。猶追ひければ亦その右の御美豆良(みみづら)に刺せる湯津々間櫛(ゆつつまぐし)を引きかけて投げ棄てたまひき、乃ち笋(たかむな)生りき。これを抜き食む間に逃げ行ましき。且(また)後にはその八(やくさ)の雷神(いかづちのかみ)に千五百(ちいほ)の黄泉軍(よもついくさ)を副へて追はしめたまひき。
 こゝに佩(は)かせる十拳剣(とつかのつるぎ)を抜きて、後手(しりへて)に布(ふ)きつゝ逃げ来ませる。猶追ひて黄泉比良坂(よもつひらさか)の坂本に至りし時に、その坂本なる桃子(もものみ)三箇(みつ)を取りて待ち撃ちたまひしかば悉(ことごと)に逃げ返りき。こゝに伊邪那岐命桃子に告(の)たまはく、汝吾を助けしが如く、葦原中国(あしはらのなかつくに)に所有(あらゆる)うつしき青人草の、苦しき瀬に落ちて患惚(くるし)む時に助けてよと告りたまひて、意富加牟豆美命(おほかむづみのみこと)といふ名(みな)をたまひき。」

 こゝに挙げたる『古事記』本文の表は別に語解を加へとも一通りはよく聞こえたることなれば、語解の外(ほか)講究の目的とすべき所を御質問ありたし。
 
 
 
清風道人
カテゴリ:天地組織之原理
 

←前へ

|

次へ→

 

最初の記事からのリスト
 
 ▼関連記事一覧
#00539 2018.6.13
神剣之記(2) -神器の威霊の発動-
 敬みて水位先師の神剣考証の御手記を拝するに、「伊邪那岐大神の帯びさせ給いし厳(いつ)ノ尾羽張(おはばり)ノ剣こそはこの天沼矛その物なるべし」と言及せられているのであります。 #0538【神剣之記(1) -地界修理固成の大神業-】>>
 この天剣を沼矛と称えし所以(ゆえん)は、「矛てふ物は兵器なれど、この時は人草も無ければ矛の用ある事
カテゴリ:神剣之記 続きを読む>>
 


 
 
 
 (google
     新規会員登録
 
カードでのお申し込み
銀行振込でのお申し込み
 
◎特定商取引に基づく表記
◎プライバシーポリシー
SSLページは通信が暗号化され
プライバシーが守られています。

携帯サイトはこちらから
 お知らせ
 
◎『日本古学アカデミー全集 第二巻』が出版されました。
  

◎日本古学アカデミーが書籍になりました。『日本古学アカデミー全集 第一巻』
  

◎クレジット決済の会員様の退会手続き方法について
  

◎携帯サイトURLはこちら
  

◎Q&Aについて
  

◎今後の掲載予定
  

  Q&A(会員様のみ)
 
質問をする(会員様のみ)
今までの質問へのお答え
◎「福寿光無量」について(二)
◎「福寿光無量」について
◎産土神社について
◎五節句の清祓修法
◎祝詞の発音
◎神道と修験道の違い
◎四魂のバランス
◎神様からのメッセージ
◎肉親の仲
◎魂魄清明
◎マインドフルネスについて
◎同性婚について
◎大祓詞について
◎滝行について
◎産土神について
◎日本古学を深く学ぶために
◎宮中で女性がお仕えするわけ他
◎天孫降臨の地
◎「道を得る」を登山に例えると
◎「縁」は「産霊の徳」によって編まれる
◎宮地神仙道について
◎日本の国体を護持される高僧
◎社会人としてのマナーを守りましょう
◎「悟り」を日本古学的に考えると
◎それぞれの「道」
◎神仙の道を修するということ
◎真偽の見分け方
◎「仙童」寅吉が念仏仏教を嫌った訳
◎道を得る法
◎少名彦那神が常世国へ渡られた理由
◎ヤマタノオロチと熊野
◎先祖供養について
◎イエス・キリストのこと
◎己の器の大きさを知る
◎魂で感じる
◎ダークエネルギーとダークマター
◎宇宙の意思
◎幽界と顕世は表裏一体
◎神仙得道の法
◎輪廻転生
◎仏縁
◎神火清明 神水清明
◎鏡について(2)
◎鏡について
◎洗米の処理
◎霊症から身を守る方法
◎罪穢れの解除
◎霊性向上とは?
◎大物主神(2)
◎大物主神
◎妖怪とは?
◎天皇を祀る
◎神=エネルギー?
◎はらいきよめ
◎人はなぜ生まれ変わるのか?
◎たましひの響き
◎動物について
◎生命が宿る瞬間
◎オーラ
◎「気」について
◎女性と黄泉国
◎アトランティス文明について
◎太陽と月と地球の関係
◎「心と体のリセット」について
 
 閲覧回数トップ10
悠久不死の玄道(1) -人生の疑問-
水位先生と神通(1) -英雄万古の悲哀-
祈りの真道(1) -人の生涯は祈りの連続-
求道の本義(1) -人生は大移住旅行の一過程-
宮地神仙道修真秘訣(1) -神識と魂魄-
天地組織之原理(1) -序文-
扶桑皇典(1) -人智の狭隘-
扶桑皇典(3) -天地開闢・上-
君子不死之国考(1) -概略-
君子不死之国考(6) -孔子が憧憬した君子之国-

 
  カテゴリ
玄学の基本
日本の神伝
世界太古伝実話
『仙境異聞』の研究
神仙の存在について
神道講話
清明伝
神道宇宙観略説
尸解の玄理
『幽界物語』の研究
怪異実話
『異境備忘録』の研究
『本朝神仙記伝』の研究
無病長生法
扶桑皇典
君子不死之国考
神剣之記
日本は神仙往来の要路
東王父・西王母伝
混沌五岳真形図説
生類の霊異
空飛ぶ人々
霊魂と肉体
神人感合説
水位先生の門流
祈りの真道
霊魂の研究
悠久不死の玄道
宮地神仙道要義
水位先生と神通
宮地神仙道修真秘訣
仙去の玄法
神通の玄理
求道の本義
真誥
奇蹟の書
天地組織之原理
 
 以前の記事
2023/1
2022/12
2022/11
2022/10
2022/9
2022/8
2022/7
2022/6
2022/5
2022/4
2022/3
2022/2
2022/02
2022/1
2021/12
2021/11
2021/10
2021/9
2021/8
2021/7
2021/6
2021/5
2021/4
2021/3
2021/2
2021/1
2020/12
2020/11
2020/10
2020/9
2020/8
2020/7
2020/6
2020/5
2020/4
2020/3
2020/2
2020/1
2019/12
2019/11
2019/10
2019/9
2019/8
2019/7
2019/6
2019/5
2019/4
2019/3
2019/2
2019/1
2018/12
2018/11
2018/10
2018/9
2018/8
2018/7
2018/6
2018/5
2018/4
2018/04
2018/3
2018/2
2018/1
2017/12
2017/11
2017/10
2017/9
2017/8
2017/7
2017/6
2017/5
2017/4
2017/3
2017/2
2017/1
2016/12
2016/11
2016/10
2016/9
2016/8
2016/7
2016/6
2016/5
2016/4
2016/3
2016/2
2016/1
2015/12
2015/11
2015/10
2015/9
2015/8
2015/7
2015/06
2015/5
2015/4
2015/3
2015/2
2015/1
2014/12
2014/11
2014/10
2014/9
2014/8
2014/7
2014/6
2014/5
2014/4
2014/3
2014/2
2014/1
2013/12
2013/11
2013/10
2013/9
2013/8
2013/7
2013/6
2013/5
2013/4
2013/3
2013/2
2013/1
2012/12
2012/11
2012/10
2012/9
2012/8
2012/7
2012/6
2012/5
2012/4
2012/3
2012/2
2012/1
2011/12
2011/11
2011/10
2011/9
2011/8
2011/7
2011/6
2011/5
2011/4
2011/3
2011/2
2011/1
2010/12
2010/11
2010/10
2010/9
2010/8
2010/7
2010/6
2010/5
2010/4
2010/3
2010/2
2010/1
2009/12
 
 
 
サイトご利用にあたって プライバシーポリシー 会員規約 お問い合せ
Copyright(C) NIHONKOGAKUACADEMY