須佐之男命もヤマタノオロチも共にその祖は、後天的には伊邪那岐神、さらに遡って先天的には天之御中主神。神道は単なる「多神教」ではなく、「多神即一神」であり、「一神即多神」といえるでしょう。